スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私がスリップした時の理由

[ギャンブル依存症] ブログ村キーワード

~今週のブログGA&ギャマノンのテーマ~

「私がスリップした時の理由」です。

※他の依存症の方もお気軽にご参加下さい^^

※参加方法についてはこちら をお読み下さい。

※バックナンバーはこちら です。



今回のブログGAには、珊瑚さんこっころーるさんtukimiさん進志郎さん がご参加下さっています。

皆様 ありがとうございます^^



ギャンブル依存症のヨハンです。



私はギャンブル依存症者の自助グループであるGAのメンバーです。



GAではギャンブル依存症者が寄り集まって、

言いっぱなし、聞きっぱなしのミーティングスタイルで自分の話だけをしていきます。



えー、それでですね、

ミーティングではですね、

スリップの話は絶えることがまずありません^^



私もスリップの経験は…



ぶっちゃけ数える事ができませんw



何回したか、本当に分かりません。



そしてですね、

スリップした時の理由もですね、

正直言ってわかんないのですよん^^



何かやっちゃってた…汗

というのが真相でして。



スリップする前には何かしらあったとしても、

それがスリップした直接の理由にはどうもならないのです。



GAでスリップした事を話してくれる仲間達の話も、

その内容から色々な事があったのは勿論分かるのですが、

みんな肝心なところになると、まずこう言うのです。



「何かやってしまっていて…」と。



人の前で自分の事を話す時、

秘密にできればしておきたい事を自分から話そうとする時、

不思議なものですね・・・。



その本質を包み隠そうとはしないようです。



それはこのようなブログで記事にする、という事とは全然違います。



それはその場で自分以外の誰かと時間と場所を共有している時、

そして現在進行形で自分の事を話している時、

仲間が自分の話を聞いてくれている時、

それらが重なった時…なのでしょうか?



その時には、嘘を付く、という事がどうもできないようです。



本音がね、ポロッ…と出てしまうようで^^



彼らが異口同音に言う言葉は、

「何か知らないけど、やってしまっていた」という事です。



私のホームグループには多くの仲間が繋がっています。

順調に回復している仲間も数多いですが、

今を四苦八苦している仲間もまた多いです。



その中でも今を四苦八苦している仲間達の現在の状況は、

正直いって芳しくありません。



私と同様、自分のギャンブルが原因で、

多額の借金を抱えている、

家族離散、

別居中、

失職、

精神病院への入院、

等々。



その自分が招いた現実から

何とか良くなりたい、ギャンブルを止めたい、と思ってGAに繋がっています。

私もその中の1人です。



それでも、

その現実の中で生きていても、

それでもやってしまう。



そしてやってしまったその理由は、

「何だか分からないけど、やっちゃってて」です。



私もそうなので、本当に何だか分からないのです。

何で自分がまたやってしまったのか。



一度賭け始めたら止まらない。

それも自分の経験から分かっているのです。



それも分かっていて、それでもやってしまう。



くどいようですが、やってしまった理由は「何かやってしまっていて…」です。



全く持って、狂っているとしかいいようがありません。



この狂気、これこそがギャンブル依存症の症状だと、私は理解しています。



ギャンブル依存症は2つの大きな特徴を持っているものであり、

一つ目は一度賭け始めたら渇望現象がとめどなく起きてしまう事、

つまり一度賭けたら止まらない、という事です。



もう一つはこの狂気です。

それはある瞬間、ギャンブルをしないという選択をする事ができないという事。

「何か分からないけどやってしまっていた」という事実。



これが私の理解するギャンブル依存症です。



特に二つめ、

ギャンブルをしない選択をする事ができない、

これは言い換えれば、自分の意思ではどうにもできない、という事です。

これはもう恐怖としかいいようがありません。



自分の意思とはつまるところ、自分のやり方という事です。

自分の意思は考え方となり、その考え方は行動となります。



自分のやり方ではもうどうにもならない、

これを心底から理解する事が、底尽きなのだ、と私は思っています。



無力、という言葉がGAの回復のステップの1番目に書いてあります。



私達はギャンブルに対して無力であり、思い通りに生きていけなくなっていたことを認めた。



それを認めたのであれば、

自分の力が無い事を認めたのであれば、

他の何かの力に頼って、自分の問題を解決してもらえばいい。



その何かの力、というものはGAの回復のステップの2番目 に書いてあるのです。



私はその力に頼って、ありがたい事に去年2月から本日までのアブスティナンスを頂いています。

明日どうなるか、それは分からない。

明日も賭けません、そんな事は絶対に私は言えません。



私に出来る事は、今日一日、自分の信じた力に祈り、その導きを感じる事が出来るように生活していく事です。



以上ヨハンからの経験の分かち合い(ごめんなさい…超長文でした…)でした。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

1. おひさです

ログインできずにメールで投稿だけしている
この頃ですw

やっと、パソコンが直ってやってきましたw

元気そうで安心したwww

2. リバ…

ブログGAお疲れ様でした。私は、時間が守れないかも知れないので参加していませんが、すごく勉強になります。

多くのリバを繰り返しました。理由…だって行きたくて落ち着かないんだもの(>_<)お休みや夜勤明け…朝からいけそうなときは、どんなに疲れていても、朝早くから目が覚めて9時近くになるとウズウズ…。時計と睨めっこして、GO!!みたいな。そのときに理性は、もう辞めようって思っているんだけど、そんなもの効きはしませんA=´、`=)ゞ

少しでもパチから離れられて本当に良かったです。

3. 無題

ギャンブル依存のえむです。

GAにつながってからは、まだスリップの経験はありません。精神的にはどうかは分かりませんが(^^ゞ

つながって数ヶ月したころ、子供の付き添いでショッピングモールのゲームコーナーに行った時のこと。

メダルや百円でできるスロの前で、ドキドキしたことがあります。

心臓バクバクのような、胃のあたりがモヤモヤしたような、イヤ~な感じでした。

誰にも言えない借金返済のために、打ち続けた末期の状態、強迫観念を思い起こしていたのだと思います。

「あぁ、スリップって、こういうことか」と思いました。

ステッププログラムを否認してた時、仲間に「スリップしてみたら?」と言われたこともありました(笑)

いろいろな仲間のおかげで、スリップしないで生きる力をいただいてます。

29日のセミナーも楽しみにしています。


ちなみに、そのスロ台は「おっきな花火」でした。知らない子供が上手に打ってるのを、背後からガン見してました(苦笑)

4. 無題

自助グループって、どうしても本音が出ちゃいますよね。
それは運営していてもそうです。

でも互いに正直に話せる時間って、
とても貴重なんだと思います。

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。