スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分が抱えている問題を甘く見てはいけない

おのが目の 力で見ると 思うなよ 月の光で 月を見るなり(作者不詳)

仏教の「業」は、
(一)行為をおこす前の意志作用、
 ↓
(二)身体、言語による行為そのもの、
 ↓
(三)その行為の残存効果、
という三を内容とし、その順序で展開する。
単に「行為」(梵語カルマン)という語だけでは表現しきれない。ともあれ、心(意志作用)から業は生じ、その業の結果として私の世界が形成される。

 ところで、「この現実(私の世界)は、私の業のせいだからしょうがない」といったせりふをよく耳にする。それは慨嘆、後悔、あきらめの気持の表明であり、暗いひびきを奏でる。
 「この現実は、私の業のしからしむるところだ」という表現は正しい。自業自得、自己責任性がはっきり表明されているからである。受験に失敗したのは私が不勉強だったからであって、社会、先生、家庭のせいではない。責任転嫁を許さないのが業の理論である。

 自業自得の道理をわきまえた上での「しょうがない」との発言であれば、暗いあきらめでおわることはない。かならず現実からの展開があるはずだ。

 というのも、不勉強の結果生じた好ましくない果が未来にまで継続する、とは仏教の業論はいわない。未来の果は、現在いかに行動するかにかかっている、と教える。

その場合、不勉強という原因は道徳的には悪であろう。
しかし、失敗というその結果は、好ましくないことではあるが、悪ではない。合格という好ましい果を得た者が高慢ちきになればそれこそ悪である。
逆に、失敗が逆縁になれば善である。悪因苦果、善因楽果であって、悪因悪果、善因善果ではない。そして、失敗という好ましくない果をバネにして新たに行動をおこした結果、 卒業時には、 合格した人よりはるかに好ましい果を得るということはよくみられるところである。

 従って、「しょうがない」をあきらめの運命論としてしまうか、それをバネにして未来へ展開をはかるかは、全く私個人の問題である。
仏教の業論は、決して運命論の論理的根拠ではなく、明るい未来を生みだす理論を提供するものであるといえよう。
大谷大学のページから引用

という訳で高慢ちきなままで進んでいくと、自分の現実はもろくも崩れ去っていきます。
まさしく、ただ春の夜の夢のごとし、です。
失敗を逆縁にするためには、月の光で月を見るなりの心持ちが必要になるでしょう。
それだけにっちもさっちもいかない状況で私ら強迫的ギャンブラーは生きている事を努々忘れるべからず。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。