スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現人神

今日は思った事をつらつらと。

棚卸しは自分の側の過ちだけを見つめるものです。
ですので棚卸しをしてもすっきりしないということがあれば、自分のではなく他人の棚卸しをしていないかどうか、確認してみましょう。
これは自己流なのですが、そういう時は表だけでなく図も一緒に書くと良いです。

例えば・・・私AはBを恨んでいるというのであれば、

① ○    →     ○
  私A   恨み    相手B

といった感じで図を書きます。
次に恨んでいる内容を書きます。

例えば、Bが私Aを馬鹿にした、という内容であれば、

② ○    ←     ○
  私A   バカにした 相手B

という当事者の関係になります。
ま、当たり前です。
こういうケースだと自分の側の欠点を掘り下げて見つけやすい。

この次に考える事は、
バカにしたBに対し、それ以前に私AはBをバカにしたことはなかったか?

③ ○    →     ○
  私A   バカにした 相手B

ここで思い当たる事があれば「Bは私Aにバカにされたからやりかえしてきたのだ」という事がわかります。
そこまで分かれば、んじゃぁ何で私AはBをバカにしたんだっけか?と自分の側の欠点を探し出す事ができるようになります。
これはワタクシ的に「当事者の関係」と呼んでいます。


で、「ん??」となるよくあるパターンとしては次のようなものがあります。

例えば・・・私AはBを恨んでいるというのであれば、

① ○    →     ○
  私A   恨み    相手B

といった感じで図を書きます。


例えば、相手方Bが、私の友人の第三者Cをシカトしていたから、という内容だと、

② ○    →    (  ○     →     ○  )
  私A   恨み     相手B   シカト   第三者C

という関係になります。
自分が直接BなりCなりに行動を起こした結果として恨んでいる訳ではなく、カッコの中でくくられているBがCにした事に対して恨んでいるということが分かる訳です。
さて、この場合は何ができるのか?
私の側の欠点は何か?、です。

このようなケースの場合は、実はそれ以前に私AとBまたはCとの間に因果関係があるか、実際自分Aとはまったく何の関わりもなかったり、というほぼどちらか二つの結果になります。
因果関係があった場合には恨みの原因はこのケースではなくて、「当事者の関係」の図が書ける出来事がそれよりも前に存在しています。
でもって、実際何も関係なかったんだよねぇ~。。。というケースは自分から好きで勝手に恨んでる事がほとんどです。
ワタクシ的にはこれを「ピントはずれ」といってます。
他人の棚卸しとも言うし、裁くとか言う人もいます。

ピントはずれから見つけ出せる欠点はもちろんありますけれど、大体は「当事者の関係」を隠すために湧いて出てくるものなので、苦しい時とかモヤモヤしてる時に無理して棚卸しをするとこういうのがわんさか出てくるようです。

なのでそんな時は棚卸しの目的を思い出す事が必要です。
平安の祈りを唱えて、一息入れて、その後に棚卸しをしましょう。
変えられないものを変えてしまえるものだと考えたり、変えられるものを変えられないものと思ったり、自分には最初から見分ける賢さも落ち着きも勇気もないのだという事を思い出す事です。

私の意思ではなくあなたの意志が行われますように、と祈ってから棚卸しを行いましょう。
それを行うだけで随分棚卸しの精度は変わるはずです。
少なくとも私にはとても効果がありました。

さて、次に埋め合わせを行う時は埋め合わせをする事自体を目的としないように、です。
埋め合わせは自分の為に行うもの、自分の欠点を正すために行うものです。
利己的な感情がないかどうか、祈って確認してください。

ですので埋め合わせは自分がごまかしたい、と思った事をそのまま相手に伝える必要があります。
前記事で言えばおにぎりを破棄したらおにぎりを破棄した事と破棄してしまった理由を相手に伝えなければいけません。
一番は破棄してしまった理由です。
それが自分が一番言いたくない隠したい事で、それが自分の欠点です。
それを正すための埋め合わせである事をお忘れなく。

ただし、埋め合わせをする事で他の人々を新たに傷つけてしまうような恐れがある場合は、誰かに相談の上、違うやり方で補填するのも当然ありです。

棚卸しをするにも埋め合わせをするにも、常に邪魔をするのが自分は現人神である、という考えです。
言葉を変えれば自分の都合のいいように考える、という事です。それもまた私たちの欠点です。

さてさて、最後にグチを少し言えば最近ミーティングがちょっとつまらんのです。
がそれはもう数年来の私の問題なのでしょーがないのです。
自分の見方次第で相手に対する印象はまるでかわるものですから、自分が好意的に見ている間は欠点は隠されます。
ですが自分が反感を持つようになれば今まで見ようとしなかったものが見えるようになったり、今までは全然気にもしなかったものが無性に気になるようになったりと、とかく悪い方向にしか物事をみようとしなくなります。

最初の棚卸しの話ではないですけど、自分の欠点を見たくないから他人の欠点をあげつらう、といったようなそんな感じなわけです。
好意的に見ていた時には散々お世話になっていたくせに、見方が変わるとそんな事はすっかり忘れて恨み節しか出てきません。

やはりそれも自分の問題なのです。
スポンサーサイト

おにぎり

今日話した事を忘れないために、おにぎりの話を書いておきますか。
肉体と精神の病、理解がやる気を呼んでくる、棚卸しの前に平安の祈りを、分析すること、祈ること、なぜ埋め合わせをする?、そこまでして埋め合わせしたいの?と本日色々話した事を心が折れそーになったら思い出して頑張って下さい。
自分の行動の責任を取れるのは自分しかいません。
もしあの時に喋れていたらどんなに今楽になっているか・・・、と今日自分がそう思った時の気持を忘れないようにして下さい。

さて、私の話です。
GAに繋がって一年のバースデーを過ぎて桜が咲く頃の話ですから今からちょうど4年前、とあるコンビニで働いていた時の事です。
あるお客様からおにぎりを暖めてほしいと言われ、私は分かりましたと言ってレンジにいれて暖めました。
ドリンク類も買われていたので袋を別にしておにぎり以外の商品を先にお渡ししたら、そのお客様はおにぎりの事を忘れて立ち去ってしまいました。
私もありがとうございました、と挨拶をしておにぎりの事はすっかり忘れてしまっていました。

それから1時間ほど過ぎたでしょうか、また別のお客様からおにぎりだったか弁当だったかを温めて欲しいといわれ、わかりましたと言いながらレンジの扉を開けた時に入りっぱなしになっていたおにぎりを発見しました。
「あっ!」と気付いたのですがお客様はもういませんし、一度暖めてしまった商品なので棚には戻せません。建物内にあるコンビニでしたのでしばらくしたらお客様が戻ってくるかもと待っていたのですが私が勤務している間は戻ってきませんでした。
このままおにぎりを保存して上司に渡し忘れを報告すればよかったのですが、信頼はされていたもののミスにはとても厳しい上司でしたので、上司からの信頼失墜と叱責される事の両方を恐れた私はそのままおにぎりを廃棄しました。
お客様も戻ってこないし次に来店された時に指摘されたら新しいおにぎりを渡せばいいやと考え、このまま今日のミスの事は無かった事にしようとしました。

そしてその日の勤務はそれで終わり家に帰ったのですが、帰宅後携帯を確認したら店から着信があった事に気付きました。
もしやと思ってかけ直してみたら、案の定おにぎりについて、でした。
お客様から問い合わせがあって、おにぎりの暖めを頼んで受け取り忘れたらしいんだけどさ、よはんさん覚えある??と。
「・・・ありません。」
そしたら、ん~分かった。ま、お得意さんだから新しいおにぎり渡しておくわ~。じゃねー、と言って通話終了。

あれだけ嫌だと思っていた事・・・またやっちまった。
また嘘ついちゃった。。。
ステップもこの時には9まで終えていて自分としてはとても充実感を味わっていた時だったのです。

この日は結局一睡もできませんでした。
よほど情けないやら悔しいやら恥ずかしいやらと思っていたのでしょう。当時はこのブログで身の回りの事を何でも書いていたくせに、今探してみたらこの事だけは書いてないのです。
でも黙っていられない性質なのでホームのミーティングでべらべら喋ったのは今でもしっかり覚えています。

次の日、店に行ってウソをついてしまった事を話しました。上司には相応の失望を与えてしまいましたが私の肩にずっしり乗りかかっていたものは消えてくれました。

同じような事が実は先週もあったのですが、先週は捨ててしまった後に自分から捨てちゃいましたと暴露してしまったので自分に対してのキズは浅くて済みました。
恥ずかしい思いはしましたがその場で終了、後から発覚を恐れてビクビクする必要はないです。
しかしながら相応の失望を相手には与えてしまったので地道に一つ一つの業務をこなしていく事で新たな信頼を頂ける様頑張っていくしかありません。

自分はそういう人間だと思われてしまうのはしょうがない事。
だってやってしまったのだから。
そこから、そこからです。

そこまでして埋め合わせをする必要があるのか?と思った時は、一拍おいて平安の祈りを唱え、その後に一体自分の何が悪かったんだっけ?、その悪かった事が今までどれだけ自分の生活を圧迫してきたんだっけ?となぜ?なぜ??と自分に問いただしていって下さい。
そして冒頭に書いた、もしあの時に喋れていたらどんなに今楽になっているか・・・と本日思った事を思い出して、イメージしてください。

あんたがやらんで誰がやる?ですよん^^
それにもう一人ではありません。
未熟者同士、互いに励ましあいながら頑張っていきましょう。

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。