スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステップ5という名前の探偵さん

5月になったのでステップ5です。

ステップ5の文言は
「自分に対し、そしてもう一人の人に対して、自分の過ちの本質をありのままに認めた。」です。
※AAは「神に対し、自分に対し、そしてもう一人の人に対して、自分の過ちの本質をありのままに認めた。」です。
神様は一体どこへ行った?、という感じですがまぁ気にしないで行きます。

ここで実際にやる作業はステップ4で作成した表を、自分以外の人に見てもらってその内容を分析する事です。
ここで得られるものは大きく2つ、
 ①自己開示をした事で心が軽くなる事
 ②開示した内容を他者視点で分析して自分の問題点を知る事
になります。

たとえ話で自分がパネェ汚部屋(と今でも言うのかしらん?)の住人だと仮定します。
このうち①は窓を開けて換気した状態のようなものです。
一時的にニオイは消え去りますが、ゴミを何とかしない限りまた元に戻ります。

ではその元になっているゴミをなんとかしようという事になります。
ゴミを外に出して綺麗にすればニオイやその他諸々な事に悩まされる事無く、快適に過ごせるようになります。
ですが、この状態でこれをしても①の状態となにも変わりありません。

一時的に今の状態を脱したいというのであれば、何もステップ5をやる必要はありません。
口から出したら消えてしまう秘め事も確かにありますが、それは悩みの数では本のわずかなものだと思います。
乱暴に言えば愚痴を吐いているだけなので、問題の本質的な解決にはなりません。

ここではゴミを溜めてしまった原因を探さなければいけません。
ゴミは一人で勝手に溜まりはしません。
実際はゴミ自体が問題なのではなく、ゴミを溜めてしまうその部屋の住人が一番の問題です。
どうしてゴミを溜めてしまうのか、それが分析すべき課題になります。

原因が分かれば解決策は考える事が出来ます。
汚部屋問題の根本的な解決は、ゴミを外に出したり空気を入れ替える事ではなく、部屋の住人がゴミを溜めないようにすることです。
これが②にあたる事で、ゴミを溜めてしまう時のパターンをまずは見つけ出し、その時の自分の状態を(神と)もう一人の人と一緒に分析するのです。
なんで他人を入れるのかと言われれば、汚部屋の住人が自分なのです。
今までと違う事をしなければ何も変わりません。

これがステップ5の要旨であり、非常に非常に重要なステップです。

どのステップでも相手に対する畏敬の念を常に持って接しなければいけませんが、このステップでは特にそれを意識して行うべきでしょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。