スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステップを踏むとどうなる?と聞かれれば…

12ステップという回復のためのプログラムが、自分の中でまわり始めてくれたのを感じるようになったのはごくごく最近の事。

そんな今の私に、ステップを踏むとどうなる?と聞かれてお答えできることは一つだけです。



「ステップを踏む前はお祈りをしませんでしたが、今はお祈りできるようになりました。」という事です。

まぁ正確に言えば、お祈りをしないのではなくてお祈りができなかったのが、いつの間にか勝手に手を合わせるようになっていたという事です。

最初は立ったまま軽くお不動様に会釈して、そのうちに跪(ひざまず)いて手を合わせるようになり、そうこうしてたらいつ頃からか額を地面につけて平伏してからお祈りをするようになりました。



何でそうやって祈るのか?と聞かれれば、答えは簡単。

「頭を下げれば下げるほど気持ちがイイ」事にいつからか気付いたからです。

そう気付いた時あたりからでしょうか、祈りが自分の習慣として身についてくれたのは。



なのでステップを踏んでみて自分で変わったと思えることは、今のところそれだけです。

たったそれだけの違いなのですが、私はそのお陰で色々らくちんになれました。



自分で実感した事だったので、自分のスポンシーにはいつも言っています。

とにかくお祈りだけは欠かすんじゃねー、と。

形だけもいいから手を合わせるように、と。

少しでも頭を低くしてお祈りしなさい、と。



それでもねぇ、誰も自分から言ってきてはくれないのです。

「お祈り」の事を。

今はお祈りができていない、とか、継続できている、とか、祈るのが少し恥ずかしい、とか、あっちから私に言ってきてくれた事はないのでしゅー

こっちから聞いて、それで初めてお祈りの事をみんな思いだすのです。

「あー、そいえばぁ~…」みたいな。




そういう事を繰り返し経験してみると、ステップを踏む上での一番の障害になっているものがよく見えてきました。



プログラムに取り組もうとしない、もしくは踏ん切りがつかない、そんなメンバーは多分自分の棚卸が嫌でも、埋め合わせが嫌でもないんだと思います。

神という存在を自分の中で認めたくないだけなんだと、そう思います。



これも本人達の話ですのでゆっくりいくしかないのですが、

それでもプログラムを自分に手渡して欲しい、と人に一度でもお願いしたのなら、その人の提案くらいは大事にしなさい。

こちとら自分が持ってるものしか手渡せねーんだから。



でも結局は、自分のスキルが足りないんだなぁ、自分のステップが全然足りてないんだなぁ、といつも密かに凹んでは、ゆっくりやろう&でもやろう、と自分を励ましておりまする。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

1. おいどんは

おいどんは、感謝できるようになりました。
仲間に、家族に、神様に・・・
今までは、いい事あったら自分のお陰
嫌な事あったら誰かのせい

でもヨハンさんの仰る通り「無力」を知ると「祈る」事しかできません

「祈り」と「感謝」続けます

2. Re:おいどんは

>ナベさん ばんわ~^^
今ナベさんのブログにお祝いコメを入れたところだった♪
次回お会いできた時には写メ見せてね^^

身の丈を知れば祈るしかなく、祈りはじめると感謝の気持ちが自然に湧いてくる。
それが真理なのでしょうね。

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。