スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

step7は回復できるか否かの境界線なのだと今は思います。

7月も今日明日で終了ですね。
さて7月なのでstep7です。今回はかなり長文です。

1は問題を知る。
2は解決策と行程表を知る。
3は1・2を踏まえて、んじゃ~とりあえずはやってみるかと決心する。
(以降行程表に従う)
4は棚卸し表を作成する。
5は神ともう一人の人と一緒に棚卸し表を分析する。
6は5で明らかになった自分の欠点とにらめっこする。

今までの記事をざっくりまとめるとこんな感じでしょうか。
7は「私たちの短所を取り除いてくださいと、謙虚に神に求めた。」です、

愛すべき私の仲間たちは、大体この辺まで問題なくたどり着きます。
多少ごまかしても、ここまでは来れるから。
ただね、7はごまかせないところなのでここはシンドイところです。

愛すべき仲間と書きましたが、仲間達の苦悩の姿が強烈に自分の心に響くのです。
その仲間達の行動・考え・態度に自分自身を見つけてしまうので、やっぱり仲間なんだねぇ・・・、といっつも思う。(だからここは強迫的ギャンブラー以外の人が見たら全く違う考えと反応を見せるのだろうなぁ、と思います。)
だからここは頑張りどころなのです。

このステップが言いたい本当の事は何なのかは残念ながら今の私にはわかりません。
もともとこの記事は現状の自分なりの理解を残す目的で書いているのでその辺りはご了承ください。

自分の拙い経験上から言えば、このステップは「何かや誰かに頼らないでも、能力さえあれば自分の問題は自分で解決できるという考え」を諦めて、「自分を超えた偉大な力に頼る事」に自分自身が納得する事だと思っています。
これは本当はステップ1から3まででやるはずのものなのでしょうが、今の理解ではこれが7に来てしまいます。

ここでそう理解する理由ですが、6で示された欠点がそれだけショックだったという事なのですが、それ以上にショックなのは欠点を知ったにも関わらずそれを直す事ができない自分がいる事です。
自分で何とか出来ると思ってここまでやってきて問題まで明らかにしたのに、結局何も手を付けられずそのままになってるじゃないかー・・・。
・・・自分の問題は自分で解決できない・・・の・・・???
そしてこの後に控えるステップは埋め合わせの準備と実際の埋め合わせという現実の行動を求めるものなので、このままでは非常にマズイのです。

まさにその時、私たちは信仰の問題に直面した。この課題を避けることはできなかった。(BB P78)
という事になる訳です。

7で求められるのは純粋にその人自身の考え方の転換なので、周りの人間は4・5のように目に見えて出来る手助けをする事はできません。
そして考え方はその人の行動となって現れますので他人にも自分にもごまかしが利きません。
ですので非常にシンドイのです。

なのでここはガ・ン・バ・レ!
6・7を超えなければ8・9はまず失敗すると思って間違いないです。
正すべき誤りを6・7で認め、8・9でその誤りを正すために埋め合わせをする事になるのですから、6・7が出来なければ8・9は出来ません。
逆に6・7・8・9と自分自身精一杯誠実に行えたと思ったら、その時はその相手方に対しても、そして自分自身に対しても、埋め合わせは出来たという事になります。
私なりに埋め合わせを終えた時は、静かに、心の奥の方から暖かい何かに満たされて、それでいて少し痛い、そんな感じです。

失敗した事柄は戻らないです。これが痛みの元かな。
でもその経験は今から活かす事が出来る。これが満たされる何かかな。
埋め合わせをする度に、この人達に顔向けできないようなことは二度とするまい、とそう思うのです。
二度とやらないとは二度と言えぬ強迫的ギャンブラーですが、それでも二度とするまい、とそう思うのです。

さて、埋め合わせの話は次々回に回します。
話は7に戻して、私は自分がスポンシーとして初めてのステップを踏んでいた時は7はしれっと素通りしてしまっていました。
その時には私にとってかなり印象に残った出来事があったからなのかもしれません。

それが一度一通りステップ踏んで実際の生活で使用するようになってみてある程度時間が経ってみたら、何か7って実は超ムズなんじゃんか・・・と思うようになりました。
それからです、ステップも生き物なんだと、時間と共に理解も変わって当然、だから成長が出来るのだと思えるようになったのは。
そしてその前提として毎日の継続が不可欠であって、継続する事に終わりはない事が恥ずかしながら初めて腑に落ちた感じもしました(汗)。

ところで・・・私が小さい頃に亡くなった祖母がよく言っていました。
「米粒一つ一つには7人の神様(名称・年齢・性別不詳、住所不定)がいんだー。だから残しちゃなんねーし、ありがたく食べろ。」と。
え?、神様食べちゃっていいの?と思ったものですが、幼心に畏れを抱いた私は言われた通り手をあわせて頂きますと言って、コメは一粒も残さず(残せず)食べて、ご馳走様と手をあわせてから食事を終えました。
食事の度に言われたのでいつしかそれが習慣になりました。
今思えば祖母なりのしつけだったのかもしれません。

でもね、私は今も米粒には7人の神様がいると思ってしまっています。
ばーちゃんに一回質してみたい。ほんとに米粒には神様がいるのかどうかって。
スポンサーサイト

書き手の想い

このようなブログであれ何かの書籍であれ、書き手が文章を書く時は大なり小なり読み手の事を考えて書いていると思います。
私は・・・基本頭の中に浮かんだ事を垂れ流して書いているだけなのですが、それでもなるべく誤字脱字の無いように、後は出来るだけ文字数が多くならないように、それだけは意識して書いているつもりです。(それでも誤字脱字はあるし無意味な長文も多いですけどね。)

ま、そんな小学生レベルは論外であって、書き手が読み手に一番伝えたい事を簡潔明瞭に記し、併せて文章の内容・構成について綿密に構成されているものが普通に本屋さんで売られている本の中身であったり新聞の記事であったりします。

だからお金を取れるのだという話なのでしょうが、駄文をこうやって何年も書いているとそれがいかに難儀な事であるかを知ると同時に文章を書くためには日々勉強が欠かせないという事にも気付かされます。
日々勉強、日々勉強であります。

さて、今回このような前書きを書いたのも、前回の記事で教科書として紹介したアルコホーリクスアノニマス(通称BB)にももちろん伝えたい事があって、その伝えたい事が一番読み手に伝わるであろう順番で構成されていることに留意して頂きたかったから、です。
GA以外の書籍をご紹介している事について小難しい理由を申し述べれば、私はこの書籍を使用してギャンブルの問題からの回復を図ることが、現状私が居住している地域においても容易に取り組めて合理的かつ汎用性がある方法であり、個々が抱える問題の大小・質の違いはあれど、真剣に取り組めば一定の効果が見込めるものであるからであり、他の書籍で代わり得るものを私が知らないからです。
それがこの書籍をお勧めしている唯一の理由です。

もっとも・・・この本がここまで浸透しているのはそれが理由だと思いますし、それが本の作り手達が心から願っていた事なのであろうと思います。

さて、本には書き手の想いが込められていて、その想いが最も伝わるであろう順番で文章が書かれています。
ですので身の程をわきまえない物言いで恐縮なのですが、目次に書いてある順番通りに本を読みましょう。
伝えたい事ってなんだろな~、と思いながら前書きとか第○版に寄せてとかを読んでいくと、今までスルーしてた文字が急に目に付くようになるかもしれません。

医師の意見は私たちの精神・肉体の両方に問題がある、という問題の本質を記しています。
「問題を知らなければ解決しようがない」ので何よりもまずこの事を知らせています。
だからここを飛ばしてはいけません。
それに医師の意見では、自分達専門医がどうにも治療する事ができなかった患者達が、一人の男の話を聞いてからは感嘆しないではいられない変化を起こしたと書かれています。

だから医師の意見のすぐ後に、ビルの物語が書かれています。
本の読み手はこの時まさに患者の立場になる訳です。ビルが患者達に話したように、読者達にビルの物語が示される。
この本では全編を通じて文章の内容と構成がそのまま流れるように繋がっています。
伝えたい事を最も伝えられる順番で考えて作られています。

ですので、本には読み方というものがあります。
かくいう私も当時入院していた精神病院のNSに置かれていたこの本(ハードカバー版)を読んだ時はビルの物語と仲間の話のところだけを読んで後はほぼ全スルーしていました。
だって他に書いてあるところは読みたくなかったのね。神様云々書いてあったし、俺ギャンブルだからアル中と違って肉体のびょーきなんて関係ないし、ってそう思っていたのです。
仲間の話も何だか腑に落ちないようなところが結構あったので、一度読んでそれっきりでした。

そういう奴がそれからわずかしか経ってないのにこんな事を書いてるんだからおもろいもんです。

もう少し知識を仕入れたくなったら

一応前回の記事の流れからいきますけど、自分の問題を知りたい、と大なり小なり思ったけれどハンドブックは何せページも少ないし掲載されている情報量にも決して満足できないという方、またはGAとかは行きたくないけど書籍にはちょっと興味があるよ、みたいな方は依存症からの回復研究会の書籍をお勧めします。
webで注文できますので家から一歩も出ることなく本が手に入ります。
出版順は確か緑→赤→プログラムフォーユー→12ステップガイドブックだったと思います。どれでもお好きなものをどうぞ。どの本も言いたい事の趣旨は一緒です。
私は緑を随分読みましたが人によってその辺は変わるでしょうし、どれもお勧めです。

お勧めなんですが、上記4つの書籍は教科書じゃなくて参考書なのでまずは教科書を買ってくださいね。教科書はアルコホーリクスアノニマスという本でAAの書籍です。
なんでGAメンバーなのにAAの本を薦めるんじゃ~!、と言われそうですが、-y( ̄Д ̄)。oO○こまけーこたぁいいんだって。この業界でそれ以上の本をワシは知らん・・・知らんのじゃ!

出費はかさみますが、非常に有意義な出費になると思います。お勧めです。
心ゆくまで読みこんで下さい。

さて、他のスポンサー経験者さんはどのようになさっているのかはわかりませんが、最近からスポンシーさんにはごく簡単なレポートを書いてもらうようにしています。
それはどうしてかというと、ある程度までステップが進んだら積極的にスポンシーを募集してね(はあと)といつも言っているのですが、そう言った時には必ず反論がくるのです。
「えー、まだ無理だって。だって何をどう伝えたらいいかわからんもん」と言ってくるのです。

今まではそれでも分らないなりに自分でやってみてその過程で自発的に動く事で自分なりの理解を積み上げていけばいいと思っていたし、逆にこちらから教えるという事をしてしまうと、自発的に動かなくなるし、自分の考えをやんわりとでも押し付けてしまうのはまずいのではないかという思いと、自分の考えに自信がもてないし何かあったら責任とれないし、とかまぁ色々考えてその辺は相手の自発性に任せるという事にしていたのです。

で、図らずも手渡しの機会を結構もらってしまって今日まで来たら、スポンシーさん達の共通項が見えてきたのであー、それじゃやっぱだめなんだという事になりまして方針を転換しました。

新方針は一言で言えばスポンシーさんにカンニングペーパーを作ってもらう事です。
何をどう伝えたらいいのかわからん、という主訴に対しての解決策として、んじゃカンペ作んなさいよ、という事です。
本を丁寧に読めばピントがずれる事はあまりありません。
ずれていたらその時にこちらが修正すればよいし、理解が伴っていなければそこから再度やればよいだけだし、目に見えて判るからこちらも楽です。

それにこの作業の進捗と傾向を見ていれば、元になっているのが先天的な発達障碍の傾向が大なのか・後発的な強迫的ギャンブルの問題が大なのか、その辺も割りと見えてくるのではないかと思ってます。
例えば一見根気無しに見えるような症状は両方共通だけどその前後の状況や他の問題に取り組んでいる時の傾向を見てそれを積み上げていけばある程度推定はきくかと。

ところで私は自己診断本で自己診断していくといつも注意欠陥のカテに行きます。
で勉強とかではあまりひどくはないのですが、社会生活上では結構これが如実にでます。
ってか何でここで間違える?、というところでいつも間違えるので、本読んでてそのカテに行くと何かむしろほっとします(笑)

続きはまたそのうちに。

ミーティングに費やす時間はわずかでしかない

私のホームグループでは週2回2時間のミーティングを開催しています。
1週間は時間に直せば168時間。
ミーティングに当てている時間はそのうち2から4時間でしかなく、残りの164時間はミーティング以外の時間になります。

ですのでね、4時間のミーティングに通って回復しようと思うよりは、残りの164時間で「俺・・・頑張っちゃる!」と思って過ごした方がより多くの時間を自己の回復に向けて使うことが出来るから合理的でしょう?
そうやって1週間頑張って、ミーティングで仲間の顔を見てほっとして、んでもって次の1週間を頑張る力をもらうと。
現状でミーティングに求める役割があるとすれば、これが一番の役割だと思います。

私のホームグループのミーティングでは誰かが先生役で講義をする訳でもなく、実際に認知行動療法のようなものを仲間と共にする場でもなく、仲間の話を聞くか自分の話をするかだけの場です。
そういう場で学ぼうとするには主体的に自分から意味を求めていく必要が出てきますので、ビギナーにとっては少し敷居が高くなります。
併せてグループ全体で強迫的ギャンブルに対して勉強したりする事もしないので、何もしなければ知識もつきません。

ですのでミーティングに通って回復したい、よくなりたい、と思ってもそこは勉強の場でも実地研修の場でもなくモチベUPが主な役割の場ですから、目的からずれてます。
語弊はあるかもしれませんが、ミーティングに通うこと自体でよくなるという事は望まない方が良いと思います。
前述の通りでよくなれる要素が結構少ないのです。
人によってはそこから学んで自分で実践して変化を起こす人もいるのかもしれませんが、まず例外的な存在だと思います。それが出来る人であれば、この業界に足を踏み入れる事は多分ないでしょうしね。

ミーティングがダメだと言うのであれば、んじゃ~一体一人で何をせよというのか言われればまずはハンドブックを読み込むことをお勧めします。
あの例の水色の小冊子です。
19Pしかないですけれど、強迫的ギャンブルがいかなるものであるかの説明が書いてあります。
これを何回も繰り返して読む。
後は季刊誌の仲間の体験談とかもビギナーさんに渡していますので、時間があれば併せてそれも読むのも良いでしょうが、まずはハンドブックの内容を理解する事に努めることです。
8P ~14Pのあたりは平易で具体的で読みやすいと思います。

ギャンブルを止めたい、よくなりたい、と思ったのであれば一番最初にしなければいけない事は問題を知る事です。
問題を知らなければ治しようがないからです。それが分かってなかったから苦しかった訳でしょう?パチやスロ如きに・・・と思っていたわけでしょう?

ハンドブックにはその問題がしれっと書いてあります。
現状ではとっつきにくい一致のプログラムとかはスルーされて結構です。
ハンドブックのどこかに、少し分かりづらいかもしれませんけれど、止まらない原因について漢字5文字で書かれているところがあります。

ハンドブックをとにかく読みましょう。
何事も勉強しないと先には進めません。
分からない事は聞きましょう、調べましょう。
自分から動いた分だけ回復する、どうやらそういう仕組みに私たちはなっているようですので。

仲間とは?

※特に関係は無いっす。いつか書いておこうと思っていたことなので忘れないうちに書いておきます。

GAのような当事者グループでは「共通の目的」をもった人達の事を仲間と呼びます。
自分がGAメンバーと名乗るために必要なものは「ギャンブルをやめたい」という願いを持っている事だけだと、ハンドブックには書いてあります。
ギャンブルを止めたいという思いの強弱や他の問題の有無は問われていません。

ですのでギャンブルを止めたいと自分が願ってさえいれば、誰から何を言われようがその人はGAメンバーであり、他人がその人のGAメンバーの資格を喪失させる事はできません。
GAメンバーがその資格を喪失するのは、本人がギャンブルをやめたいと願わなくなった時だけです。

ですのでその気になれば誰でもいつでも仲間になり得ます。
大なり小なり違いがあってもしょうがない・・・というか、元から一つのことだけを共通項としているのだから同じであろうはずがありません。
それがGAが想定している仲間なのだと思います。

つまり
・「ギャンブルをやめたい」という外形上認識困難な願いを互いに持っていて、自分も相手もそれを疑う事も(疑われている事も)信じる事も(信じられる事も)、何とも思わない事も(何とも思われない事も)色々全部自由だという事。
・そしてそれ以外は基本全部違うんだという事。
以上2点を踏まえた上で、自分から相手を仲間と認めること。
という事だと思います。

自分から、というのがここでもミソですね。
これがあるかないかで全部ひっくり返ります。
最近は12ステップが通じて伝えてること、訴えている事は「自分から」という事に尽きるのだなと思ってます。

だから相手が自分の事を仲間と認めているかどうかは分かりません。
それは相手の専権事項です。
こちらはこちらにしかできない事をやるのです。

あれ?あんた死んでるよ。

「あれ?あんた死んでるよ。」と穏やかに言う母。
「ん?死んでるって何それ??」と怪訝に思う私。
大体死んでる人間に面と向って話しかけているって可笑しいでしょう?と思っていたら、母と亡父(急に出場)が誰かの亡骸を部屋に運んできた。
何となく死後硬直っぽい感じを漂わせながら床に寝かせられたその死体の顔を確認するとそれは確かに私。
表情から察するに苦しんだ様子は無く、寝たまま逝っちゃった感じです。

「ほらね?あんたでしょう?」と死体じゃない方の私に対してやはり穏やかに話す母。
「あらら・・・そうだねぇ。」と少しビックリはしたもののリアクションの薄い私。
その状況に特に困ったりしている訳でもなく、何だかよくわからんけどあと2・3日は私はこのまま家に居られるのかな?とそんな事を漠然と思ってたら目が覚めました。

今まで自分が殺されたり自分が誰かを殺したりしてる夢は割りと見るのですが、自分の死に顔を親と一緒に話しながら見てるなんていうパターンは流石に初めてです。
今日見たこの夢の事を母に話したら爆笑されましたが。

実際その時が来たらどーなのかとも思いますが、もしその時に「あれ?これどっかで見たことある。」とでじゃびゅを感じたら間違いなくそれは今日見た夢のせいでしょう(笑)

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。