スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ギャンブルをはじめたきっかけと禁ギャンブルを決意したきっかけ」

ケンタさんyuukoさんともさんサルさんサトシさんマサキ↑さんミライさん進志郎さんないちゅさんまぱちさん が参加しています。

是非、他の方々の経験を分かち合ってください。


ご参加いただいた仲間達へ心から感謝します!!!



ギャンブル依存症のヨハンです。


私がギャンブルをはじめたのは、高校一年生の時です。

ちょっと大人のふりをしたいというか、ちょっと悪いことをしたいよいうか、そんな感じで罪悪感などは無しでわくわくしていました。


当時、仙台駅前のプレイビルというビルの1階にパチンコ屋がありました。そこでやったのを覚えています。

ビッグシューターという平台を打ちました。

500円で当たり玉がいっぱい出てきました。

たかだか6~700玉ぐらいでしたが。

自分でもびっくりしてすぐに流して、紙袋いっぱいのカセットテープに交換しました。



「パチンコって楽しいんだなぁ」というのが私の最初の印象でした。



この話を高校でもして、友人達といくようになりました。

私が高校生くらいのときは、映画「ハスラー2」の影響でビリヤード場が仙台にもいっぱいありました。

パチンコで勝った分は、ビリヤード代と次のパチンコの資金にまわしていました。


もうこの時から、私はパチンコで文無しになるまでやっていました。

文無しになった時は親にお金を落としたとか、盗まれたといって嘘をついていました。


もうこの時から多分私は依存症にかかっていたのだと思います。



最初の禁パチは、高校3年生の時です。

この時の動機は将来への不安でした。

高校3年生になる前まではとにかく遊んでいましたので成績は下から数えた方が早かったのです。

そして私はその時まで、勝手に「大学には何もしなくてもいけるんだ」と思っていました。


私は人からみれば多少なり裕福な家庭に生まれ育ちました。

私が望めば父も母も大学進学には反対しませんでした。

で、私はすっかり大学に行く気になっていたのですが、肝心の成績が伴っていませんでした。

クラスメートはほとんど私より成績が上。

そして私が通っていた高校は、進学校でもなんでもない県立高校。


さすがに私は危機感を覚え、自ら勉強を始めました。

この時に「パチンコもやめよう、時間も金ももったいない。」と人生初の禁パチを決意しました。

この禁パチは大学に入学してほどなくスリップしていますが、考えてみれば2年半近く止まってました。



その後は、禁パチしてはスリップの繰り返しです。

禁パチを決意する理由は私の場合は金銭の浪費より自分と自分以外の人を見たときの喪失感、外圧による理由が多かったです。



私自身はお金に困った事がありませんでした。家計の状態に関わらず自分でそう思ったことがないという事です。

文無しになったとしてもそれは一時的なもので、両親から守られている事に甘えていました。



考えてみれば私が今の状況に至る原因になったのも外部からの圧力です。

その原因をつくったのは私なのですが、自分から動こうとはしませんでした。

それは自分を見たくなかったからです。逃げたかったからです。

その状態から逃避できなくなるところまで自分で行って初めて禁ギャンブルを決意しています。

私の禁ギャンブルの決意は、現実逃避と自己嫌悪から来ています



↓は「逃げて逃げて嘘をついて、そして疲れ果てた……」 で以前書いたものです。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

私は去年の2月に家族に借金がばれました。
自分から申告したのではなく、ばれたのです。

私が今も抱えている550万円の借金は3年前の秋頃には、既に返済が滞っていました。
原因は全てギャンブルです。
私は合計9社から借入れしています。
返済が滞るとすぐに私の携帯に、督促の連絡がかかってきました。


「来月には返済致しますので、猶予を下さい」と返す宛てもないのにお願いをしていました。
この頃は、既に借入れ枠はゼロで、他の未利用の消費者金融に手当たり次第に申し込みをしましたが一社も借入れ出来ませんでした。


私はこの時に車を売却しました。まだ8000kmしか走っていない車です。
大きなお金を自分が手に入れる事ができる唯一の手段でした。
私はすぐに大手中古車買取店に持っていって150万で売りました。
この時に、家族には車の調子が悪くなったので修理に出したと、売った後に嘘の報告をしました。
決断から売却してお金を受け取るまでの期間は1週間弱でした。

私は家族にばれる事まで考えていませんでした。
ただただ返済の督促を逃れる事しか考えていませんでした。



そして車の売却代金150万を手にした私は、消費者金融へ先月の延滞分と今月の支払い分だけを払いました。
まだ120万手元にありました。
全て返済に回そうなんて最初から思っていませんでした。
そう…、増やせませんから……


返済を終えた私はすぐにそれを元手にして、パチンコ屋に向かいました。
来る日も来る日もパチンコ屋にいきました。
勝ち負けを繰り返して、そのお金は1ヶ月で無くなりました。
3年前の11月の話です……

そこからは本当に一銭も払いませんでした。
督促の電話はひっきりなしにかかってきました。
私は怖くなって、知らない番号からの着信には一切出なくなりました。
次に家に督促のハガキが届くようになりました。
最初は妻が見つけました。
私は知らぬ存ぜぬでしらを切って、「何かの間違いだろう。問い合わせするから。」
と言ってハガキを手元に取り返しました。
そこからは、毎日早朝と深夜に、メールボックスを確認する事が日課になりました。



何回か妻がハガキを受け取る事もありましたが、
その度に私はハガキを預かり「個人情報が利用されているのかも知れない」などと返事をして、嘘を付き通しました。
しばらくすると消費者金融は宅訪してきました。
私は営業職でしたから、日中は不在です。
その日中に私の家に来て、インターホン越しに「社名を名乗った上で私がいるかいないか」だけ聞いてきたと妻が言ってきました。


いよいよ私は借金から逃げられない事を知り、そこからどうしようか考えました。
この間も私は何食わぬ顔で、パチンコ屋にほぼ毎日行っていました。
自分のお小遣いの3万円を使い、足りなくなれば急な出張とか嘘をついて家計からお金を引っ張りました。
督促・パチンコ屋通いがその状態のまま2年前の正月を迎えました。



消費者金融の宅訪も酷くなり、流石に隠し通すのも厳しくなった時に、決断して司法書士に電話しました。
借金でにっちもさっちもいかない事を切々に語りました。
司法書士は丁寧に聞いてくれ、私に手続きを依頼して受任通知を債権者に出せば、督促はもう来なくなる旨伝えられました。
私は非常に安堵してすぐに手続きを開始しました。
司法書士は私に民事再生を勧めてきて、尋ねました。
「不動産担保ローンはご利用になってませんか?」と。



私は不動産担保ローンがあると民事再生が申請できない事を知っていました。
そして私は、一社から既に200万円を借入れしていたのです。
この事を私は司法書士に伏せました。

心の中では、「もしかしたら民事再生ができるかもしれない。
また今自分に不利な事を言ったら断られるかもしれない。
でもとりあえず督促がストップすればどうでもいい」と思って、すぐに手続きをお願いしました。


その日は、心晴れやかにパチンコ屋に行った事を今でも覚えています。
その司法書士からは、毎月5万円づつ入金して下さいと言われました。
その時の私の返済額は月に13万円でした。
私は喜びました。
8万円も少なくて済むと…そして小遣いは3万円です。2万円も足りないのに私は喜びました…

私は増やす気でした。パチンコ屋で…

司法書士は東京の方で直接のやりとりはこの時だけでした。
そして督促はピタリと止まりました。
得も言われぬ解放感で私はいっぱいでした。
「もう借金の督促はこないんだ」と本当にほっとしました。



依頼してから3ヶ月は、たまたまパチやスロでプラスになり5万円づつ入金が出来ました。
4ヶ月目からは負けが込みはじめ、入金が出来なくなりました。
それでもパチンコ屋には通い続けました。


その間、支払いが遅れている事は頭にあったものの、司法書士から入金督促の連絡も一向に無く、私はそのうち司法書士への入金をする事すら逃げはじめました。
家族は督促が止んだ事で、私の言い分を無理矢理納得していました。

この間、車はまだ修理中です…

そして2年前の秋以降、司法書士から連絡が来るようになりました。
私は入金していない事実、最初に嘘をついていた事実があり電話に出ませんでした。
何回かかってきても、私は出ませんでした。
もう司法書士からの電話は、私にとって消費者金融からの電話と一緒でした。

怖くてたまらなかったのです…

その内、会社に一本の電話が私宛てにありました。
私が留守の時に司法書士から連絡があり「明日までは待ちますから、必ず電話を下さい」という内容でした。

私は電話をしませんでした。
そして本当に逃げるようにパチンコ屋の雑踏の中に入っていきました…

しばらくして、知らない番号から沢山の着信が入りはじめました。

消費者金融の宅訪も再開されました。

私は全てから逃げました。
嘘を突き通しました。

そして私宛てに一通の書類が簡易書留で届きました。

差出人は「東京簡易裁判所」
私は借入れ先の一社から訴えられました。
封筒の中には、出頭命令と起訴理由、消費者金融との契約書のコピー、裁判所の場所が書かれた地図が入っていました。

この時には家族会議を開きました。
私は詰問されました。
「一体いくら借りてるのか。この訴えでは30万円だけど、こんな訴状が来る時点でまあ最低でも10倍以上の借入れをしているはずだな」と…
家族の質問はどんどん続きました。
起訴の事、取り立ての事、異様に多い出張や急な金銭のむしん、いつまでも返ってこない車…


私は全て、全て知らないと突っぱねました。
証拠もこれ以上ないくらい揃っているのに、嘘をついてついてつきまくりました。


こんなに借金をしていた事、

その原因がパチンコとスロットでつくった事、

家族を騙していた事、

会社にもほとんど行っていなかった事


全てを知られたくなかったのです。

逃げたかったのです。


言い続けました

自分は知らないと…

何かの間違いだと…




でも訴状が出ています。

結局兄の知り合いの債務整理が得意な弁護士に依頼する事になりました。
家族の主導で…です。

そして私もこの頃は督促に疲れ、パチンコ屋に行っても虚しいのに止める事が出来ず、ただただ疲れ果てていました。

そして家族に私の信用情報が取れるように委任状にサインをしたのです。
行動がもうめちゃくちゃでした。

そして3~4日後、弁護士事務所に家族で出向き、私はそこでも知らぬ存ぜぬを弁護士に対してもしましたが、家族がとってきた私の個人情報がつきつけられて、遂に私は自らの借金を家族の前で認めました……

これが私の金銭的な底尽きでした。

そしてこの10ヶ月後に私はパチンコ屋にいます…。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



これが今から見れば最後のスリップです。


金銭的に底尽きをしても、私はギャンブルを止めることはできませんでした。


私が禁ギャンブルを本当に決意したのは、


家を失い、職を失い、そして家族と離れる事になった事からです。


私が今までごく自然にあると思い込んでいた日常が崩れ去った時でした。


現実から逃げられなくなったからです。


そこまでしても、ギャンブルを諦めたくはなかったのです。




ありがとうございました。


以上ヨハンからの経験の分かち合いでした。


今日一日 賭けない日を仲間とすごそう


分かち合おう その思いを


ランキングに参加しています!

この記事が少しでも役にたったと思って頂けましたらポチッとお願いします!

励みになりますγ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ


人気ブログランキング
にほんブログ村 依存症
にほんブログ村 借金・借金苦














コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

1. 僕はまだ駄目です

僕は妻(千紗)のギャンブルブログであるように、吉村から狂ったようにやるようになりました。今でもまだ我慢出来ても一ヶ月しか出来ませんでも頑張ってやめようと思います。

2. Re:僕はまだ駄目です

>雄一郎さん♪

投稿ありがとうございます!

1ヶ月もですよ!!

1秒、1分、1日でも止めたいと思う気持ちが何より大事だと思っています。

一緒にがんばっていきましょう!!!

ありがとうございます!

3. すみません

吉宗を吉村と書いてしまいました、ちょいミスをしてしまいましたm(__)m

4. わかっていますよ♪

>雄一郎さん♪

大丈夫です(^∇^)

私も将軍様にはいろいろ思い出ありますからw

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。