スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

step9 すこ~~~~しだけ

9月なのでstep9です。
「その人たちやほかの人を傷つけない限り、機会あるたびに、その人たちに直接埋め合わせをした。」

ここは再出発の為のセレモニーそのものです。
再出発と書いていますが、埋め合わせをする人と自分にとっては文字通りに再出発、自分自身の賭けない生き方にとってはここは新たな出発をするところとなります。

「自分の性格を少しずつ変えていくことによって、ギャンブルをやめることができる。
これはGAの回復のためのプログラム(12のステップ)と一致のためのプログラム(12の伝統)における基本的な考え方を信頼し、従うことによりなしとげることができるのである。」ハンドブックP9

という事でこのstepは、4・5で明らかになった自分の性格上の欠点で傷つけてしまった人たちに対し埋め合わせをします。
前準備は今まで書いてきた通りで6・7・8でしておきます。
埋め合わせは自分自身のためにやります。相手のためではないです。

そして話す事は自分の欠点についてですが、個別・具体的に伝えます。
例えばですけど・・・

Ex.今まで一緒に頑張って働いてきた同僚がいました。入社はこちらがかなり先、向こうが後。私は彼と同じように頑張っていたつもりでしたが、いつしか彼は私を追い越し、私より実質的に上の立場になりました。
私は彼を妬みました。上司は私より彼を可愛がりました。なんだよ、ただ受けがいいだけじゃないかよ、取引先のほうは全部自分が開拓したところを後から引き継いでいるだけじゃないか。仕事をこなしてる量が違うのだったらまだ判るが、仕事は同じだけやってるし俺は頑張ってる。なんで上司一人の個人的な受けだけでこんなに待遇に差があるんだと、そう思っていました。
そうは言っても彼も頑張っているのは近くにいた自分もよく判っていましたが、自分より重宝されているのは悔しかったし、羨ましかった。
だからたまに言ってやった。お前が入社する前に俺頑張ってたんだ、だから今こんなに仕事があるんだと、お前みたいに仕事いっぱいもらえる状態だったら俺もっと成長してたよ、とねちねち言った。

で、仮にこういう気持ちを彼に抱いていた私が彼を困らせようとして何かやったとします。
例えば、以前彼が接客をしていたお客様で電話番号を教えてくれなかった人がいました。(私が以前働いていた業界は本気で考えている人ほど連絡先を教えてくれない傾向が強かったのです。)
そんな時、私はそのお客様から今度の土日に時間はまだわからないけれど行くからね、という連絡があったというウソをつきました。
その業界では土日は一番の稼ぎ時で、そこで営業機会がないと一週間何もやることがなくなる、というくらい営業成績をあげる上で比重が高い日です。
だからその日に彼が営業できないようにしむけました。
再来場の予約があった場合はそれが彼にとって最優先事項になりますので、新規の営業は彼以外の社員が対応します。
という事で彼は土日に一回も接客できず、待っていたお客様も結局こない、という結果になりました。
すべて、私の思惑通りに物事が進みました。

というような事を私が棚卸し表に書いたとします。
で、これをスポンサーと一緒にstep5で自分の欠点としてとらえ、6・7でにらめっこして祈って、彼の名前が傷つけた人のリストに上がりました。
で、彼に連絡をして私と会ってくれる事になりました。
さて、この時に私が彼に話すべき内容は次のうちどれ?(笑)

①「・・・え、えっとぉ・・・、今まで色々迷惑かけてごめん・・・、悪かった。」
②「来るはずが無いお客様が来るといったウソをついた事がある。無意味な土日を送らせて君の営業を邪魔するつもりだった。ごめん。」
③「私より出世した君の事を羨ましくも妬ましく思っていた。だから何かある度に先輩面したり、君の邪魔をしてやろうと思った。このウソも君の事を妬ましく思っていたことからついてしまった。ごめん。」

ふぅ。
(ちなみにこの例題は全て創作ですので悪しからず^^。こういう友人は私には存在しません。適当に何人か引っ付きあわせて作り上げた架空の人物です。)

(step8で③の埋め合わせを実行したら彼や彼以外の人を傷つける恐れはないかどうかを事前にスポンサーに相談し、Goをもらっているのであれば)①から③の選択肢の中では③が埋め合わせの本旨に沿っています。
彼を傷つけた原因が私の「妬み」であることは設定から明らかです。
その妬みが下地になってウソをついていますので、この場合のウソは妬みの副産物に過ぎないことがわかります。
ですのでこの場合は「妬んでいた事」をまず伝え、その妬みから「ウソをついてしまった事」を告白し、謝罪します。

棚卸し表には彼の出来事での自分の欠点の本質は「利己的」にしるしがついていました。
J・マキューさんの方式では棚卸し表では自己の欠点の本質を4種類に分類します。
「利己的」、「不正直」、「身勝手・恐れ」、「配慮の欠如」の4つです。
これのうちのどれか一つまたは複数が原因となって、私をギャンブルへと進ませてしまっていた訳です。

私はキングオブじこちゅーの称号をもらえるくらいじこちゅー(利己的)にしるしがついていましたので、この自己中性格を変えるために自己中で傷つけた人に対し、自己中であった事を謝罪します。
妬みとか、プライドとか、自分の事だけ考えてとか、相手に話す時は「自己中」というよりも可能な限り判りやすい言葉に変えて具体化して伝えます。具体化した事で相手を新たに傷つけることにならないかどうかについてはやり始めの頃は客観的な視点と分析はまだ得ることができないので、スポンサーに必ず相談してください。

聞いてる方も具体的なほうが判りやすいですし、何よりも特定できればできるほど、自分の身からその重荷に感じていたものが離れていってくれますので。

ちなみに上の例文では「・・・。ごめん。」と書いていますけどあれは便宜そう書いているだけなので悪しからず。相手もいきなり埋め合わせされてびっくりしてしまうことがありますので、どうして埋め合わせをしたのか、その目的と経緯を伝え、個別に対処しなければいけない問題(例えば金銭の問題がある人には現実的な弁済の方法など)があればそれを行います。
詳しくは自分のスポンサーに尋ねてくださいね。

step9は埋め合わせる相手がいて、実際に自分が埋め合わせをしたのですぐに結果が出ます。
ここを経験した仲間達は(私の知りうる限り・・・ですけどね)、それより前に比べ、少~~~しだけ、優しくなるようです^^


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。