動かなかった自分


自分からなかなか動けない。

いや、動こうとしなかった。

私は1年前に膨れに膨れ上がった借金を任意整理した。

合計で9社。無担保ローンが8社で不動産担保ローンが1社。
全て消費者金融から。
元金と利息分を合わせて550万円の借金がある。


再生を誓った1年前、GAに行こうと思っていた。

でも行かなかった。

理由は私の仕事の為。


仙台のGAは毎週土曜日の午後7時から9時。







私は先月まで新築分譲マンションの販売をしていた。

土曜日は稼ぎ時。営業時間は夜7時まで。11時近くまで接客する事もよくあった。

また日曜日の来場呼び込みの為9時までは電話営業をする。

私の職場は少し特殊だった。
私が所属した会社は販売会社。大体はモデルルームで勤務する。

通常は販売会社だけで営業をする。今までもずっとそうだった。

ただ去年から今年まで販売したマンションは、売主(マンションを作った会社)と一緒にモデルルームに勤務して販売した。

私達は下請けの立場になり、私は販売責任者だった。

私の会社の人間は私のギャンブルが問題である事を知っていたが、売主側はもちろん知らない。

言える訳もなかった。
営業成績が上がらない中、土曜日に下請けの責任者が早くあがり、GAにでる事は私の中では踏み切れなかった。

この時は前にお花見の記事でも書きましたが、絶対に貢献したいとの思いが強く自分を直視していなかった。

とにかく売り上げをなんとかしなければ。

その思いだけだった。


自分の問題を直視せず、結局GAにも繋がらず、私が原因で前以上の損害を会社に与えて解雇された。


今振り返れば、本末転倒も甚だしい。

ただその時は、
生活を維持する、
社会人として会社へ貢献したい、
借金を返す、
ギャンブルを止める、と思っていた。

現実的に養うべき家族がいた。
私を使ってくれた会社があった。
やりがいのある仕事があった。
頑張りたかった。






でもダメだった。







家族を養う事も、仕事を続ける事も、会社に恩返しする事も全て何も出来なかった。
全て逆の結果になった。







ギャンブルの為に…







しがらみを断ち切ってギャンブルに向き合う事はできなかった。



そして依存症という病気の恐ろしさを知らなかった。


もし1年前にGAに繋がっていればどうなっていたか…。

正直分からない。
1回でただけで行かなかったかもしれない。

もしかしたら繋がり続けて、気付きがあったかもしれない。


今振り返っても過去には戻れない。


事実として私はその時に動かなかった。


本当の問題を野放しにしていた。

私の生き方が病気だったから、ギャンブルに走った事を分かっていなかった。

生き方を変えなければまたギャンブルに戻ってしまうのは当然だ。


私達がかかっているこの病気は本当に恐ろしい。

そしてその恐ろしい病気にかかっている事を自分で分かろうとしない。

しがらみなんかにかまっている場合ではない。



自分しか自分を認められないのだから。



あなたは直視できていますか?

問題の本質に…



生活があるから、食って行かなきゃいけないから、分かっていても何も出来ないと思っていますか?




私はそうでした。






認めて下さい。自分の本質を。

考えて下さい。自分の未来を。


あなたの未来は明るいですか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

1. 私にもあてはまる

読んでいて自分の事考えさせられました。

感じたのは依存する人達は生い立ちに問題を抱えてませんか?

何か根本的な問題があって何かに依存するのではないかしら?

私の場合はそうです。
私は今、自分の過去と闘ってます。

奥さんにメールした?
(^-^)

2. う!……………

すみません……

まだです………




れなさんいじめないで下さい……

したらコメ入れますから……

ん? 何故れなさんに報告?

まっ、いいんですけど。


私はなかなか素直ではないのです。

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク