スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「秘すれば花なり」≒「引きつける魅力」

今までの経験上、GAに初めて来た人達が置かれている立場や状況は彼らの話と来訪時の状態からある程度パターン分けをする事は可能です。
可能ではありますが、原則自主参加でやっている当事者グループですので強制力がありませんから、結局のところ何ができるという訳でもないのでグループ分けが出来たとしてもあまり意味はないのですが。

こちらに出来る事と言えば、相手に強迫的ギャンブルの事を伝える事と相手の話を聞いてあげる事、以上くらいのものです。
こちらが同じ言葉を発してもそれをどう受け取るかは置かれている状況にも左右されますし、その人の感性や考え方にも影響されます。

ですので、そんな人達に対して自分が今出来る事は何か、と考えて対応してあげて下さい。
半年も当事者グループに通っていれば、新しい人が一回で来なくなるほうが続けて出席することよりも圧倒的に多い事はすぐに理解できます。
私たちがそんな相手にメッセージを伝えられる確実なチャンスは今日しかないです。
明日の保証は誰にもできないですし、こちら側もいつどうなるかはわからないのですから。

とはいってもそれはワンチャンスをモノにする、というギャンブル的な思考ではなくて一期一会の精神で、です。
心のどこかにこの人対しては今何を言っても通じないとか、まだよく現実を理解していないとか、しばらくしたらまた来るであろうとか、もしそう感じたりしたら、そう感じたときほど、後から自分にとって悔いが残らないように自分に出来る限りの事をしよう、とそう思ってください。

「あらゆる情報をはばむ障壁であり、あらゆる論争の反証となり、そして人間を永遠に無知にとどめておく力をもった原理がある。それは調べもしないで頭から軽蔑することである」
神という概念もそうだったのと同じで、目の前に居る見知らぬ人に対しても、私たちは先入観とそれを裏付ける浅薄な自己の経験から、頑なな態度を往々にして取ってしまう事があります。もしビックブックを持っているのであれば、この文章を思い出してください。

ビギナーが来た時の対応はグループによって様々でしょうから、その時に自分が相手に対して出来得る精一杯のおもてなしを行っていきましょう。
思いやりの心を忘れずに、です。

思いやり、とは相手が理解できるように、またはしやすいようにこちら側が話す、記す、という事です。
最近テレビでよく出ている池上彰さん、東進の先生の林さんなんてとてもよい例です。
あの方達の伝え方は職業倫理・プロ意識から来ているものと思いますが、とても分かりやすく説明してくれます。
といっても話している言葉自体は非常にシンプルです。

言葉は少ない方がそれを聞いている相手の負担が少なくて済むから楽です。
池上さんが以前「利息」という言葉を説明しているのを聞いて、なんて分かりやすいのだろうと思いました。
みなさんなら、利息って何?、と聞かれたらどう説明されますか?

池上さんは、「利息」とは「お金を貸してくれた御礼」のようなものと説明していました。
林さんはこちらを。


少ない言葉で分かりやすく説明するためには、自分がその事を理解している必要があります。
そのためには本を読んで勉強する必要があるのです。
ハンドブックもビックブックも12&12も、何度でも読んで調べて考えて、読んで調べて考えて、理解を深めていく事がとても大事です。
持っていないものは手渡せないのですから、持ち物をどんどん増やしていきましょう。

私が強迫的ギャンブルで精神病院に入院した4年前には具体的な治療は病院では施されませんでした。主治医からは俺は何もしないからと宣言され、GAには引き続きいくように指導されました。
このあたりはビックブック当時と現代とであまり大きな差はないように思います。

いまだ治療は当事者グループの存在にそれこそ依存している状態なので、私たちはそのスキルを磨かなければいけないのです。
餅は餅屋に、と昔から言われるように、youtube動画で林先生も同じよう事を言っていたでしょう?
私たちは金こそ受け取れないけれど、強迫的ギャンブルの回復にかけてはプロ中のプロでなくてはなりません。
アマチュアだから、当事者グループというサークルみたいなものだから、勉強もしなくていい、喋りたい事だけしゃべっていればいい、では自分で自分のクビをしめていく事になっていきます。

私たちが賭けない一日を延ばしていくためには新しい仲間達の存在が不可欠です。
だから相手の話を聞く時はそれこそこの人の話をどうか最後まで聞く力を私に与えて下さい、とあなたの大事な何かにお祈りしてもよいくらい。
そしてメッセージを発するチャンスを得たならば、その人が理解できる形で今自分が持っているものを伝える事に集中する事。
その一瞬のためにこっちがやっておくべき事がここまでツラツラ書いてきたことです。

もし・・・「この人達、一体何をすればギャンブルやらないでやっていけてるのだろうか?。何か秘密があるのかしらん?」と相手方が思ってくれれば私たちの寿命が延びようとしている前兆(笑)。
全部その人の前では出し切っているにも関わらず、何かこの人達には秘訣というかコツがあるのではないか?、とそう相手に思わせるものの正体は恐らくは「引き付ける魅力である」という事になるのでしょう。
隠していないのに隠しているように思われてそれが魅力となっている・・・、おー、これもまた秘すれば花じゃん!、と手前勝手な解釈に妙に納得して割とご満悦^^
ここまで長文にお付合いくださりありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。