スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あ・・・、そういう事なの?

脳内垂れ流しで書いていきますので、文脈が??のところもあります。

ま、改めて書くまでもなくそれはいつもの事なのですが、悪しからずご了承ください。



さてさて、先週末からのイライラだの不安だのがっかり感などなど。

た~っぷり負の感情を持って過ごしていた今週でしたが、今回は仕事のお陰で助かりました。

今は結構業務が多いので余計な事を考える暇がなかった、という感じです。

家に帰れば一人で悶々とし、外に出れば仕事で忙しく…。

それを繰り返していたら自然に落ち着いてきました。



とはいいながらも、随分と祈りつづけた一週間になりました。

自分にとっても相手にとっても結局問題は一つだけ。

Noと言われるのは大嫌いで、Noというのは大好きな強迫的ギャンブラー。



「私たちのすべての問題が、意志の力の誤用だった。

私たちに対する神の意向に合わせようとはしないで、自分の意志によって問題を解決しようと努めていたのだ。」(12&12)

自分の思い描く段取り通りに行かなくても、物事は解決する。

プログラムに沿っていけばそういう事ですね。



今回の出来事は随分といろいろな事を考えるきっかけになってくれました。

選択肢も決断する事も、そして行動する事も実に沢山あります。



GAは私の命綱でありライフワークになっています。

この街でその灯火を消さないように、

願わくば煌々と輝き続ける事ができるように、

そしてドアを開ける場所自体がもっともっと増えていますように…、

自分に出来る範囲の事は行っていきたい、と今思っています。



相手が家を出て行こうが行くまいが、それとは関係なく自分は家を出る事はできます。

相手をその場に引きづり出したいというけれど、一番その場に引きづりだしたくないのは本当は誰ですか?

こんな話を家族の方にさせてもらった事があります。

ある意味、その位の愛情がグループに対しても仲間に対しても必要な時がある、と随分高慢な言い方・考え方ですがそう思っています。



今の職業は来月末には退職しなければなりませんが、

今私は所属しているグループのミーティングの日程に合わせて職を選んでいます。

私が職を得たいのも、一定の収入を得る事によって自分の生活を成り立たせ、今後もGAに繋がり続けていきたいから、です。

職を得て収入を得られれば、精神的にも経済的にも私は今よりももっと自由になります。

一定の生活基盤がなければ日常生活は営めず、日常が営めないという事はGAに繋がる事も出来なくなります。



公的扶助を得て暮らしていく選択肢を選ぶ事もできますが、

私は働く事、そしてその報酬を得る事によって生活基盤を与えてもらえる喜びと行動の自由をもらえる事、そして労働している期間中は愚痴ったり何だりと、まぁ色々な特権^^がついてくる事をもう失いたくはないので、働かせてもらえるところがあれば働きたいです。



GAは確かにライフワークで私の命綱なのですが、こうやって仕事に就いて色々やってみて考えているとですね・・・、仕事というものも私にとってライフワークであり命綱である事に気付きます。



随分高慢な言い方かもしれませんが、仕事というものは、たとえどのような職であったとしても、今の自分に出来ることを誠実に行っていけばそれこそが自分の天職なのだ、とそう思っていますし、そう感じました。



3000万円のマンションを買っていただいた時も、100円のミンティアを買っていただいた時も、お客様が言って下さった「ありがとう」の気持ちに何の違いも無い事に、私はいつの日か気付きました。

今は物を販売する職ではありませんが、住人の方にも同僚にも、行っている業務に対して「ご苦労様ね」、「お疲れ様でした」と言って下さる気持ちは、「ありがとう」と言ってもらったことと何の違いもありません。



だから今の職に私は誇りがあります。

そして次にどんな職につけるかわかりませんが、次に就く事ができた職も、やはり私にとっての天職になります。

^^ 不安でもありますし楽しみでもあります。

私は次に何をしているのか・・・。

またコンビニで働いているかもしれませんし、どこかのビルとかマンションとかで掃除をしているかもしれませんし、街でチラシを配っているかもしれませんし、机の上でPCとにらめっこしているかもしれませんね。



さて、そんな二つの大事なライフワークである仕事とGA、どちらを優先というわけではなく、どちらもバランスをとりながら行っていきたい。

絶対の条件なんて自分で勝手に決めているだけで、実際は何も条件なんてないのだから。

おごらず、あせらず、恐れずに… 私の意志ではなくあなたの意志がかなえられますように。



最後になりますが、

自分なりの自由な信仰というものが私の中で芽を出し始めてくれた時。

初めてその時に私は救われたというか、助かったというか、自由になった、という実感があるのです。



感謝の気持ち、いつまでも大事に持っていたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。