スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真実は自分だけが知っている

「ゲームセンターでスロットやパチンコをしてしまったのですがそれってスリップになりますか?」
「0.00ノンアルコールビールを飲んだのだけど別に問題ないでしょう?」
ギャンブルとアルコール、それぞれの問題で割りと多くの人達から上記質問を受けた事があります。

私はギャンブルの問題を持つ本人であり、自分にギャンブルの問題がある事を自覚した後にゲームセンターでスロットをしました。
その時の気持ちは「やってはいけない事はわかっていた。でもお金を賭けるわけではないからギャンブルではない。賭けた時のあの気持ちを疑似体験したいだけだから。」という感じだったと思います。
実際やってみたらあのヒリヒリした空気を味わうことなんてできず、結局疑似体験はできませんでした。
結果として本物のスロットを求めて実際に行動を起こす一つの要因になりました。

ゲームセンターに置いてあるスロットやパチンコは、「金品などを賭け、偶然性の要素を含む勝負を行い、その結果によって賭けた金品の再分配を行うもの」ではありませんので(※実際のパチンコやスロットが抱えている法的疑問についてはここでは考慮しません。)、誰かに何か言われた場合でもそれはギャンブルでは無い事を説明する事ができます。
0.00ノンアルコールビールはアルコール度数1%未満なので酒税法上の分類では酒ではなく、清涼飲料水または炭酸飲料になるでしょうからそれを飲んだ事は法令上飲酒になりません。
よってこれも第三者から指摘を受けた際には飲酒で無い事を説明する事ができます。

さて、ここで一番最初の質問の話に戻りますがその質問を私に発した人達は上記の事実を知った上であえてその事をしています。
分った上でやっているのに他人に同意を求めるのはどうしてなのでしょう?

仮にゲームセンターで普通のゲームをしていたとすれば、他人に同意を求める事はないと思います。
またコーラやポカリを飲んだのだとしたら、やはり同意を求められる事はないでしょう。
実際そんな質問を私はいまだかつて受けた事はありません。

賭けたい、飲みたい、という気持ちが源泉にあったからわざわざその行為に及んだ、でも実際は賭けてはいないし飲んでもいない。
でもアブスティナンスやソブラエティは得られていないような気がする。
後ろめたい気がしてしょうがないので誰かに正直に話して判断を聞いてみよう。
多分みんな分ってくれるはずだ、期待している返事が返ってくるはずだと、そう思って。

さて、少し長く当事者グループに通っていればこんなような話はブログをご覧の皆さんも聞いたことがあるのではないかと思います。
こんな時はあなたはどういう返事をしてあげますか?

人に自分のアブスティナンス(ソブラエティ)を証明する事は相手方と常時行動を共にしていない限りできません。
当事者グループではアブスティナンス(ソブラエティ)は自己申告に基づいて判断されます。
ですので自分以外の誰も疑いようがないし、信じようもありません。
真実を知っているのは自分だけ、です。

自分だけは真実を知っている、という事が中々に厄介(?)なものですね。

もし自分がこの記事の文頭の行動を取って誰かに話してその同意を得たいとしたら、どういう風に話をしてどういう同意を取りたいでしょうか。
言葉を変えればできれば隠しておきたい事、そしてできれば・・・というかやっぱり認めてもらいたい事は何でしょうか。

ところで私は私の日常に影響を及ぼさない限りは正直その人の行動にも思考にも興味がないので、TPOに応じた返事をするようにしています。
ですので私が同じ事を誰かに聞いたとしても、TPOに応じた返事が返ってくるのでしょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

未練がましいですねと笑顔で伝えますね(笑)

それもとびきりの(⌒~⌒)

それは高等テクニックだ(笑)

今度誰かに聞かれたらパクってみよ…
コメントありがとうございます^^

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。