スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマについて補足をば。 今日は病院へ

今日は3週に一回の問診日でしたので、

いやぁ~な先生の居る病院へ行ってきました。



皆様がどのようなご想像をされるかわかりませんが、

医師との問診っていってもですね、何も話する事は無いのです^^



私の主治医は、

「どぅ? ここ最近で気分の落ち込み、体調の変化とかありましたか?」

といつもこんな感じで聞いてきて。



私は何も無ければ何も無いと言いますし、

何かあればお話はいつもしています。



その私の主治医は、

私の話に対して何か答えを出したりとか、

または私から何かを引き出そうとしたり、とかは一切しません。



ただ黙って聞いているだけです。

そして二言三言やりとりをして、



「それではまた次回ね^^」

と先生。

「は~い^^」

と私。



今までの平均問診時間、2分くらいかしらん??

ま、私の場合そんな感じです。



でも今日は主治医に対して、

私は初めて謝意を述べてきました。



私は初診の時は

「こんな偏屈な医者、2度と顔もみたくねー」と、

そう思ったのです。



今までも何回も問診で通っていたのですが、

御礼を言う気持ちとかは全然なくてw



でもなぁ…

今にして思えば、

この医師に巡り合わせて頂いたことにやはり感謝の念を感じます。



そんなんで謝意を述べたらその主治医は、

私は何もしていない、と。



確かに何もしてないですねぇ~。

それは知ってる。

もの凄いほっとけだもんねぇ、先生w



でもそれがいいんだっちゃ。

何もしない事って、一体どれだけの医療従事者に実践できるのか…



この先生、私の初診時の事をしっかり覚えていました。

私の表情、態度、心の状態。



あの時こんな事思ってたでしょう?って。

そして私の話を聞いてこう思ったでしょう?って。



ええ、そーですよ。

間違いなくそう思ってましたよぉ^^;



あははw



その問診の後、GAのチラシを持って入院していた病棟のNSステーションに。

ここではちょっと恥かしくて書けない事ですが、

私にはとても嬉しく、そしてありがたい事がありました。



感謝^^



そして病院を後にしたのですが。



私は今までは自分の入院していた病院に対して、

仮の住まい、みたいな考え方をしていましたし、

回復に有効なものは病院ではなくGAである、とそう思っていました。



実際医療機関に行っても、自助グループに通うように指導はされます。

治療も出来ないんだから、お宿の代わりだよねぇ…と。



特にギャンブル依存症の場合、

アルコールや薬物と異なり、離脱症状で点滴うってもらうこともないし。



私は医療機関を言葉が悪いですが馬鹿にしていました。

私は一つの木だけを見て、森を見ようとしなかった。

医療というものに対して、

自分だけの、私だけの価値観みたいなものがあるのです。



それもまた私のズラ。



そう最近思ってたので、

今回のテーマに勝手ながらしてみました。

通院・入院歴のある方は書くことが出来る可能な範囲内で是非書いてみて下さい。



今回も共通のテーマにしていますが、

私はGAにご家族の方が見えられて、その方々とお話をした時、

まずできればギャマノンに行かれてみて下さい、と言うのと一緒に、

宜しければ病院にも診療を受けに行かれてみて下さい、と言っています。



ご家族の為だけに出切る事を、病院で行っているのです。

私達のギャンブルで疲弊し尽しているご家族にこそ、

本人以上に早急な治療が必要である事が多いと思います。



依存症本人である私が、

このような事を申し上げるのは心苦しい事なのですが、

貴方を困らせている人を病院に行かせるのではなく、

貴方自身の治療の為に…という観点でテーマを出しています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

1. こんばんは。

日々たくさんの患者を診てる先生が 初診の事を覚えてくださってるなんて…すごいですね。 短時間でも診てる所はしっかり診てる。 私の主治医も同じように気の長い人です。 薬もできるだけ出さない 命の危険以外は 決して何かを強いたりしません。 そのことに苛々した時もありましたが ほんと そういう治療は先生にとっても大変な事だなとわかってきました。 薬や命令する方が楽ですよね。 以前歯医者に通った時ふと思いました。 歯医者はだいたい削ったら悪い部分がなくなり 先生も治したぞ…みたいなある程度のすっきり感を得られるのに 精神科の先生は そういうこともなく 診れば心配も募る なかなかすっきり完治が目に見えない…なんて辛い科なんだろうって 思いました。 なんか長々すみません。

2. Re:こんばんは。

>よるさん
精神科の先生になってみないとそれは中々わからないでしょうね^^
私GAやっているでしょう?
私が嬉しいなぁ、とか議場開けていて良かったなぁ、とか思う時は、自分の事を話している時のその人自身に対する何気ない一言だったり、
そのメンバーの態度や表情だったりしますよ^^

3. そうなんですね~。

主治医は 診察室に入ると「よく来た、よく来た…」と まるでおばあちゃんちに行った時みたいな感じで そのことを褒めてくれます。
遅くなりましたが… ブログを通してヨハンさんのこの一年に接する事で、いろいろなきっかけをいただきました。 ありがとう。

4. Re:そうなんですね~。

>よるさん
あはは^^
それは優しい先生だw
私の主治医は…

あはは~^^;

話は変わって、きっかけ?ありがとうぉ??
おおぅ、とんでもない~ぃ。
いつもお付き合い下さってありがとうございます^^
いつかどこぞで会ってさー、お茶でもずずっ~うぅぅと飲みませう^^

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。