スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目標を持つ

2012年も本日で終了です。
振り返れば離就職を繰り返して不安定な生活を続け、問題に対峙する力が一際自分に足りない事を思い知らされ、変わりたいと強く願って回復の為のプログラムを真摯に実行してきた・・という訳でもなく、楽な方楽な方へと生きてきた一年でした。
そんな一年でしたが怪我や病気もすることなく今日まで無事に過ごせた事に感謝しています。


私は精神病院入院以降、具体的な目標を持つ事無くここまで過ごしてきました。
社会から一度ドロップアウトしてしまった身であるから、ギャンブルをしないで、そして働いて、食べて、住むところがあればそれだけで十分、今の自分に出来る事をやっていこう、そう思っていました。
いうなればそれが私の漠然とした目標でした。
そして今、その目標をほぼ達成しています。(入院時の自分からみれば・・です)
結果、冒頭に書いた通りの体たらくです。
・・・具体的な目標が無いと行き場がないのです・・・


富士山に登る事を決めたとしたら、登るためにどうすればいいかを考えます。
いつ登山するのか、どのようなルートで登るのか、所要時間は、必須装備は、自分の体力と技術は・・・等々沢山の条件を自分で調べます。
そして登る決意に揺らぎがなければそのまま実行に移します。
必要金銭支出、移動手段の確保、場合により勤務先に休日の申請等をする必要があります。
これらをクリアしてはじめて富士山に登れるわけですが、実現の大きな力となるのは最初の決意が強さです。
強ければ強いほどそれは実現に結びつきます。


自分も富士山に登ろうとしている人を見て感化され、その気になって調べてみました。
日本一の山だし、ご来迎を見てみたい、いつかは登ってみたい、とそう思い最初はやる気まんまんでしたが、結果として止めました。
お金が無いし休みもとれないしまた機会があれば登ろう、と思って本日まで何もしていません。
お金を作ったり休みをとろうとするほど私の想いが強くないのです。


パチンコ屋に行ってパチンコしよう、スロット打とう、と決めた時。
就業中でお金が無くても私は必ずパチンコ屋に行ってギャンブルをしました。
パチンコ屋に行くための具体的手段を考えて、それを実行しました。
どうやって会社を抜け出すか、お金をどうやって調達するか、全部しっかり考えた上で行動に移しました。
もしかしたらあなたにも思い当たる節がおありかもしれませんね。


最近のイチローや松井の会見、漫画のワンピースを読んでいても決意の強靭さを感じました。
その逆に、梅ちゃんに出てきたおじさん(梅ちゃんの親父の弟だったかな)を見るたびに、「このへっぽこぶり・・・俺に似てるよ、このおっちゃん・・・」と思ってましたし。


決意が目標が明確にし、達成の大きな力になります。
自分の将来像が決められないのは決意がないからで、決意がないから何をしても中途半端になってしまいます。


2013年はどうか今持っている目標を達成することができますように。


さて、最後になりました。
本年もこのブログをご覧下さりありがとうございます。
皆様のお陰でブログを続ける事が出来ております。
来年は誤字脱字の無いように、そして「要旨を簡潔に述べる」を第一の目標として更新していきたいと思っております。
宜しければ引き続きご覧頂ければと思います。


それでは皆様 どうぞよいお年をお迎え下さい。
スポンサーサイト

おつかれモード

何で?、どうして???、俺悪いのか?!、と思う時は後退してる時なのでしょうけれども。
そういう時ほどそうは思いたくないものです。
今の自分の状態もそうですし。


ぶっちゃけ


(# ゚Д゚)、ペッ


って感じだ、マジ。


少しお疲れ気味。

見知らぬばんごー

今月のマイブームネ申曲
最近のNHKで流す曲は良曲多し。


さて、話は変わりまして。
ピンクの小冊子がブルーに変わったのは結構前だったような気が。


業務中に見知らぬ番号から電話があったのでなんじゃこりゃ?と軽くスルー。
その発信主が遠方のお仲間だったことを後から届いたメールで知りました。


前回の機種変の時、現物不所持でショップにいったのでアドレス移してもらえなかったのですよ。
アドレス移すのが面倒くさくて結局そのままの状態にしています。
私の電話は滅多に鳴りませんので日常生活で不自由はないのです。
よく電話したりメールしたりする人だけしょうがなく手入力してありますので、ほとんどの人の電話にでないという引きこもりの面目躍如・・・違うか・・・


でもそんなひっきーの携帯が鳴るようになってきました。
見知らぬ番号の電話は、怖いし何を言ってくるのか分らないのが不安なのででません。
発信者はそんな番号ばかりなのですが、どこ?この市外局番日本のどこ??ってな感じのが来たりしてそれなりに面白いです。
あとは携帯からの着信なのですが、かかってくる番号は大体が着信履歴と重複する番号が無いので、2つ以上の携帯を所持していない限りは同一人物ではなく、恐らく私に用があって掛けてきたわけではないでしょう。
一回掛けて終了という事は、私以外の誰かにかけても発信者の用件が足りるという事ですから、どこかの誰かに何かの資料を元に不作為に選ばれたと考えた方がしっくりきます。
たまに2回以上かかってくることがありますが、常識的な時間に掛けてきてかつ不可解な周期でよこさなければ電話に無言で出るようにしています。

なんだかなーという感じです。
見知らぬ着信についてはここまで。


今週土曜日はいつもより1時間早くミーティングが開始します。
例年通りでみんなでご飯作ってみんなで食べながらのミーティングです。
参加費500円かかります。
12月29日は一番町近辺のどこかの喫茶店でフェローの予定です。
こちらは参加費かかりません。
来れる人は来て下さいねー
でわでわ

約束、誓い、断言、宣言とか全然してないなぁ

先月の受験勉強時の息抜きに見ていた世界ふれあい街歩き。そういえばこの番組最近やってないね。



新しい業務とボスに四苦八苦な今日この頃ですが、業務の内容はかなり勉強になってます。
早く自分で業務出来る様になりたいなー



さて、話は変わり・・・
素直だな、と赤の他人様から言われることがたまにあります。


自分の知らない事が世の中には沢山ありますもの。
つっぱりたくてもつっぱれない時間が毎日のように襲いかかってくるものですから、教えてください、お願いいたします、と素直にならざるをえないのです。
私は人に頭は下げたくありません。
そして人が私に頭を下げてくるのは嫌いではありません。


でも日常を送っていると最後は自分の頭は下がっていて、素直だな、と頭を下げている相手から言われる状況になっています。
その時の自分にとってそれは耐え難い苦痛なのですが、次の日になってみればあの時そうしておいてよかった、というか、そうしないとお前ダメじゃん、と必ず自覚します。必ずです。


この病気を自覚して、自分が使う言葉は少し変化しました。
狂気のギャンブルの時に、約束・誓う・宣言・必ず・2度とやらない、といった自他に対する約束を意味する事、自分の行動を断定する意味をもつ言葉を発して、ことごとくそれを破ってしまった前科からそれらの言葉は使わないようにしていました。
それらの言葉を使わないのは謙虚な気持ちが源になっている、完治のない病になってしまったからには2度とやらない、と言うのは病気の本質を理解していない高慢さからくる言葉であって、少しでも謙虚さを持っていれば2度とやらない、とは言えないはずだ、とそう思っているわけです。


今も私はそう思っています。
ですが、2度とやらない、などの言葉を使わない源に必ず謙虚な気持ちがあるわけではないことを自分の行動から知る事になりました。


すぐには変わることができないのだからゆっくりでいいや、とか、ビックビックとかを読んで感銘を受けて、うんうんそうだ、明日からこの行動を行おう、といった、最初からまるでやる気が無い、時間が経てばそのうち変わるでしょう、と諦めた状態が源泉になっていました。
やる気が無いから約束をする事ができないし、一度決めてしまったら変更できなくなるから断定する事ができない、だからそれらの言葉を使えない。
言ってしまって行動に移せなかったら恥ずかしいから約束しない、断定しない、あいまいなままで過ごす。


謙虚な気持ちを持っていれば言葉の重みに比例した行動を自然にとるようになります。
やる気の無いあいまいな気持ちを持っていれば言葉の重みに反比例した行動をとります。
身をもって体験したくない事でしたがこれは真実のようです。


そう思い至って12&12を見ると、またマーカーで線を引いている部分があるではないか。
「ところが、ここに個人の力でできる確かなものが現れた。
その人自身の状況に照らして、全力で自分のやる気の質を高めてゆくことだ。
その人にやる気が必要な時、それを取り出せるのはその人をおいて他にいない。
そのための努力はその人自身の意志の働きなのだ。」12&12 P56


だってさ。
なんだ・・・全部ここに書いてあるじゃないか・・・
ちゃんと読めよー、俺。


でもって、マーカーが引かれているのは何でかな。
もしかして・・・以前もまた同じように感じた事があったのですか?よはんくん。


どうも何かの掌の上を一生懸命走っているような感じにとらわれる。

逃げちゃダメだ

12月も半ばになりました。
あと2週間で2012年も終了です。
自分の行動を振り返ってみれば、自己中心の考え方に従って突き進んできた、そんな残念な感じの一年でした。


本日、1件埋め合わせをする機会を頂きました。
以前お世話になっていた会社を訪問し、代表の方に面会の時間を頂いて謝罪をしてきました。
お会いするのは3年10ヶ月ぶり。
久しぶりにお会いした代表は少しお疲れのようでした。
その代表の顔を見た瞬間、涙が自然に出てきてしまいました。


代表は微笑しながら「よく来た」と私の肩を叩いてそのまま応接に案内してくれました。
そこで在籍中に私が起こした不祥事についてお詫びしました。


過去はもういい。お前が一番苦しい思いをしたのだろから。
ここに来れるようになってよかったな。
心配していたんだ。


とそう言ってくださいました。


その後、私の近況報告とその会社の現況を教えられました。
私が退職した後に会社の事業内容が変更を余儀なくされ、それに伴って人員も大幅に流出したそうで、私の知っている人間はもう代表を含め4人しかいませんでした。
あの頃が懐かしい。お前はできる奴だから業務については信頼していた、と代表は言われていました。


そう言って下さるのはとてもありがたいです。
私もあの頃が懐かしい。
戻れるものであれば戻りたい。


未練・・・ですね。


また挨拶に伺う事を約束してその場から退出してきました。


誰かのお役に立ちたいと思うのであれば、自分を高めなければなりません。
自分を高めるには、自分の弱点である性格上の欠点を直そうとする姿勢を一日でも崩してはいけない。
そう思いつつも行動しなければ、何もしていないのと一緒です。
自分では変わったつもり、行動しているつもり、考えているつもり。


思っているだけでは何も変わらない。
自分の変化は前進するか、後退するかのいずれであって現状維持ということはありません。
仕事の面でもプライベートの面でもその事を自覚させられる一年でした。


「まず自分のどうしようもない弱さとその結果を全部受け入れなければ、何もできない。
そこまで謙虚にならなければ、その人の飲まない(賭けない)生き方は ― たとえできたとしても ― あやふやなものでしかない。」12&12 P30


この部分に私はマーカーで線を引いていました。
いつこの部分に引いたのかはわかりませんが、今と同じ気持ちになった事が以前にもあって、その時にここに救いを求めて線を引いた、といったところだと思います。


変わろうとする時には変わる必要を切に感じます。
つまり自分の問題を知るという事で、これが底付き。


250ページある本の同じページの同じところで毎回救いを求める。
その事実は結局のところ、自分は何も変わっていない、という事です。


気付きを得たつもりになって行動をせずにいると、その気付きを全て忘れてしまい、また現実の何かの問題に直面した時に気付きを得たが、それが以前の気付きと全く同じだった。
あやふやなものでしかない。


以前も私はどこかでそれを感じていたはずなのに、今回もそこに目がいった。
一体私はどこまで逃げれば気が済むのか。


毎日毎日の、変わるためのほんのわずかな行動からも逃げてはいけない。
逃げちゃだめ、逃げちゃだめ。
今逃げたら50になっても逃げる、60になっても逃げる、70になっても逃げる。


また近い将来、12&12のこの部分に目がいかないように。
本当に変わりたいと私は思っているか?
覚悟を持って今日一日を過ごそう。



相手をしてもらっている

お陰様で先日面接を受けたところで働かせていただける事になりました。
離・就・転。
自分で好き勝ってに起こしたこととはいえ何回やっても疲れます。
ヘタレなりにヘタレないように。


仕事がなければ仕事がある時には気付けないありがたみに気付ける可能性あり。
時間がなければ、お金がなければ、勉強できなければ、家族がいなければ・・・以下同文。
当たり前にあると思っていたら実は当たり前の事ではなかったシリーズ。


GAのミーティングも決まった曜日の決まった時間に行けば、いつでもそこには仲間がいる。
自分の事を話すことが出来て人の話を聴くことが出来る。
これも当たり前にあると思っていたら実は当たり前の事ではなかったシリーズ。


そして自分が言った言葉、書いた言葉は必ず聞いてもらえる見てもらえる。
これも当たり前にあると思っていたら実は当たり前の事ではなかったシリーズ。
自分が書いた事や言った事に対して返事が無い、シカトされる場合も当然想定できるわけです。
なのでこれも当たり前ではなかったシリーズ。


未熟な私はここでのめんどくさい質問事にはたまーにきたとしても返事ができないので、簡単なお返事かもしくはシカトします。
「くだらん自慰に他人を付き合わせるな、一人で黙ってシコシコしとけ。」と思っておりますです^^


書けば返事があるなんて当たり前の事ではありません。
まして相手への提案が含まれていた返事には、相手の事を考えている時間が必ず含まれています。
提案は相手の事を自分の頭で考えてみなければ出来ないことですから。
で、提案するのが大体の人はめんどうくさいのです。
だって相手にしないほうが格段に楽です。
自分の時間を相手の為に使う必要も無いし・・・ね。


裸の王様、哀れだね。

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。