スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信じるものは救われる

お陰様で今日でGAの会場を開かせていただいて半年。

早いものだ。



新しい仲間も順調に繋がり続けてくれて、

他のグループからも顔を出してもらえたり、

毎回分かち合いをさせてもらうことができている。



ありがたい事。



仲間の話から、いつも気付きをもらえている。

みんな回復しているのがその話から良く分かる。



本当にみんな酷いギャンブルをしていたのか?

と疑いたくなるくらい。



誤った自信を持って、みんな今まで生きてきた。



自分だけを信じてきた、

自分だけが信じられる、

その誤った自信がギャンブルによって挫かれた。



みんな、自分のやり方ではダメだと思ってGAに繋がってきた。



最初のミーティング。

みんなホッとするみたい。

初めて自分の話を聞いてもらえた、

そして自分だけは無かったんだという安堵感。



最初はそのような事を言っていても、

それでも2回目以降のミーティングに繋がる人は多くない。



また誤った自信が回復してしまったのかなぁ。



ミーティングに繋がり続けていると、いつか気付く。

何故だかギャンブルが止まっている事に。

そして分かち合いから、

仲間の話から、

信じる気持ちが湧いてくる。



仲間達本人に対して、

ではなくてもその話を信じる気持ちが出てくる。



それが人を信じてみてもいいか、という気持ちを生み出すのだろうなぁ。

人を信じる事。

それは信頼。



そしてグループに更に繋がり続けると、

人以外のものも信じてみようか、と思う気持ちをやはり生み出すのだろうなぁ。



それはギャンブルが止まっている現実であるかもしれないし、

狂ったギャンブルをやり続けていた者たちがミーティングに通い続けている事実であるかもしれない。

またはミーティングで正直に、嘘偽り無く自分の話をしている事かもしれない。



その時には傲慢な自己中が鳴りを潜め、私達に謙虚さが宿る。



その現実によって、

見えない何かを多少なり信じようと思ってもイイか、と思う気持ちが出てくる。

それが信仰というものなのだろうな。



そしてその後にまた自信が宿る。



人を信じる気持ちを、

また見えない何かを信じる気持ちを持ち始めた自分。

その新たな自分を信じる気持ちを。



健全なる自信。

尊厳というものを持ちはじめるのかな。



自分は確かに特別な存在だけど、

社会の中での大多数であり、

その枠組みの中で生かされているのだと。



^^



今日はそんな事を考えさせられたミーティングでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。