スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心理的空白

見た事も無い街の風景の中、

何だか知らないけれど行く気(ギャンブルね^^)になっている自分がいる。

何だかそわそわして、ざわついて。



もういいじゃんない?行っても、とか

今なら大丈夫なんじゃない?、とかそういう考えをしていた時間は多分当に過ぎていたのだろう。

ただもうすっかり賭ける気になっているだけ。



さて!やるか^^

と思ったのだけれど、何だか心に違和感があった。



でも・・・



あれ?

何か大事な事、俺忘れてないかなぁ???



ギャンブルって…

俺…





あ?!

俺そういえば病気だったw

ふぅ~。

あぶねーあぶねー^^;



と独りで勝手に合点がいったところで何だか目が覚めた。



昨日…ってか今日の丑三つ時に見た夢。

その後にまたすぐ口開けたまま寝たのですがね。



そのお陰で朝起きた時には口がカピカピになってたじょ。



今まで滑っちゃった夢は何回か見たのだけれど、

今回のようなそれに至る前のケースは初めて。



GAのハンドブックには私の夢のようなこんな事を「心理的空白」と書いてある。

ビックブックには「狂気」と書いてある。

田辺先生が書いたギャンブル依存症という本には、「抑えられない気持ち(渇望 craving)」と書いてある。



これが心の病の方の本質。

その瞬間、健全な判断力が消し飛ぶ。



これが怖いのは依存症のもうひとつの身体の症状、

脳みその方でギャンブルに対してのコントロール喪失という欠陥があるからで。



これがなければギャンブルに嵌る事は無い。

だから一般の依存症ではない人がこのような考えを持っても何も問題は無いわけだ。

それは心理的空白とか狂気、渇望とかではないんだろうね。

ただやりたくなったから、ってことなんだと思う。



一般の人にとっては問題ない気持ちだけど、

私達強迫的ギャンブラーにとっては…



文字通り無力ってやつ。



GAミーティングはこの事を常に私に思い出させてくれます。

そしてミーティングを通して、本当にわずかづつ、謙虚さとか寛容さ、開かれた心など、

それらの事が私達にとって、とてもとても大事である事を教えてもらっています。



その謙虚さ、寛容さ、開かれた心等、ハンドブックでいうスピリチュアルな事々が、

私達強迫的ギャンブラーが心理的空白に陥る事を防いでくれているのでしょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

1. 無題

GAの仲間とパチ屋で待ち合わせをして、合流して、ふと見たら、とってもとっても懐かしい台があって、その仲間と苦笑いしながら座って打ち始める。

っつう夢を見たことがありました(笑)。

笑えるような、笑えないような夢でしたm(_ _)m

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。