スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホントに大事(おおごと)なんだ

いい加減地震以外の事をツラツラと書きたいのですが、書こうとしても何だか書けません。

何でかと言われれば目の前の日常の至る所に地震を思い出させるものがテンコ盛りなので、所詮地震の事を書かないというのは無理な話です。



でも今更思う事はホントに今回の地震は大事なんだ、という事です。

3月11日以来、日本はもとより世界中から沢山の人が東北に集まってくれて、あれやこれや一生懸命やってくれました。

停電した、ガソリンが無い、食べ物が無い、とにかく色んな物が足りない東北に対し、これも人と同じく沢山の物資が東北に集まってくれました。

これなら東北も何とかなりそう、仙台も早く復興できそう、そう思いました。



あれから一ヵ月経ってみて。

あれだけの人と物が東北に集まってくれて、あれやこれやとやってくれて、それで現状がこれなのか?、これしか変わらないの?という感じです。

ガレキの仮撤去をするのに約3年と仙台市は試算を出していました。

最近目にしたり耳にしたりする復興計画の数字はほとんどが年単位で書かれています。



そういう数字と日常を照らし合わせた時、膨大な時間を消費していかないと仙台は回復はできないのだ、今回はマジでやばいんだ、と痛感しました。

震災の雰囲気にどっぷりはまりつもりもないし、そこからは早く脱出したいけれど、まだまだバカをやる気にもなれません。



宮城県沖地震の時は私は幼すぎて復興の道筋を全然覚えていない。

今回は年相応?に身体に刻まれそうです。

とりあえず、祈れ!働け!です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。