スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逃げちゃダメだ

12月も半ばになりました。
あと2週間で2012年も終了です。
自分の行動を振り返ってみれば、自己中心の考え方に従って突き進んできた、そんな残念な感じの一年でした。


本日、1件埋め合わせをする機会を頂きました。
以前お世話になっていた会社を訪問し、代表の方に面会の時間を頂いて謝罪をしてきました。
お会いするのは3年10ヶ月ぶり。
久しぶりにお会いした代表は少しお疲れのようでした。
その代表の顔を見た瞬間、涙が自然に出てきてしまいました。


代表は微笑しながら「よく来た」と私の肩を叩いてそのまま応接に案内してくれました。
そこで在籍中に私が起こした不祥事についてお詫びしました。


過去はもういい。お前が一番苦しい思いをしたのだろから。
ここに来れるようになってよかったな。
心配していたんだ。


とそう言ってくださいました。


その後、私の近況報告とその会社の現況を教えられました。
私が退職した後に会社の事業内容が変更を余儀なくされ、それに伴って人員も大幅に流出したそうで、私の知っている人間はもう代表を含め4人しかいませんでした。
あの頃が懐かしい。お前はできる奴だから業務については信頼していた、と代表は言われていました。


そう言って下さるのはとてもありがたいです。
私もあの頃が懐かしい。
戻れるものであれば戻りたい。


未練・・・ですね。


また挨拶に伺う事を約束してその場から退出してきました。


誰かのお役に立ちたいと思うのであれば、自分を高めなければなりません。
自分を高めるには、自分の弱点である性格上の欠点を直そうとする姿勢を一日でも崩してはいけない。
そう思いつつも行動しなければ、何もしていないのと一緒です。
自分では変わったつもり、行動しているつもり、考えているつもり。


思っているだけでは何も変わらない。
自分の変化は前進するか、後退するかのいずれであって現状維持ということはありません。
仕事の面でもプライベートの面でもその事を自覚させられる一年でした。


「まず自分のどうしようもない弱さとその結果を全部受け入れなければ、何もできない。
そこまで謙虚にならなければ、その人の飲まない(賭けない)生き方は ― たとえできたとしても ― あやふやなものでしかない。」12&12 P30


この部分に私はマーカーで線を引いていました。
いつこの部分に引いたのかはわかりませんが、今と同じ気持ちになった事が以前にもあって、その時にここに救いを求めて線を引いた、といったところだと思います。


変わろうとする時には変わる必要を切に感じます。
つまり自分の問題を知るという事で、これが底付き。


250ページある本の同じページの同じところで毎回救いを求める。
その事実は結局のところ、自分は何も変わっていない、という事です。


気付きを得たつもりになって行動をせずにいると、その気付きを全て忘れてしまい、また現実の何かの問題に直面した時に気付きを得たが、それが以前の気付きと全く同じだった。
あやふやなものでしかない。


以前も私はどこかでそれを感じていたはずなのに、今回もそこに目がいった。
一体私はどこまで逃げれば気が済むのか。


毎日毎日の、変わるためのほんのわずかな行動からも逃げてはいけない。
逃げちゃだめ、逃げちゃだめ。
今逃げたら50になっても逃げる、60になっても逃げる、70になっても逃げる。


また近い将来、12&12のこの部分に目がいかないように。
本当に変わりたいと私は思っているか?
覚悟を持って今日一日を過ごそう。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。