スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身の振り方

先月から資格試験に向けての勉強を少しづつ始めています。

とはいいながらも大学受験以来しばらくぶりの勉強です。

年齢からくる自分の記憶力の低下もここ最近の勉強で改めて自覚させられています。



とりあえずこんな歳でもいけるのかどうなのか、今夏にそのテストを兼ねて国家試験を受ける事にし、先日申し込みを済ませました。

目下ゆったりとしたペースですがその勉強中です。

今夏の試験は受かったとしても実利には結びつきにくい資格ですが、首尾よく受かったとすれば自信に繋がりますのでそれだけでも十分に私にとって価値があります。



私は2年前の夏に精神病院を退院してから様々な職を転々としています。

それまで10年以上一つの職場で勤めていたものですから、まさか自分がその職場から離れたり、そして業種も全く違うところで働くような事があるとは想像もしませんでした。



去年の11月にこんな事を書いていました。

「私がここまで就活をして得られた事。



私が希望する月収15万前後で土日が休みになる職。

そのような職では、

現在38歳の男性で、

10年の不動産の営業スキルと宅建主任者の資格、

百貨店とコンビニの販売スキルを持つ人間は「必要とされていない」という事でした。



その条件にこだわれば、

私はいつになったら働くことができるのか・・・。まるで見当もつかないでしょう。



今の私にとにかく必要なものは、

私の生活を支えてくれる収入が得られる職業です。

それが無くては私は何もする事できません。」



あの時から5ヶ月が経った今もそれは一緒です。

そうやって一年が経ち、二年が経ち、あっという間に十年が経ち…

上の条件の年齢の部分が38から40になって、45になって、50になって、60になって…

ふたを開けてみれば結局あの時とな~んにも変わっちゃいない、なーんて事に多分間違いなくなるでしょう。




「人生で最高に価値のあるものは経験である」
自分の半生から見えてくるものは、自分が動いた分しか物事は動かないという事です。

目標は来年と再来年に一つずつ。

文型頭には中々きつい事ではありますが、もし上手くいったらウハウハでございます(笑)



「一日が過ぎていくうちに、自分が動揺したり、疑問を抱いたりしたら、立ち止まって一息入れ、正しい考えと行動を示してくださいと祈る。

自分がもはやすべてを取り仕切っているのではないことを絶えず思い起こし、毎日、何度も「あなたの意思が行われますように」と謙虚に自分に繰り返す。

そうすれば興奮、恐れ、怒り、心配、自己れんびん、結果としての愚かな決断に落ち込む危険はずっと少なくなる。ずっと効率が良くなる。


自分に合わせて人生をひねくり回していたころのようにエネルギーを浪費しないから、疲れにくくなってくる。

これはうまくいく。実に効果がある。」



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。