スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見分ける賢さ

平安の祈りにはこう書かれています。

神さま、私にお与え下さい。
自分に変えられないものを受け入れる落ち着きを
変えられるものは変えてゆく勇気を
そして二つのものを見分ける賢さを
私の意思ではなく、あなたの意志がかなえられますように。(12&12 P57)

一番最初に与えてくださいとお願いしているので、それ以降は自分がもっていないものが書かれています。
例えば自分が既にバナナを手に持っているのに、どうか私にバナナを与えてください、とは祈らないでしょう?
ですので、
①自分に変えられないものを受け入れる落ち着き
②変えられるものは変えていく勇気
③二つのもの(①と②です)を見分ける賢さ
は自分にはないものです。

平安の祈りの文言を読めばそのように書かれています。
そして「感情的に動揺したり、決断に迷ったときには、ひと息いれて気持ちを落ち着かせ、ただ静かに唱える。」(12&12 P57)

これは棚卸しに入る前の心の準備です。
私たちのすべての問題が、意志の力の誤用であった。
意志の力の誤用とは、人に頼らないでも能力さえあれば自分の問題は自分で解決できるという考えのことです。
それで今まで失敗をしてきた事を自分で一度は納得したはずです。
その納得した気持が、人の事はさておいて自分の側にあった問題だけを調べてみよう、棚卸しをしよう、というやる気を起こしてくれます。

ですので棚卸しをする気持ちになるには一歩引いた、少し間をおいた呼吸、とでも言えばいいでしょうか、正直さと冷静さが必要です。
ですので前出の通り、感情的に動揺したり決断に迷ったときには、ひと息いれて気持を落ち着かせ、ただ静かに平安の祈りを唱える。

ああそうだった、自分には落ち着きも勇気も見分ける賢さもなにもなかった、どうかお導きください、という謙虚さを自分に思い出させてくれます。

自分が今向き合っている問題は人により様々でしょうが、賭けていない時にこそ私たちの病気の症状は現れるものであり、その病気の症状は人に頼らないでも能力さえあれば自分の問題は自分で解決できるという考えそのものです。
その解決のためのステップという道具です。
一度やれば大丈夫、であればそれほど楽な事はありませんが、私たちは大事な事もそうでない事も関係なく時間の経過と共にもれなく忘却してしまいます。
ステップもその対象です。
忘れてしまう事を忘れないように、です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。