スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金の問題

強迫的ギャンブラーにはお金の問題が常に身にまとわりついて離れない。

多くの強迫的ギャンブラーが自らのギャンブルが原因で多重債務を背負っている。



私もその一人。

多額の借金を今現在、抱えています。



自分ではそのお金を返済する事がどうにもならず、

専門家に依頼して、法律の恩恵によくしてその額を減らしてもらいましたが、

それでも尚、私にとっては多額の借金である事には変りありません。



でも毎日の生活を過ごしていく中、

その中での自分のお金の使い方を見る限り、

金銭管理はやはり何もできていない。



今の金銭の使い方自体、

ただギャンブルに対して新たな投資をしていないだけで、

それ以外はほとんど以前の使い方と変っていない。



欲しいものは割りと買っているし、

あちこち出歩く為の交通費もほとんど自己抑制はない、

疲れたといっては自炊する気になれない事もここ最近は非常に多い。



こんなどんぶり勘定の状態で、

これで今後毎月の決まった額の返済ができていけるのか?



今のほとんどの借金自体はギャンブル依存症の副産物ではあるけれども、

その借金を抜きにしても、今現在の私の浪費は新たな借金を作り続けているようなもの。



お金を全く使わずに生きていく事はできない。

でも今を生きていく上で必要十分なだけのお金を使う、というバランス感覚が私には徹底的に欠けている。



通帳の残高を見る度に、うぎゃ!っとなる。



今のままの状態で、仮に借金を全て払ったとしても、

単純にギャンブルでの借金をしていない状態に戻るだけ。



また私の物質的な欲望が舞い戻ってくる。

人よりは良い物が欲しい。

もの凄く高価なものは要らないけれど、

その辺にいる人達より、少し良い物が欲しい。



私が自分で線引きしているラインには、上限というものはない。

その辺にいる人達って誰だろう?



それは私が自分でそう認識した人達。

同じ街に住んでいる人とは限らない。

同年代の人とも限らない。

同じ程度の収入の人とも決して限らない。



お金とは私にとって自分の価値をあらわすもの。

収入が多ければ多いほど、私の自己肯定感は高まっていく。

そのお金の分だけの価値が自分にはあるのだと、そう思うことが出来る。



そんな私にとって、お金を消費するという事は自分の力を示す事。

これだけのお金を私は使う事が出来るのだ、という力の誇示。

それは他人に対してでもあり、自分自身に対してでもある。



周りの人よりも少しでも良い物を持ちたい、

見せつけたい、というのも私の場合ここから来る。



そして借金についても、これだけのお金を私は借りる事ができるのだ、という違った見方もする事ができる。

実際ギャンブルをしている時、

私はそう思ったことが何度も何度もあった。



俺、こんだけの借金してても生活できてる、って。



バカか?と言いたくなるけれど、

実際そう思った。

それが私だった。



今は以前に比べれば収入は半減。

その見方でいけば今の私は以前の私に比べて価値は半減している事になる。



でも私は今の自分が好きだ。

正直どうしようもない欠点ばかりの奴だけど、

お金に対しても無力であるけれど、

そんな私が好き。



私のお金に対する姿勢には改善できる余地がいっぱいある。

改善できる余地があるだけ、私は成長する事ができる。



改善する事を自分の力でできないのであれば、

自分以外の力に従えばよい。

意地も見栄も無く、

素直に首を垂れて教えを乞えばいい。



謙虚に、もっと謙虚に。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。