スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族向けセミナーご案内&ギャンブル依存症認知UPの為の協力願い


日本で唯一のギャンブル依存症の中間施設が、利用者増加に伴い対応に迫れています。

今までは受付から入寮や通所まで、時間はかからなかったそうですが、今後待機日数が出る可能性があるそうです。


中間施設とは、本人の依存症の回復から社会に復帰するまでのトータルサポートを行います。


アルコール依存症ではマックが、薬物依存症ではダルクになります。

※マック、ダルクについてお知りになりたい方はこちら へ。


マックもダルクも全国各地にありますが、ギャンブルの中間施設は関東にひとつしかありません。


ギャンブル依存症は、ギャンブルをすれば誰にでもなる可能性のある病気です。

そこかしこに公営ギャンブルやパチンコ屋がある日本の社会を鑑みれば、到底数が足りていません。


またGAも全国的に広がっていますが、例えば私の居住している宮城県のお隣、山形県や近畿地方では奈良県等にはまだGAがありません。


ギャンブル依存症は、他の慢性疾患と同じく早く対処すればするほど、失うものは少なくてすみます。


先般のホール放火事件や、ニュースでよく聞く横領や詐欺・窃盗事件では、その金銭を「遊行費に充てた、借金の支払いに充てた」等、ギャンブルに問題があって犯行に及んだであろうことが推測できます。


マスコミの報道も、「依存症」かもしれない・・・といった見方や取り組みがされておらず、まだまだギャンブル依存症の社会的認知は低いと言わざるを得ません。





ところで先日の放火事件は、私達は加害者にも被害者にも十分なりえたはずです。


難を逃れることができたのは、「たまたまその日、賭けていなかった」


ただそれだけのことです。



私はニュースを聞いたときは、以前も書きましたが怖かったです。


本当に不謹慎ながら、被害者の方々のご冥福云々よりも、自分がもしあの場所にいたら・・・そっちの事にしか頭が働きませんでした。


今もパチンコのハンドル、スロットのレバーを叩いていたら間違いなく私は逃げることなど無く、無表情で打っているはずです。


今日現在は、賭けない一日を過ごしていますが、自分でギャンブル依存症である事を忘れた時には、また賭ける日々を送ってしまうでしょう。



私達は誰一人として、今自分がギャンブル依存症であることを忘れてはいけません。


嘘を重ね、

目もうつろ、

朝が来る度に重い気持ちになり、

借金を重ね、

何をしても満たされない、

ギャンブルに逃げ、

ギャンブルに支配され、

そして毎日死ぬ事を願った。


あの日々にもう戻りたくない、その思いで禁ギャンブルをしているのに、少しでも賭けない日を過ごし続けていると私達はその事を忘れていってしまいます。


ちょっとした事に幸せや喜びを見出し、平穏な時を過ごし始めると、あれだけの事も忘れていってしまいます。


依存症は、心の病であると同時に生き方の病です。

生き方を変えていくのは一生をかけての仕事です。


今禁ギャンブルブログを書かれて共に回復の道を歩んでいる大切な仲間達は、今一度自分がこのブログを書こうとした気持ちを思い出してください。





そしてこのブログでの皆さんの活動が、社会的なギャンブル依存症の認知拡大への助けに必ずなるはずです。


たかがブログ、されどブログです。

今日の日本で、ブログの影響力はバカにできません。


ギャンブル依存症のブログが増えていく事は、悲しい社会の現実を知らせてくれる、ギャンブル依存症の社会的認知の拡大、そして私達依存症本人の回復に非常に効果があります。


自らのための回復行為は、全体の一体性に必ず結びつき、そして自らに還元されます。


社会的認知をあげる事も私達の回復の為にはやっていかなければならない事です。


皆様には引き続き、禁ギャンブルブログの継続運営を心からお願い申し上げます。





さて、最初にご紹介したギャンブル依存症の中間施設ですが、8月30日(日)に名古屋でセミナーを開催する予定との事です。※詳しくはこちら をご覧ください。


セミナーのテーマは「ギャンブルで借金、離職、失踪・・・そのとき家族はどうする」です。


このセミナーはギャンブル依存症本人は参加できません。

ご家族や、法曹関係者、一般の方々のみを対象にしています。

中間施設からのメッセージは下記のとおりです。


━─━─━─━─━─

近年「ギャンブル依存症」とい言葉が知られてきており、「病気である」ことや「GAに行くこと」が有効であることも周知されています。

しかし、実際に回復に導くためには、ご家族や周囲の方が単に「手放す」だけではなく、本人へ介入することが必要です。

私たちはこの活動を9年間継続してまいりましたが、その中で個別性を重視した支援が大切であることがわかってきました。

当初は「GAに行っていればよい」という考え方でしたが、今は「GAが合う人」には12ステップの基礎を伝え、「GAが合わない人」にはその人がギャンブルをやらないで生きるスキルを学んでもらうプログラムを提供しています。

先駆的にギャンブルの問題を支援している施設として、最先端のプログラムと考え方をお伝えすることが、このセミナーの目的です。

━─━─━─━─━─


もし中部地方にお住まいの方で、家族・周囲の人のギャンブルの問題で悩まれているという方がいらっしゃいましたら、ご参加されてみてはいかがでしょうか。


ご興味がおありでしたら、入場は100名までとの事なので、こちら でお申し込み・お問い合わせをされてください。


このセミナーに関しての情報は、中間施設には許可を得ていませんが・・・・、まあ堪忍してください(笑)






今日一日 賭けない日を仲間とすごそう


分かち合おう その思いを



ランキングに参加しています。

今日の記事が役に立ったと思っていただけましたら、協力ポチをそれぞれお願いいたします

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

1. いつもありがとうございます。

いつも記事を読ませていただいて、すごく励まされています。それと同時にヨハンさんの記事を読んでいると夫がとても愛おしくなるのです。

離婚目前なのに「何を言うか!」と、自分に問いただしたい気持もありますが、

今回の記事の中に「目がうつろ」「無表情」という表現があります。夫が打っている時の姿を思い出しました。今の夫はこの上なく最低です。でももしヨハンさんや他の回復の道を歩んでいる方々のように夫も回復してきたら?そんな思いが抜けません。今回ご紹介にあった名古屋のセミナー。子供4人もいるので参加はできないんですが、失踪した時の対処の仕方ご凄く気になります。行きたかったです(。>0<。)

2. いつもありがとうございます^ ^

>ゆうちゃんさん♪

私のような悪魔の化身…というか、悪魔そのものがまさか今日のような記事を書く事など、自分自身思いもよりませんでした。


私が今日こうしていられるのは、間違いなく家族のお陰です。私の家族に心から感謝しています。


ところでセミナーですが、一回限りかもしれませんし、もしかしたら他の場所でも開催されるかもしれません。

宜しければ中間施設にお問い合わせされてみてください。

セミナーの内容は、今までの評判を伝え聞く限りでは、内容のあるものになると思います。

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。