書き手の想い

このようなブログであれ何かの書籍であれ、書き手が文章を書く時は大なり小なり読み手の事を考えて書いていると思います。
私は・・・基本頭の中に浮かんだ事を垂れ流して書いているだけなのですが、それでもなるべく誤字脱字の無いように、後は出来るだけ文字数が多くならないように、それだけは意識して書いているつもりです。(それでも誤字脱字はあるし無意味な長文も多いですけどね。)

ま、そんな小学生レベルは論外であって、書き手が読み手に一番伝えたい事を簡潔明瞭に記し、併せて文章の内容・構成について綿密に構成されているものが普通に本屋さんで売られている本の中身であったり新聞の記事であったりします。

だからお金を取れるのだという話なのでしょうが、駄文をこうやって何年も書いているとそれがいかに難儀な事であるかを知ると同時に文章を書くためには日々勉強が欠かせないという事にも気付かされます。
日々勉強、日々勉強であります。

さて、今回このような前書きを書いたのも、前回の記事で教科書として紹介したアルコホーリクスアノニマス(通称BB)にももちろん伝えたい事があって、その伝えたい事が一番読み手に伝わるであろう順番で構成されていることに留意して頂きたかったから、です。
GA以外の書籍をご紹介している事について小難しい理由を申し述べれば、私はこの書籍を使用してギャンブルの問題からの回復を図ることが、現状私が居住している地域においても容易に取り組めて合理的かつ汎用性がある方法であり、個々が抱える問題の大小・質の違いはあれど、真剣に取り組めば一定の効果が見込めるものであるからであり、他の書籍で代わり得るものを私が知らないからです。
それがこの書籍をお勧めしている唯一の理由です。

もっとも・・・この本がここまで浸透しているのはそれが理由だと思いますし、それが本の作り手達が心から願っていた事なのであろうと思います。

さて、本には書き手の想いが込められていて、その想いが最も伝わるであろう順番で文章が書かれています。
ですので身の程をわきまえない物言いで恐縮なのですが、目次に書いてある順番通りに本を読みましょう。
伝えたい事ってなんだろな~、と思いながら前書きとか第○版に寄せてとかを読んでいくと、今までスルーしてた文字が急に目に付くようになるかもしれません。

医師の意見は私たちの精神・肉体の両方に問題がある、という問題の本質を記しています。
「問題を知らなければ解決しようがない」ので何よりもまずこの事を知らせています。
だからここを飛ばしてはいけません。
それに医師の意見では、自分達専門医がどうにも治療する事ができなかった患者達が、一人の男の話を聞いてからは感嘆しないではいられない変化を起こしたと書かれています。

だから医師の意見のすぐ後に、ビルの物語が書かれています。
本の読み手はこの時まさに患者の立場になる訳です。ビルが患者達に話したように、読者達にビルの物語が示される。
この本では全編を通じて文章の内容と構成がそのまま流れるように繋がっています。
伝えたい事を最も伝えられる順番で考えて作られています。

ですので、本には読み方というものがあります。
かくいう私も当時入院していた精神病院のNSに置かれていたこの本(ハードカバー版)を読んだ時はビルの物語と仲間の話のところだけを読んで後はほぼ全スルーしていました。
だって他に書いてあるところは読みたくなかったのね。神様云々書いてあったし、俺ギャンブルだからアル中と違って肉体のびょーきなんて関係ないし、ってそう思っていたのです。
仲間の話も何だか腑に落ちないようなところが結構あったので、一度読んでそれっきりでした。

そういう奴がそれからわずかしか経ってないのにこんな事を書いてるんだからおもろいもんです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク