ぽっかぽか

今日は仕事はお休みを頂き、隣県の某市まで高速バスで。

いつもここに来る時は、行き帰りともバスで爆睡してるのですが、

今日は行きのバスに乗って暫くしたら猛烈な尿意。



今日の記事でも書いたのですけど、

私あれ以来石持ちの身体になっちゃいまして・・・



その影響か、時々えらくトイレが近くなるのです。

だからトイレの無いバスに乗る前は、

いつもしっかりトイレにはいくのです。



それでも今日はダメだった…




ああ~、頼むから揺れないでおくれ…

そんなに揺らされたら…



あ…



ってな感じで、

無表情を装いつつも必死に我慢して

途中のPAのトイレに駆け込みスッキリして^^



その後にスポンサーと会ってきました。



私も今えらく疲れているのですけど、

スポンサーは更に疲れている感じ^^;



疲れているスポンサーとスポンシーでワーク開始



今日は私が埋め合わせを行う人達のリストを作成。

時間かかるかなぁと思ってたら、

前に自分の棚卸をしてたから、早い早い



5分かからないでできちゃった。



疲れているスポンサーからアドバイスを頂き、

早速埋め合わせを実行していく事に。



その後、疲れている←しつこい?wスポンサーに駅まで送って頂き、

さてー。と思ってたら熱狂的な母から電話。



あ、そいえばさっき私が電話したんだった。

母がいたら、ゆべしと薄皮饅頭を買っていこうと思いまして。



ああ、居るからいいよ、と熱狂的。



そしてさっきのリストに母も当然入っていまして。



母とは今、普通に話もできていますが、

私の過去に行いについての謝罪はまだしていないのです。



それに私は母からも、

専門学校の講座を受講したいと嘘をついて、

お金を騙し取りました。



その事についても謝った事は無くて、

またこれからのその返済についても当然話してはいなかったのです。



今日私が埋め合わせを全然意図しない電話を母にしたのも、

これもお導きだな…

と、そう思いました。



思った時にしなければ、と。

出来る事、やろう、と。



ほいでわと思って、

お菓子買ってまたバスに乗って仙台に帰り、

そのまま実家に行きました。




んで実家に着いたら、2度あることは3度ある。



熱狂的な孫…



いるし…



相変わらずアンパンマン、流れてるし…



そして突進してくるし…



おっちゃんがちかれてる時に、なじぇに君は必ずここにいるのだ?



はぁ…



ま、いいやー。

しゃーねぃ…



しばし、ずっずぅぅうう~とお茶を啜りながら、

姪の相手をしていました。



そして彼女が画面のアンパンマンに夢中になって、

私から離れてくれたので、

母に話をしました。



やっぱり親にどうこう言うのはとても気恥ずかしいものです。

それでも私の思いは素直に口から出てくれました。



母はその間、黙って聞いてくれてね。

そして私の話を聞き終わった後、

「判ったよ^^」

と。



そしてその後に、

新しい生き方を教えてくれてありがとう、と私に言ってきました。





母は私が入院中に、

横浜で開かれていたギャンブル依存症に関するセミナーにいったらしく、

その時に書籍販売をしていた私ももちろん知ることの無い、

先行く仲間を見て声をかけたらしいのです。



私の息子が今こうこうで、こーなって、あんなんなってね…

今私は息子と縁を切って、こうしてるんだけどそれでよかったのでしょうか?って

その先行く仲間に聞いたらしいんです。



そうしたらその先行く仲間は、

私も家族にそうしてもらって、今とても感謝していますよ。

とそう笑顔で答えてくれたそうで。



母はその時の、その仲間の笑顔が希望だったと、そう話してくれました。

私ももしかしたらそうなれるかもしれないと、母はそう思ったのでしょうね。



母に希望を下さった私の知らない先行く仲間の方、

本当にありがとうございました。

感謝致します。



母に対して、私の心の中で蓋をしていた事が霧散していくのがわかりました。

ああ、そういう事なんだ。

ああ、だからなんだ。



ありがたい。



神様 ありがとうございます。





その話をした後、

母と兄夫婦と姪っ子と5人で近所の焼肉屋へ。



兄も私の埋め合わせのリストに当然入っているのですが、

兄に対する怖れの気持ちが私からはまだ消えてくれません。



私にとって、兄という存在は大きな壁になっている事が、

自分の棚卸をしてみて初めて判りました。



兄に対しては、私はあまり上手く話すことができません。

畏怖と恨みの感情がとても私には大きいのです。



だからもちっと時間かけてやろうと、

スポンサーとも話してきたところ。



でも兄もね、私に対して感情を素直には表現できないのも判っています。

お互いにね、えらい不器用なんです。



その不器用同士で、年末以来でご飯一緒に食べて。



何も言わず私の皿に肉を置く兄。

とりあえずありがと、といって食べる弟。



こんな感じの交流しかできないぶきっちょ兄弟



でも今日、私は直に兄の口から、私の事を心配していた、という意味の言葉を聴きました。



天候不順でこの冬の仙台は、例年に比べればありえないくらい雪が降りまして。

この雪の中、原付でおまえは動いてるのか?と思ってたんだけど、

そいえば盗まれたんだったな、と。






私から見ても、

兄が私の事をどれだけ思ってくれているのか、

判る。



親・兄弟の情愛、

ありがたい…

本当にありがたい。



いつか兄にも直接話さないと…ね。



そんなこんな、

お腹もいっぱい、

心はぽっかぽかで、

帰宅の途に着きました。



祈り、そして行動に移す。



さ、どんどん行こ。

すぐに行う埋め合わせの相手はもう決めている。



この行為をどんどん行っていくと、心の平安を知る、と本に書いてあった。



そうだね。

そうだろう。



私もそれをもっともっと知りたい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

1. 無題

ヨハンさんありがとう
あたしもゆくよ

2. Re:無題

>珊瑚ちゃん
ん?
仙台にかい?w


3. 無題

>ヨハンさん

引っ越し貧乏だっちゃよw
今度はうちさんといくよ、仙台^^

4. いいお話ですね

親というのはありがたいもですね
そしていつまで経っても

親にとっては子供です
大切にしてあげてください

僕も仙台にいずれ・・・。

6. Re:いいお話ですね

>tomoさん
ありがとうございます^^
大切にすることができるよう、毎日を過ごします。

>僕も仙台にいずれ・・・。
おおぅ^^
大歓迎なり~♪
美味いもの食いませう~

7. おめでとうございます。

かなり世間が近くなってきましたねぇ。ちょうど同じ所を自分をやっているので親近感を感じます♪
先日「背が伸びたような気がします」と師匠に報告して失笑されましたよ。視野が広がるのがたまりませんねぇ。同じ生活圏の方にはワンチャンスを大事にしましょう。お互いね。

8. Re:おめでとうございます。

>ヒロさん
ありがとうございます^^
これは…実際やってみないと分からないものですね。
一度やってみると、怖れはもちろん強いのですけれど次に進みたくなりますw
ええ、与えられたチャンスは逃さないように致します。
機会ある度に…ですね?^^

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク