スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アノニミティ(無名であること)」

本当は昨日のうちに記事を書こうと思っていたのですが、先週の金曜日から本日までずっと外泊でPCが手元になかった状態が続いていました。
やっと今日は自宅に戻ってきたので連続になりますが、記事を更新します。


今回の集いの時には複数のミーティングを同時に開催しまして、私はそのうちの一つのステップミーティングの司会をさせて頂きました。
始まる前に、もしごく少人数であればこのテーマ、中人数であればこのテーマ、大人数ならフリーで、とそれなりには決めていたのですが思った以上に多くの仲間が集まってくれたので、テーマはほぼフリーにしました。
かつ所定の時間内に全員が話し終えそうになかった人数だったので、ミーティング自体も2つに分けて行いましたがそれでも時間はギリギリでした。
あまりに盛会だったので司会の私は話そびれてしまいました。


人が少なければ「アノニミティ」、人がまずまずであれば「自分がまだ手にしていないものを人に手渡すことができないのははっきりしている」をテーマにしようと思っていました。


昨年から始まった集いも第二回目の開催を迎える事ができ、次は来年に向けての点が伸び始めようとしています。
今まで10年以上、20年以上、東北のそれぞれのグループを支えてくれていた先行く仲間達がいてくれたから、去年の集いも今年の集いも実現できました。
私達はその仲間達への畏敬の念を忘れてはいけません。


去年、私は色々な役割をさせて頂いて、初めてそう素直に思えるようになりました。
そう思ったら、自分よりも若い仲間達の事を考える時間ができるようになりました。
先人が自分達に渡してくれたものを、私達は次の人達に伝えていかなければならないと、そう思うようになりました。


今年の実行委員をされた方々は本当にお疲れ様でした。
私個人はとても楽しかったですが、皆さんはどうでしたか?
偉そうに言って申し訳ありませんが、失敗や恥ずかしいという思いを味わうことはできましたか?


手放すという事は実に難しく、自分では手を離したつもりでも実はしっかりがっちり握っているもの。
仲間と一緒に過ごしていると、昨日も書いたように一人では自分は生きてはいけない弱い存在であること、そして仲間がいてくれるから今のアブスティナンスの喜びや苦しみ、恵みや試練を分かち合うことができる事、を肌で感じること、理解する事ができます。


私達には仲間から仲間へと手渡していくバトン(GA)が存在しています。
途中で転んだ、バトンを落としてしまった、または走ってくる道を逆戻りしてしまった、逆にスムーズにバトンを渡せることができた、バトンをもっと持ったままずっと走っていたかった・・・。
実際にそういう経験をする事が出来る人は、バトンを持った事がある人のみ、です。
何事もやってみなければ分からない。
経験してみなければ、何事も分からない。
そして経験させてもらった人間が実感した事は、失敗する事ほど恵みになる経験は無い、という事です。
私達がGAに繋がって今のアブスティナンスを頂いている大元になった経験は何でしたっけ?


こういう風に書いている私自身が実は一番そうなのですが、それでも私は手放していきたい、でしゃばらないでいきたい、とか細くも願い(笑)、祈っています。


今の私個人が理解しているアノニミティは、
「行く河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。」と同じ事だと思っています。
自分という存在は川の流れ(GA)のほんの一部の水滴のようなもの。
川の流れは常に同じ水では構成されていない。でも川の流れ自体は絶えることが無い。


これがGAメンバーとして私が活動する時に常に思っている事。
とはいいながら・・・思っていても口が動いてれば意味ないか・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

1. 無題

今、それと同じような事を味わいました。
この瞬間、自分が考えていた事とは、裏では全く別の事が動いているということに、自分の意志を使いそうになったから、反応した。
そう思いました。

なかなか難しいし、昔の考え方や生き方を簡単に手放すことはできない。
ましてや自分の意見が人の意見をねじ伏せてしまうかもしれないということを、いつも心に置いておかないとダメになりそうです。。。

辛いですね、
でも、これが成長だと思っています。

2. Re:無題

>湖水(るりこ)さん
もう寝ようとしたらコメントが・・・
わけいってもわけいっても青い山。
私達は迷ったり途方にくれたりするたびに恵みを頂いているのだと思います。
でもね、ムカつくのはムカつくけどね^^
いつか普通になれれば・・・と思ふ。

3. また会える日まで

不思議なもので、去年よりもヨハンさんを「近く」感じました。
あの頃、ヨハンさんやスポンサーの事を、神様みたいに感じていたのです。

来年、再来年、また自分は変わっているのでしょうか。

また会う日には、固い握手とハグ、そしてヨハンさんの素敵な笑顔を貰えるのを楽しみにしています。

4. Re:また会える日まで

>チカさん
こんばんは^^
集いの実行委員、お疲れ様でした。

私もあなたの事を近くに感じました。
お会いした時にお話した事は私の素直な気持ちです。

お互いに今頂いているアブスティナンスを大事にしていきましょう、そして成長していきましょう。

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。