スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よはんのあたまの中身

この記事は最初から私のあたまの中身をさらすつもりで書いたものではありません。
主題は12のステップについてで、どのステップを行っても問題を知ることがテーマから外れる事は無く、問題を知り、そして日々成長していくためにはステップを継続していく事が必須である、という事を書くつもりでした。

このとっつきにくく抽象的な話を具体的に書けないか?と考えて、プラトー現象とエビングハウスの忘却曲線の理論を併用して記事を書く事を考えつきました。
プラトー現象は成長が足踏み状態に入っている、エビングハウスの忘却曲線は人間の記憶は1週間経てば約8割の事を忘れている、乱暴に言えばその二つはそんな感じです。

メンバーの傾向として、
①ミーティングに参加する

②賭けない日々が続く事で自信と喜びを得る

③グループの運営に関わり、役に立っている事で喜びを得る

④脳内の賭けない自分と現実の自分とにギャップを感じる

⑤12ステップに興味を持ち始める

⑥興味を持って1年~2年たって、実際にステップをやり始める

私見ですがそのように見て取れます。


ステップをやり始めると、
①一通り埋め合わせまで終わらせると満足する

②しばらくはステップを日常意識して使いながら過ごす

③すっかり自分の物になったと感じ始める

④時間が経ってステップを疎かにし始める

⑤脳内の賭けない自分と現実の自分とにギャップを感じる

⑥ステップをやっていなかった事に気付き始め、また再開する

こちらもこんな感じ。


上記2パターンの④から⑥までを下記二つのグラフの平行な部分に当てはめて大体の共通項とし、そこから現状打破するには問題に気付いて這い上がらなければならない、と持っていこうと思いました。
エビングハウスの忘却曲線
bokyaku.jpg

プラトー現象
4b4475cf.jpg

ここでブレークスルーという現状打破の意味を持つ言葉を登場させて・・・、と思ったのですが流石にこの辺でちょいと無理があったなぁと思った訳です。

プラトーでいう停滞した現状とは、継続努力しても目に見えた成果が出ずに煮詰まっている状態の事を指し、ブレークスルーとはそこで踏ん張って抜け出す、という趣旨の言葉です。
私が主張したかった問題を知るためには継続必須、というのはこの事でした。

効果が出ないからといって諦めないで、何故効果が出ないのかを考える事、自分のやり方に問題がないのかと棚卸をする事、問題が発見できたら改善していく努力をする事を続けなければいけない。
それらを繰り返していく事で、成長していくためにはステップを継続していくこと、そして継続するという事が実はかなりの難題であることとその難題には終わりが無い事を知り、それがブレークスルーの始まりになる、という事をおこがましいことですが書きたかったのよ。

ステップサボってるのがプラトーというのは外見上は類似しているように見えても全くその内容は異なるものであり、ここで私の当初の目的はダメになってしまいました。
エビングハウスに至っては時間が経てば忘れる事をサボっていることに重ね合わせただけで、それ以上の構成を考えていなかった。
しかし・・・文章の構成をしくじるのは実は書き手が書いている内容を分かっていないからです。
持っているものしか手渡せないというのと同じで、分かっていない事は分からない訳で説明なんてできないのが道理です。

自分自身の思考ルーチン確認という趣旨で何とも恥ずかしい垂れ流し記事として上げさせてもらいました。

最後に、ブレークスルーという言葉でぐぐったら何回か拝見させていただいた内田樹先生の記事に辿りつきました。
ここまでは到底無理ですが、いつかは誰にでも論旨を分かってもらえる文章を書いてみたい。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。