スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランドラインをさ、行くと思えば。

週刊少年ジャンプに連載されているワンピース。

すごいビッグネームの漫画だけれども、去年の今頃から私は読み出した。



去年の入院中、

同室の仲間が単行本を最初から持っていた。

面白いから読んでみ、その仲間から言われて。



その当時で既にワンピースは50巻以上出ていて、

その仲間は最新刊までそれを持っていた。



そのありえない分量を見て、正直うんざりしたのだけれど、

といって特にする事も無かったので、さわりだけ…と思って一巻から読み始めた。





そして3・4日後くらいには最新刊まで何故か全部読んでいた自分…



こんなおもろい漫画、今まで俺知らなかったのか…と。



その時も何故か手元にあった、埃を被っていた大事な青い本の上に、

何巻もワンピースを積み上げて、

繰り返しまた読み始めた。



今更ですがとても面白い漫画ですよ^^

見てない方がいたら、是非ご一読をお勧めします。



そして時は流れ、

当時ワンピースの下で埃を被っていた青い本を使いながら仲間との分かち合い。



回復の道筋、という事をスポンシーから尋ねられた時、私の口から出てきた言葉が記事の題。



ごくごく簡単に言えばワンピースという漫画は、

ルフィという主人公の海賊とその仲間達が、

ワンピース(ひとつなぎの大秘宝)というお宝を捜し求めるお話。

そのワンピースは、グランドライン(偉大なる航路)と呼ばれる特殊な海の最果ての島にどうもあるらしい…

という事でグランドラインを旅していく。



グランドラインというところ、とにかくひっちゃかめっちゃかな所で、

コンパスが役に立たない。

季節もめちゃくちゃ。

とにかく一般常識がまるで通用しない、そんな不思議な場所。



そして普通の海からグランドラインに入れる場所は一箇所だけ。

そこから7つの航路を選んで先に進んでいく。

でも最後に到達する場所は、どの航路を選んでも一緒。



これが私達の依存症からの回復の道筋を簡単に言う時に、

本当に言い得て妙。



大体回復の道筋なんて人それぞれ。

それにどのような道筋を辿っても、

自らが健康で幸せな生活を送る事ができるように…(ワンピース)を目指している事に変わりは無い。



コンパスが全く役に立たないグランドライン。

グランドラインではコンパスの代わりに記録指針(ログポース)というものを使う。

それは次に行くべき目的地を明確に指し続ける道具。



そのログポースが指し示した目的地に一度着いたら、

そこで暫く滞在していないと次の目的地を示してくれないという変った道具。



そうやってログポース通りに航海して、

目的地にたどり着き、

そこで暫く滞在して次の目的地へのログを貯める。



これが回復のステップ。

ログを貯めている時間は考える時間。



人により、正直に自分の事を考えたり、

自分の棚卸をしたり、

自分の財務の棚卸をしたり(借金整理とか、日常のお金の使い方とか。)

祈って黙想したり。



そしてそのログが溜まったら動く。

ログポースが指し示す方角に向かって。

ただひたすらに、あせらず、どんな道を辿ろうともその目的地へ。



そしてたどり着いた目的地で、

またログを貯める。



これを繰り返していく。

どこまでも、どこまでも。



でもこれをたゆまなく行っていけば、

ゆっくりとでも、確実に、次のステップへと進んでいく事が出来る。



そしていつかはワンピースへ…



人それぞれのグランドラインでの航海の話が、

私達の分かち合い。



それぞれの旅路から、経験と力と希望を分かち合っていく。



^^



ご縁というものは本当に奇妙だけど、

必然のことだったんだなと。











コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。