スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眼福 ~若冲が来てくれました~

今日はお休みだったのでミーティング終了後、前々から見に行こうと思っていた絵を見に行きました。
これです↓
130107_vermeer01.jpg

以前にフェルメールが描いた絵を県美術館で見たことがあり、いたく感動したのです。
今回は本物ではないけれど全作品が見れるというのでそれなりに期待していったのですが・・・

リクリエイトとか言っていますがあれは絵ではなくて単なるポスターで、見てみても何の感動もなく、かなーりがっかりしました。
それなりに期待していた分だけ、あっという間に興ざめしてしまい3分も居続ける事ができなくてそのまま会場を出ました。

期待はずれのがっかり&ムカムカの気分が入り混じったまま歩いていたのですが、「そーいえば今仙台に本物来てたじゃん。」という事を思い出し、この裏切られた感を何とか補完しようとそのまま青葉山の麓まで歩いていって見てきました。

s-DSC_0045.jpg


s-DSC_0050.jpg

これ↓
s-DSC_0053.jpg

展示されている絵画、2時間かけて全部見てきました^^
しっかし若冲すげーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!

絵画と人間を区切っているあちこちのガラス、白く跡が付いていました。
それは額や鼻の頭がガラスに付いた時にできたもの。
最初は何でこんなに汚いんだろう、すぐに拭き取ってくれればいいのに、とそう思ったのですが、これでは拭いても拭いても追いつかないという事に、私もその白い跡を自分で何回も付けてみて気付きました。

百聞は一見にしかず、眼福でした。

「若冲が来てくれました」
↑のページで左から右に流れている屏風絵「鳥獣花木図屏風」がありますが、これが一番最後で目玉として展示されています。
これだけはガラスで区切られておらず、そのまま見ることができます。
10分超の時間一つの絵を見続けた事、絵に感動して涙が出てきた事、一度その場を離れたのに再度この絵を見に戻った事、いづれも私にとっては初めての経験でした。

今日はこの若冲コレクションを所有しているアメリカ人ご夫妻が博物館に来てくれていました。
心の中でご夫妻に御礼を申し上げて満足して家路につきました。

仙台在住の方には心からお勧め致します。
本当に良かったです^^
また見にいこー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。