スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

step8 セレモニー準備中

8月なのでステップ8。
「私たちが傷つけたすべての人の表を作り、その人たち全員に進んで埋め合わせをしようとする気持ちになった。」
と書かれていますのでここでやるべき事は2つです。
①傷つけた人の表を作ること。
②埋め合わせをしようとする気持ちになること。

①はstep4で棚卸し表を作った時に半分以上は完成しています。後はその時には思い当たらなかった事を書き足していくか、または最初から書く必要がなかったもの、6・7で消えてしまったものは削除していきます。
あとはその表とにらめっこして埋め合わせをする気持ちになること。埋め合わせをする気持ちになれなければそうなれる事を願って祈ること。これが②で以上で8は終了となって次の9に移ります。

ところで「埋め合わせ」という言葉の捉え方ですけれど、個人的には「謝罪」でwikiに書いてある説明が一番しっくりきています。
「謝罪する事の本態は、詫びた方、または詫びられた方、または双方の再出発(reset)の為のセレモニーである。通常はどちらかであり、問題の解決でない場合が普通である。」※Wikipedia「謝罪」の中の「謝罪の本態」より。

ちなみに本態とは「本当のようす、本来のありさま」という意味です。
「埋め合わせ」と「謝罪」では言葉自体違いますが、ステップで言っている「埋め合わせの趣旨」はここでいう「謝罪する事の本態」とほぼ同義ではないかと私個人は考えます。

埋め合わせの趣旨は、埋め合わせを行う相手に自分を許してもらう事が目的ではありません。
ステップ1からステップ7まで行ってきた過程で浮かび上がってきた、自分の欠点を取り除いてもらうために行うものです。
それを前述の説明文に当てはめれば、埋め合わせとは「埋め合わせを行った方、または埋め合わせを受けた方、またはその双方の再出発の為のセレモニー」という事です。
自分の再出発の為に埋め合わせを行っているのですから、一度埋め合わせを行った以上は埋め合わせの相手がどんな反応を示そうがそれは大きな意味を持ちません。
「もしも相手からとっと帰れと言われたとしても、気にすることはない。私たちは自分の意思を示したのだし、できることはやった。それ以上はいまさらどうにもならないことなのだ。BB p112」

埋め合わせのいいところであり、そして決定的に大事なところは「こちら側から」アクションを起こせる事です。
こちらから再出発の為のセレモニーを開催できるところです。
ギャンブルを止めたい、と願ってここまで来た私たちにとっての埋め合わせは、自分のアブスティナンス(賭けない生き方)を歩みはじめるためのきっかけ・セレモニーです。
ここが新たなスタートとなるところです。

で、そのスタートをきるためのステップ8なわけです。
そのためのステップ1から7までなわけです。
ということでまた自戒次回。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。