スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえず規格には合いましたよ、って事なんでしょう。

昨年11月に受けた試験は昨日合格発表があり、予想通り合格していました。その合否通知が本日届いていました。
300点満点で218点。(180点以上で合格です。)記述の点数はほぼ予備校の採点通りでした。
択一が易しかったので記述の採点が厳しくなるかも、という話もありましたが自分の点数を見る限りそうではなかったように思います。

自分的には法令科目で8割とりたかったのですが、7割8分しかとれなかった。
これだと夏の試験は厳しいなぁ。。。
はぁ、厳しい。

次の試験の事はさておいて、行書については簡単ではないけれど、間違った勉強をしなければ多分誰でも受かる試験だと思う。
自分的には行書の本分は正確な書類を作成することだと思っています。

その趣旨から考えると試験で合格者に要求している規格は大分低いと思う。
民法にせよ会社法にせよ、もう少し出題数や設問内容を考えた方が良いと思う。
現状の試験合格すればそれで業務として定款作成できる、書類作成ができる、相談業務できます、なんていうのはどうなんかな。
研修で補うとかいうよりも、それ以前にもう少し深く勉強しないといけないと思うよ。

書類の作成に近現代史とかの一般知識は不要。趣旨を把握させるのであれば司法書士試験の推論問題のようなもので十分じゃないのか?
権利義務に関する書類を作成できる、という業務はとても守備範囲が広い。だから業務が広がっていく可能性がとても見込めるし、それと同時に多様な可能性に対応できるようにしっかりとした法的基礎知識を身につけなければいけないはずなのに、何かピントはずれのような気がしてならない試験だな、と。
求める業務に見合った規格を定めないと成長は望めないでしょ?、と。んなことを思いました。

ところで某社の2次試験の方も何を間違ったか合格してしまいましたので、この春から会社員になることになりました。
もう会社員になる事は無いと思っていたのですが、ありがたいご縁ですので精一杯働かせていただきます。
専門職の募集でしたので今勉強している事と今保有している国家資格がそのまま役に立ちます。

やっぱり国家資格は持ってて邪魔にはなりません。
特に宅建、もっててよかったです。
一番最初に何気なくとった資格でしたけれど随分こいつには助けてもらいました。
未来への展望を持っていて、そのために資格が必要なのだとしたら迷わずチャレンジしてください。
今年の行政書士の合格者、最年少は17歳2名、最高齢は73歳で4名もいたそうです。
問われるのはやる気のみです。そしてやる気を持続させるものはそれを必要とする理由を理解している事です。
継続する行動には理解が不可欠で、これは前回の記事で書いたとおりです。

社会からドロップアウトして5年が経ちました。
5年経ってようやく目どころがたってきましたが、今振り返ってみればもったいない時間でした。
職も家族も家も無い状態からのリスタートは、誰にもお勧めできません。
様々なものを失う事は底つきではありません。
底つきとは病気の本質、即ち肉体的渇望と精神的欲求の二つが病気の正体である事を理解する事をいいます。
それを理解するのに職も家族も家も失う必要は全くありません。
それこそピントのずれた話です。

病気の正体を人に伝え、それをその人が理解すればそれが底上げという事です。
それは可能であることが12&12には書かれています。
「ところが驚くべきことに、それから数年で、事情がすっかり変わった。
まだ元気で、家族もいて、仕事も失わず、そのうえガレージには車が二台もある、といったアルコホーリクたちも、自分のアルコホリズムを認めはじめた。
この傾向が広がって、まだほとんど潜在的アルコホーリクと言ってもよいような若い人たちも加わった。
この人たちは、私たちが通った、文字通り地獄の十年ないし十五年を経験しないですむようになった。」P32

特に私のようなじぇっとこーすた人間はこれを伝えられるようにしないと、です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

(・o・)ノ

おめでとうございます!

⊂(゚∀゚ )♪

> ありがとうございます。

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。