「三度考え直してのち言え。」

「言葉に出す前に考え、行為に移す前に考え、考えるたびごとに善であるなら言ったり行ったりすべきであるというのである。(中略)
自分で、思う事も、言う事も、自分でも気がつかないところで、悪い事もあるものだから、まず仏道にかなっているかどうかを反省し、また自他のために利益があるかどうかを、よくよく反省して後に、善であるようなら行ないもし、言いもすべきである。
仏道の修行者がもしこの気持を守るならば、一生仏の心にそむかないであろう。」
(正法眼蔵隋聞記 5-8の1より抜粋 道元 訳:水野弥穂子 ちくま学芸文庫)

「どのような問題であれ、私たちに必要なのは、自制心、正直な分析、自分の誤りを積極的に認める気持ち、同時にほかの人の誤りも積極的にゆるす気持ちだと言える。(中略)
私たちの第一の目的は自制心をつちかうことである。このことを何よりも最優先させる必要がある。」
(12&12 P119)

口とペンの抑制ほど大切な事はない、と道元もビルも言っているのであります。
私がアメーバでブログを書き出した頃は、書きたい事を今と同じく書いていたのにプラスして、それはもう正直に喜怒哀楽を他人にぶつけていましたから、結構ひどい事をしてしまいました。
それが相手のみならず図らずも自分自身にも多大なダメージを与えてしまったので、それが今の私には枷になっています。
それにプラスしてリアルに繋がりのある方々がここを見てくださっているのでそれもまた抑止力になってくれています。

とは言いながら、実際に会った時には面と向ってガーガー言いたい事を言ってしまっているし、ブログでもあいも変わらず・・・なので何だかな~、なのですが。

ま、一応多少は考えて話したり書いたりしてますよん、という事だけはお伝えして今後私が書くこと話すことの免責を得ておいてっと(笑)

立場はどうあれ、お互い出来る事を精一杯やるしかないです。
やると決めたら一意専心、それだけに集中してやるんです。
それができなければ、所詮何をやってもモノになりません。

ギャンブル止めたいと思ってそれをやるんだと決めたなら、試験を受けてそれに受かりたいと思ったのなら、自然にその事だけを考えてそれを実現するための行動しか取らなくなります。
でもってそれは外から見てれば一発で判るの。

「たとえば、たいせつな宝を盗もうと思ったり、てごわい敵を討とうと思ったり、高貴の美人をわがものにしようと思う気持のある人は、ねてもさめても、事にふれ、時にしたがい、いろいろ事情はかわっても、それぞれにつけてすきをうかがい、心にかける。
この気持が度はずれて痛切な者は、思いをとげないという事はない。
もし、これほどの気持のある人は、知恵のないことも素質の劣っていることも問題ではない。
愚鈍であろうが、悪人であろうが、問題ではない。
必ず道を悟ることができるはずである。」
(正法眼蔵随聞記 3-11より抜粋 道元 訳:水野弥穂子 ちくま学芸文庫)

あなたが、私たちの持っているものを欲しいと思い、それを手に入れるためなら何でもするという気持ちになったのなら、あなたはもうステップを踏む準備ができたのだ。
(BB P84)

つまりもう必死なの。
そうしなければいけないから、そうする必要があるから、何を差し置いてもそれだけするの。
他の事やってる余裕なんてない。明日からなんていってる時間ない。
今から出来る事やんなさい。

あんたがやらんで他の誰がやるってんだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク