スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無駄な時間・・・なんてないよ。

今まで自分はなんて無駄な時間を過ごしてきてしまったのだろう・・・
この業界に入り浸るようになってから、沢山の人からこの言葉を聞かされてきました。


まとめると(2ちゃん風)無駄な時間、というものは無い。
時間に無駄は無い。
時間を無駄に過ごしてきた、ならありだけれども、そう感じるのは自分で勝手にそう思っているだけで、実際はそれは自分にとって必要な時間だった、という事です。


そして役にも立たない経験、なんてものは存在しない。
自分で経験しなければ何も分からないのだから。
コンビニで働くことがどんなことなのか、それはそこで実際に働いたものでしか分からない。
家から駅まで、スーパーまで、歩いてどのくらいかかるのか、という事も実際に歩いてみないと分からない。


無駄な時間とか経験とか、そんなものはないよ。
それは全部自分にとって必要なもので、天から与えられたもの。


それに例えば君は箸ね、って神様から決められているのだから、箸がどんなに頑張ってもフォークにはなれないの。
車にもなれないし、金銀にもなれないの。
箸はどこまでいっても箸にしかならないの。


分相応という言葉があるけれども、それは箸なら箸なりに箸らしく生きなさい、ってそういう事を言っていると思います。(箸らしく生きるって私は箸じゃないからわからないけれどね^;)


細い部分、太い部分、滑らかな部分、とんがっている部分、たかだか箸といっても様々な部分で構成されています。
私たちも同じように、高慢なところ、見栄っ張りなところ、短気なところ、そして穏やかなところ、慎ましいところ、慈愛に満ちたところ、等々様々な部分で構成されているでしょう?


いいとこともわるいとこも、両方揃って初めて自分なのだという事を忘れないで。
いいとこだけ、わるいとこだけ、そんな自分は存在しない。
私たちはデジタルじゃないんだから。
私たちは、白と黒、兎と亀、アリとキリギリス、そういったものを両方持っているのだから。


だから私たちは病気にもなるし、回復の喜びも味わうことができるのだと思いますよ。
スポンサーサイト

ワタシの居場所

私は今の生活を始めてしばらくしてからは週末は実家でご飯を食べさせてもらっているのですが、その時にちょくちょく見ていた番組でなんとも面白いことを言うおねーさんがいました。
ときめきポイントが大事だとかゴールデンポイントがあるとか、最初私がそれを聞いていた時は「何をいってるの???」だったのですが、何回か番組を見ているうちに私もそれをやってみたくなりました。
実際その番組内で片付けのイケニエにされた人達の部屋が綺麗に片付いた事も私のやる気の要因になったのですが、それ以上にとてもこのおねーさんの言っている事がスピリチュアルに感じたのです。


感謝して物を捨てれば新しいものを今まで以上に大事にする事ができます。
片付けるとはカタを付けるという事。
物に居場所を与えてあげましょう。この子の居場所を決めてあげましょう。
などなど、その言葉から謙虚さと思いやり、感謝といったとても大事な感情を私は感じたから。


昨年の年末に、とりあえず洗濯したものが乾いていたのでたたむか~と思ったその時、「!」と番組内でやっていたたたみ方の通りに衣類をたたんでみました。
少し手間取ったものの、衣類を全てたたみ終わったら今まで衣類で溢れていた収納が・・・
どこにあれほど衣類があったのか・・・というくらいガラガラの空きスペースに変わっていました。


でもそれよりも驚いたのは、たたんだものを着ようとしたその時でした。
あっという間に本来のサイズに戻って、そしてピシッとなっているのです。
「着てきて(はあと)」とまるでTシャーツが言ってる様に感じるくらい^;
衣類が衣類らしくなってるのにとてもびっくりしました。


という事で昨日はその人が出されている本に書いてある通り、全ての衣類を一箇所に集め、ときめくものは残し、ときめかないものは捨てる、という作業をしました。
このアパートに来て2年半、物は溜め込まないようにしていたのですが、作業を終えるとそれでもゴミ袋3つが衣類でパンパンになりました。


別れた奥さんに編んでもらったマフラーも今回「ありがとう」して、捨てることにしました。
マフラーとしての使命はもう終えているし、大体にしてそれを見た瞬間、「あー、こんなにいびつになちゃって・・・ お疲れ様でした。今までありがとう^^」って感じでした。
その他にも、ある事すら忘れていたシャツやらネクタイやら沢山のものに「今までありがとう」して捨てることにしました。


ついでに仏様を置いてあるセカンドボードの上も掃除したら、すっかり忘れていたのですが別れた奥さんからの手紙が出てきました。
一緒に住んでいた時、彼女は私の誕生日に手紙を書いて渡してくれていたのです。
手前勝手ながらもうそれぞれの人生を歩んでいるし、いつまでも持っているのもなんだなー、と思いもう処分しようと思って中身を確認したら、私の誕生日を祝えて嬉しい、この幸せがいつまでも続きますように・・・と書かれていました。
日付は2001年でした。
私と一緒ではもう安心する事ができない、と言われて別れることになった女性でしたが、でも幸せだと、そう思って過ごしてくれた時があった、という事がとてもありがたく感じました。
私の悪魔の所業は死ぬまで消えることはないのですが、彼女が一時期でもそう思ってくれたこともまた消えることは無く。
心から感謝して、その手紙は未練がましく大事にさせて貰うことにしました^^


さて、それで本日、ミーティングの後に実家にご飯食べさせてもらおうとよってみたら、家の中がなにやら大変なことになっており・・・
昨日に引き続いての整理整頓をする羽目になるとは・・・しかも実家の・・・全く持って思ってもいませんでした。


震災の時に実家の中は随分滅茶苦茶になってしまいました。
父の遺品も実家には多く残っていて、その中でも実家の場所を大量に占有していた大型のスピーカーとアンプは激しい揺れで床に落ちてしまいました。
震災時の片付けでそれらは私がとりあえず一まとめにしておいたのですが、後でなんとかしよう、線も繋ぎ直して再設置しようと思ったまま、紐でしばってリビングの隅に押し込まれた、その状態のままで結局年越しを迎えていました。


母としてはそれを何とか音が出る状態で再設置したかったらしく、本日実家にいったらまさにその現場に出くわしたのでした。
あーでもない、こーでもない、と考えた挙句、塩梅よくリビングの中にオーディオセットを収めることができました。
で、音を鳴らしてみたら・・
アンプは山水、スピーカーはタンノイ、出てくる音は中々のもの。
でも出てくる音以上に、凄くネ、アンプとスピーカーが喜んでいるような、そんな気がしました。
「まだまだ音、僕達出せるんだよ~。聞いて聞いて~。居場所与えてくれてありがとうー」ってな感じで。
物が嬉しそうに見える・・・なんてねぇ。。。
でもそう見えたんですよん^^


私の身近で結構このブログを見てくださっている方は多いようです。
見てるよ、見てないよ、とかお声がけいただくのはまた別にして、ここに書いている事は私なりに配慮して、アノニミティにも気を配って書いているつもりです。
見てる人、結構いるかも、っていうのは織り込み済みでたれ流していますから、内容についてはお気遣いは無用ですからね。
お気遣い頂けるくらいなら、私に直接声をかけてくださった方がありがたいっす。


さて、という訳で私たちは武士ではありませんが、強迫的ギャンブラーという点で同じ境遇です。
相身互いの気持ちをもって生きて行きたいです。


私たちの居場所はどこにあるでしょうか。
勤め先でしょうか?、
家庭でしょうか?、
GAでしょうか?、
ブログを書いている人はこの場所でしょうか?


それぞれで自分の居場所、というものはあるはずです。
家庭は良く、職場ではダメ、GAでは良くも悪くもない、みたいな。
人は群れていかないとどうも生きていけない生き物のようですから、自分の居場所をまずは確保する必要があります。
私たち強迫的ギャンブラーはその中でもとりわけ居場所を作るのがヘタです。
そして居場所を作るのがヘタな上に、折角作った居場所の居心地をとても悪くする天才でもありまする。


社会上に自分の居場所が作れなくって、それでGAに大体は流れ着いてくるはず。
自分の居場所を作るにはどうすればいいのか、
そしてそこでの居心地を良くしていくためにはどうすればいいのか、
という事を私たちは社会生活にプラスしてGAの中で学び、経験していきます。


居心地のよさそうなところには当たり前ですが人が集まってきます。
逆に居心地が悪そうな、空気悪そうなところには人は集まってきません。
居場所を作るのは自分、そしてその場所での居心地を作るのも自分。


思いやり、寛容、正直、謙虚、そういったスピリチュアルな精神を、やっぱり私たちは得ようと努めない限り、自分の居場所を得て、そして居心地の良さを得る、という事はできないと思います。


自分の居場所を得、居心地を良くするという事は、他の仲間の居場所を提供し、居心地を良くするためのサポートをする事ができます。
自分の所有物の居場所は自分の考えで決定することができますが、人に対しては自分では何も決定することはできません。


相身互いの気持ちをもって、自分の居場所、居心地、仲間の居場所、そして居心地をよくしていきたいですねぇ^^

ギャンブル止まって、さーどうする?

昨日、本日と2012年初のミーティングでした。
ミーティングに出て、それでやっと2012年の私の日常がスタートしはじめた感じがします。


昨年はミーティングに来てもすぐに来なくなる人がほとんどだったのですが、秋くらいに繋がった人たちが複数人、今もウチのグループに繋がり続けてくれています。
私個人は彼らに対してな~んにもしていませんが、顔を出してくれている事を私はとても嬉しく思っています^^
折角繋がってくれているので、途中で彼らが逃げないように今回それらの仲間達にサービスの役割をお願いしたのですが、誰もイヤな顔をせず引き受けてくれてよかったっす(私は彼らを脅してないからね?)


GAの仙台グループ、いつも4月にセミナーを単独で開いていたのですが、今回は仙台のギャマノンと一緒に合同でセミナーを開催します。
本人とその家族、近くにいるのに別々にやる理由なんてありませんもん。
それに昨年の東北の集いを開催した時に私個人は思いました。
こういうのって絶対にギャマノンと一緒の方がいい、って。
今回はウチにとっては初めてのことなので、色々準備は大変でしょうがやる事自体に大きな意義あり!ですので、私今からとても楽しみにしています^^


サービスの役割について色々と動いてみると、ギャンブル依存症本人がどれだけだらしなくてめんどくさい人間なのか、そして高慢ちきで意地っ張りで果てしなく自己中であること、ってなところがたーくさん見えてきます(ほんとだよー)
んでもってその時、我が身を振り返って見てみてください。
こいつらほーーーんとめんどくせーけど、でもそう思っている自分はどーなのかって?
この人達と何か違うのかって?


私達ギャンブル依存症者は例えれば・・・
最初から左にハンドルを切ることができない車・・・という事にしておきますか。
直進と右折はできるけど、左には曲がれない欠陥車、という設定でネ(バックについてはめんどうなので省きます^;)
左折不能というそんな欠陥アリの状態でも、「日常生活」という道路を私達は走らなければいけないわけです。
左折できないせいで私達は沢山のものにぶつかってきました。
ガードレールとか電柱とか人ン家とか人そのものとか・・・。
何かにぶつかるととにかくめんどくさい事になるので、私達は何とかして左折する力を得ようと東奔西走、その力を捜し求めました。


そして私達はギャンブルにめぐり合いました。
自力で左折できない私達にとって、ギャンブルは左折する力を与えてくれる素晴しいものでした。
左折さえできれば直進も右折も私達はできるから、日々変わる日常という道路を何とか走っていけました。


ただいつの日からか、ギャンブルの力がとても強くなってしまい、私達はまっすぐ走ることも右折することもできず、左折しかできないようになってしまいました。
右に曲がりたいのに、まっすぐ行きたいのに、自分の意思とは関係なく左に曲がらせられる日々が続きます。
道端にあるガードレールや電柱も全てなぎ倒し、近くを歩いている人々も全て巻き込み、以前よりもそのぶつかり具合は酷くなりました。


そして私達はギャンブルの力をもう借りられない事に気付きます。
そして、ギャンブルさえ止めればもう何にもぶつからなくなると思いました。
全てがよくなると。
ギャンブルさえ止まればまた元の通りに生活できるって、そう信じていました。


でも、この話の例えの前提でいけば、ギャンブルの力を借りなければ私達は左折できないただの欠陥車に戻るだけです。
それでまた日常を走らなければいけないわけだから、素でガードレールや電柱にぶつかったり、車線をはみ出して歩道を歩いている人とぶつかってしまいます。
だって私達には左折することがどうしてもできないのですから。


私達が普通の人と同じように道路を走っていくためには、ギャンブルに変わる左折するための力、それを見つけなければいけません。
それを仲間達と一緒に見つけていきましょうね。
そして自分の足をいっぱい動かして、感じていきましょうね。
それをする場所がGAです。
と同時にGAは愚痴の吐き場、心のモヤモヤのゴミ捨て場にもなっています。
理想と現実は実際にギャップ、あります。
私達が生きている世界は、1or0で構成されているデジタルの世界ではありません。


遠くを見て足を動かそうとすれば、おのずと自分の足元を見ることになります。


という訳でユルユル行きましょっか^^(全然〆になってない)

新年早々だけど・・・

2012年になりました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


さて、新年早々ですが・・・


メールアドレスは個人情報です。
例えば私のアドレスを任意に開示できるのは私だけ。
年末年始の挨拶メールにccでまとめて送ってくる方が多すぎます。
年始挨拶メールを送る際は個別に送る、それができない、もしくはする気がないのであればbccを使うなりなんなり、本人の許諾無く第三者にメールアドレスを開示しないようにすること。


別に会社関係の方達でもないし、仲間内だから構わないじゃん、って思ってるかもしれないけれど仲間ほど怖いものはありませんよ。
自分の身を守るためにも何かにつけ個人情報には気をつけるに越したことはありません。


意外と書けないなー

                    ハ,,ハ                      
                   ( ゚ω゚ )                    
                /    \                      
              ((⊂  )   ノ\つ))              
                (_⌒ヽ                      
                 ヽ ヘ }.                    
            ε≡Ξ ノノ `J                    
                                       
┏━━━━━━━━┓
┃ |>はい .  いいえ ┃━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗━━━━━━━━┛                         ┃
    ┃お断りしますがおきあがって .なかまになりたそうに   ┃
    ┃こっちを見ている!                      .┃
    ┃                        .          .┃
    ┃お断りしますか?          .  .            ┃
    ┃                             .    .┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


「本心は構って欲しいけど、表面上構まないで欲しいオーラを出してる」とか、
上みたいな感じで面倒くさい人間の集まりが当事者グループの人たち。
構わないでオーラを尊重してこちらからお断りしてあげれば機嫌を損ね、構ってあげるよ^^と声をかければ待ってましたとばかりに「だが断る」ときたもんだよ。
まったくもって扱いづらいったらありゃしない。
(一番めんどくさくて扱いにくいのはよはんだけどねー。)


あー
これをこのままアレ用の原稿・・・にしたらやっぱりまずいかなー・・・


・・・


まずいよなー

       ,-、             ,.-、
     ./:::::\          /::::::ヽ
    /::::::::::::;ゝ--──-- 、._/::::::::::::::|
    /,.-‐''"´          \:::::::::::|
  /                ヽ、::::|
 /                   ヽ|
 l                         l
. |    ●                 |
 l  , , ,           ●      l   おい、おまい
 ` 、      (__人__丿    、、、   /   やる気あんのか?
   `ー 、__               /
       /`'''ー‐‐──‐‐‐┬'''""´
       /,          |
      (_/          |  |
        ,         ヽ、_)   ∩
       l           |\  ノ |    
 .       |    ヘ      |`ヽ二 ノ
 .        |   /  \    /
       `ー‐'    `ー‐'


うーん、やる気はあるんだけどねー(多分)


行く年。来る年。

さて、2011年も本日で終了。明日からは2012年がスタートしますね。
今まで慣用句のように使っていた「今年も色々ありましたが、・・・」という書き出しですが、本当に今年は色々ありましたねぇ。
3月11日から本日までの自分の軌跡を辿ってみれば、何だか地震に始まり地震に終わった・・・という感じがします。
もう地震はしばらく勘弁。。。です。


来年は天災地変に見舞われないように祈っておくことにします。


本日までブログをご覧くださった皆様に心から感謝申し上げます。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


それでは皆様 どうぞ良いお年をお迎えください。

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。