スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見分ける賢さ

平安の祈りにはこう書かれています。

神さま、私にお与え下さい。
自分に変えられないものを受け入れる落ち着きを
変えられるものは変えてゆく勇気を
そして二つのものを見分ける賢さを
私の意思ではなく、あなたの意志がかなえられますように。(12&12 P57)

一番最初に与えてくださいとお願いしているので、それ以降は自分がもっていないものが書かれています。
例えば自分が既にバナナを手に持っているのに、どうか私にバナナを与えてください、とは祈らないでしょう?
ですので、
①自分に変えられないものを受け入れる落ち着き
②変えられるものは変えていく勇気
③二つのもの(①と②です)を見分ける賢さ
は自分にはないものです。

平安の祈りの文言を読めばそのように書かれています。
そして「感情的に動揺したり、決断に迷ったときには、ひと息いれて気持ちを落ち着かせ、ただ静かに唱える。」(12&12 P57)

これは棚卸しに入る前の心の準備です。
私たちのすべての問題が、意志の力の誤用であった。
意志の力の誤用とは、人に頼らないでも能力さえあれば自分の問題は自分で解決できるという考えのことです。
それで今まで失敗をしてきた事を自分で一度は納得したはずです。
その納得した気持が、人の事はさておいて自分の側にあった問題だけを調べてみよう、棚卸しをしよう、というやる気を起こしてくれます。

ですので棚卸しをする気持ちになるには一歩引いた、少し間をおいた呼吸、とでも言えばいいでしょうか、正直さと冷静さが必要です。
ですので前出の通り、感情的に動揺したり決断に迷ったときには、ひと息いれて気持を落ち着かせ、ただ静かに平安の祈りを唱える。

ああそうだった、自分には落ち着きも勇気も見分ける賢さもなにもなかった、どうかお導きください、という謙虚さを自分に思い出させてくれます。

自分が今向き合っている問題は人により様々でしょうが、賭けていない時にこそ私たちの病気の症状は現れるものであり、その病気の症状は人に頼らないでも能力さえあれば自分の問題は自分で解決できるという考えそのものです。
その解決のためのステップという道具です。
一度やれば大丈夫、であればそれほど楽な事はありませんが、私たちは大事な事もそうでない事も関係なく時間の経過と共にもれなく忘却してしまいます。
ステップもその対象です。
忘れてしまう事を忘れないように、です。
スポンサーサイト

忘れはじめる日はいつの事か

地震から3年。
自分の生活状況を振り返ってみればそれなりに時間は経過しているように感じますが、あの日という1点のみを振り返ってみればもうそんなに経ったのか・・・という感じがします。

強烈かつ止まらない揺れ、天気は晴れていたのにしばらくしたら吹雪、停電で真っ暗な街とは対照的に満天に輝く星々に埋め尽くされた今まで見た事の無いほど美しかった夜空。天地共にまさに異常な一日でした。

地震の爪跡が大幅に解消された仙台の中心部で暮らしている限り、地震の事を思い出される事はほとんどないと思います。
復興という掛け声が消えた事はありませんが、自分たちの非日常状態がどんどん解消されていくに従ってあの日の事は忘れていくのだと思います。

ところで私は今月よりとある会社の会社員になりまして。
入社したてなものなので東北各地の会社施設を新任視察という名目で回っておりまして、先週は南三陸や気仙沼にいってきました。
私はちょうど震災の年の夏にその時契約社員として入社した会社施設の被災状況確認のために何度か南三陸や気仙沼にいっていました。
以前見た時から約2年半経過しているのですが、パッと見た感じ街の街区に変化はほとんど感じませんでした。
変化を感じたのは活気でしたね。以前に比べて工事車両等の出入りが相当少なくなっていてかなり寂しい感じがしました。

実際沿岸部は人口が結構減少しています。
都市計画は進まない、整備の進まない街から移転する住人が出始める、人口が減少して税収が減少、ライフラインの値上げ、新たな負担増に残された住民の不満がつのる、都市計画が依然前進しない、このままの状態であれば居続ける事が難しくなり移転を考える、という循環が生まれてしまったのでこの荒涼とした感じはまだまだ続くのだろうな、と思います。

物事はある一面からだけしか見る事はできないので忘れるという事にも功罪両面がありますが、私は人が地震があった事を何かの拍子で思い出すくらいに忘れかけ始めた時に、街は活気を取り戻すのではないかと思っています。

人の歴史は忘却の歴史。
だから懲りないでバカな事も平気で繰り返すけれど、忘却を功として逞しく生きていけるのだとも思う訳です。

ブログ、見ています。

お陰様で5年のバースデーを先月迎える事ができて、今日はバースデーMを開いてもらいました。(私はすっかり忘れてた。)

ブログを見ていますよ、と知人から声をかけて頂くと気恥ずかしくなるのと同時に少し嬉しくもなります。
ですが、ブログを見ていますよ、という事を声ではなくて文字にして紙に書いて渡されると、
(*‘ω‘ *)ィャン
ってな感じでエラク恥ずかしい気持になります。
いやいや、書いてもらって嬉しいのですけれどね、書かれると意外と恥ずかしいものなのです。
色紙を見ながら一人で恥ずかしがっていました。

ここまで見られていると分かっているのであれば、ロマ佐賀はやめとくべきだったか。。。

2月は全然記事を書く気になれなかったのでほとんど更新しなかったのですが、今月は多少は記事を更新していきたいと思いますので今後とも宜しくお願いいたします。

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。