step11 目標を持つ

忘れないうちに書いておこう。

1から10まで繰り返していくと自然と未来の事を考えるようになります。
前にも書きましたが時間の流れは連綿と続いています。
過去から現在までを扱っているのが1から10なので、そこまでいけば自然にその先の事を考えるようになる訳です。(埋め合わせの予定をたてる&実際の埋め合わせはその時点では未来の予定ですが、もともとの出自は過去の出来事なので過去からの派生事項という事で。)

とりあえず今後自分はなじょしていけばいいのか?
この辺りは、1から10までの実践を続けていけば自ずと示されていくものと思ってます。
後はその道をどんどん進んでいけばそれでよろしい。
人によって神との関わり方は変わってくるのでしょうが、私の場合、前にも書いたように見守りを一方的にお願いしているので、今日はあなたの意に沿わなかった事をしてはいなかったでしょうか?ってな感じで軽く黙想して終了。後は1週間の目標をざっくり立ててそれにそって行動しています。
私の場合、ケツの切られた目標があるのでその辺はとても楽です。

過去の清算をしつつ、この辺でやっとこ前を向いていけるようになる。
日曜の試験の時もそうだったけれど、苦しい時に自分を支えてくれるものは家族・仲間・神様の支えをもらって自分が毎日少しずつ積み上げてきた行動の積み重ねです。
バックボーンがあるとないではぜんぜんちゃいまっせ。

で、12で1から11までの自分の物語を話せばよい。
それが私らが伝えるメッセージです。

ところで私はブログの名前はころころ変えてきました。
今のタイトルはもう変える気がないので私が死ぬかブログサービスが消えてなくなるまでこの名称のままでいきます。
今の自分にとっては「一生中休みのままなんだからそれを忘れるな」という意味にとっています。

1ヶ月に1回でもステップの記事を書いているのは自分の為です。
自己流の解釈なのでかなり恥ずかしいしピントずれや論理矛盾が出まくりなのですが、それでも伝えたいと思っています。
なるべくステップの主旨が判りやすいように、という事を第一にして。

共通の解決法を見つけて実践していった仲間たちの間に存在させてもらってこそ、私のアブスティナンスが伸びていってくれる、私はそう信じています。
でもって、その願いはかなり切実です。
利己的な願いですが、自分一人助けられずに人の手助けなんてできるわけないのです。

そのためにステップは伝えたい、話したい、理解してもらいたい、実践してもらいたい。
お願い四重奏ですが、だってみんなやんないんだもん。
やんないと多分GAの存在が危うくなるよ。
ギャンブルの問題で困っている人たちは病院主催のミーティングとか施設でミーティングすればそれでおkと多分なるよ。
だってやってることになーーーんにも違いが無いんだもん。

GAって何やるところ?
ハンドブック1ページに書いてあるところ読んだ?
「彼らは話し合い、スリップを防ぐためには、自分たちの性格(考え方)を変えていく必要があるという結論に達した。そのために、彼らはあるスピリチュアル(霊的)な原理を道案内として使うことにした。それは何万人もの人々がすでにほかの強迫的な嗜癖から回復することができたという原理である。」

9ページにはこう書いてあるよ?
「自分の性格を少しずつ変えていくことによって、やめることができる。これはGAの回復のためのプログラムと一致のためのプログラムにおける基本的な考え方を信頼し、従うことによってなしとげることができるのである。この信頼と理解を得るための近道というものはない。きわめて不可解で知らぬ間に進行する強迫的嗜癖から回復するためには、不断の努力が要求される。正直さ、心をひらく、やる気、これらが私たちの回復のキーワードである。」

12番目のステップってプログラム使って自分はこうなったよ、今はこうやって生きてるよ、っていうのを伝えるもの。
そのメッセージを伝える事がGAメンバーの大切な使命であって、それが結果として自他を助ける事になるんだと。

新しい人が来た時にギャンブル依存症ってどうやって治すんですか?、って聞かれたら。
「完治はしないけど、回復はできるよ。」という判で押したような答えをしたとする。

完治はどうしてないの?
言い切れるその根拠どこから来るの?
回復って一体なに?
何を持って回復なの?
糖尿病とかと一緒で一生背負って共存していくっていうけど、それどういうこと?

完治しないとか回復とか言う前に、どうすればギャンブル止められるの?

とかなーり真剣でイジワルなビギナーが来た時、どう答える?
自分の言葉として、自分の体験として、相手に説明できる?

「ミーティングに答えはある。ミーティングに来続けるように。」とある方はいったらしい。
「ここには答えが無いからもう来ない。」と言った相手からある時言われ返されたらしい。

そう相手に言われた時にそれ以上何も伝える事ができなかったそうです。
その時に、ああ。。。ステップやろうかな、と思い始めたというような事を聞いたことがあります。

なので?、自分の回復を伝えようよ、こうやって俺よくなってきたんだよ、という事を自分の言葉として体験として方法として伝えられるように、ステップいいよー、やろー、一緒にやろーという事で書いてます。

それに同じ話ができる仲間増えた方がおれ、楽しいし。
プログラム実践してる仲間達と話してると、俺とっても楽しいのー。
みんな性格破綻してるけれど、それでも穏やかで謙虚なところがあって、それがとても魅力的。
自分も一緒に居ると力もらえるし、うぉおおおー、もっと頑張ろうって思えるもん。
だから楽しい時間を私はもっともっと増やしたい。

つーことで理解が不十分ながらそれでも書かないよりははるかにマシと思って記事書いてるわけ。

なんでギャンブル止めるのに性格を変える必要があるとGAのハンドブックに書いてあるのか。
これ、無力の確信核心部分なんだけど、完治が無いけど回復はあるにつながるんだけど。
自分の理解で自分の言葉で自分の経験で、相手に説明できる???

今あなたの頭の中にある事があなたが誰かに伝えられるステップ1だよ。

「自分がまだ手にしていないものを人に手渡すことができないのははっきりしている。BB P240」のであります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

とっても感動しました。

今の私の全てを現していると思いました。

心に響く言葉をありがとうございます。

私もGAに繋がり、もうすぐ初めてのバースデーを迎えます。

よはんさんが声をかけてくれたのが、全てのスタートでした。

感謝しています。

これからも共に、先行く仲間として希望を与えてください。

まもなくバースデーですか

ないちゅさんへ

少し早いかもしれませんがよかったですね^^ おめでとうございます。
お互いに今日一日のアブスティナンスを大事にしていきましょう。

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク