スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分なりのこだわり

回復っていう事に対してどんなイメージを持っているのかなぁ。
頭の中や胸の中で膨らませているイメージでもあるのかな?


回復とはこうあるべし、みたいな。


今日の一曲は某コンビニの入店音。
同じ曲でも楽器や演奏方法が違えば全く別物のように感じもする。
逆の見方をすればどんなに表現や演奏を工夫したとしても同じ曲は同じ曲なんだって事。
何々はこうあるべし、という思いは自分勝手な高慢な思いからきているよ。


家族に対しても、仕事に対しても、GAに対しても、仲間に対しても、周りにいる方々に対しても、自分でもびっくりするくらい自分の思い込みだけで動いているものですよん。
自分で自分を不自由にするのが私らは大好き。
でもそうやって不自由なままで人の中で生きていくよりも、不自由さを売りにして人から関心を受けるよりも、もう少し楽な方法があるのではないのかな?


毎度のことだけれど随分えらそな事を書いてしまいました。
おとなしく寝る事にします。
でわ~^^



スポンサーサイト

一人で生きていくのは未だ無理ポ

就職、退職、失業、就職、退職、失業、といった無限ループにここ2年はまり続けています。
嵌りたくて嵌っているわけではない・・・と言いたいところなのですが、嵌る原因になったのは私のギャンブル依存症ですから自業自得であります。


ここ2週間ばかりでまた無職になっていたのですが、来週から働かせていただけるところがみつかったのでほっとしております。
未だに70を超えた母に金銭援助をしてもらわないと私の生活が成り立ちません。
40前の男が全くもって情けない現実です。
2年前に病院に入院した時と今を比べてみればやっぱり何も変わっちゃいない。
そして今のままで日常を過ごしていけば、恐らく今から2年後に2011年の自分を振り返ったとして同じ事を思うのでしょう。
ま、とりあえずお腹ぐらいはへっこめておきましょ。


話は変わり、とりあえずの目標にしている国家試験まであと約1ヵ月になったのですがあまり勉強できていません。
ここ最近時間だけは沢山あったはずなのですが・・・?
お金の無い時に受験費用を払いましたので払ったお金の元はとらないといけません。(ああ、目的が不純だ)
試験の内容自体は今までの実務で経験してきたことなので、どこか甘く見ているところが自分にあるのかもしれません。


今回は来年の試験に向けての力試し。
そして来年の試験は再来年の試験を有利に受験するための条件。
うまくいけばいいですが、何せ先の話なので何ともわかりません。
特に私は気分屋なので、昨日と今日で言ってる事がよく変わります。


来年の今頃、このブログを見返した時には私はどう思うのか^^;
でもねぇ、今のままでは死ぬまで何も変わらないでしょから、それが嫌なら動かなければいけませんね。
今の仕事の業務内容も来年以降を見据えて探していた分野でした。


先の事は本当に分からないのですが、目標が持てるという事はとてもありがたいです。
とりあえず今はまず母にお金を返さなくては。
でも今月は微々たる収入しかないのですよ~^^;;;;;;
・・・
お許しを。



今回の一曲。
多分デジタルリマスターされているのでしょうが、およそ50以上前に演奏されたものとは思えない高音質です。
チャイコフスキーのピアノコンチェルトの第二楽章です。

Peter Ilyich Tchaikovsky: Piano Concerto No.1 in B flat major, op.23
3. Allegro con fuoco
Leningrad Philharmonic Orchestra Sviatoslav Richter, piano Evgeny Mravinsky, chief conductor
Recorded Live at Grand Hall Philharmonic Leningrad on 24 July 1959

おばんです^^

筆不精しておりました。
お陰様で毎日いろいろな事に悶々として暮らしておりました^^
ま、それって結局は今までと何も変わりは無いという事でもあります。
私の最近のキーワードは「でしゃばらない」と「腹へっこめる」です。


精神的にも肉体的にどうも私は出すぎてちゃっているので少し引っ込めなきゃいけないようで・・・
短いですが今日はこんなところで。
またおいおい記事は書いていきます。
それでわ^^

今日のお気に入り

時間を贅沢に(無駄にともいう)消費中

今週先行く仲間のご配慮で、この秋に予定している仲間達との集いの会場に連れて行ってもらいました。
震災のためとはいえ、その会場の事は何も判らずにとりあえず予約申し込みをしただけだったのですが、実際に会場を見てみたら中々の好印象でした。
まあ震災前にお願いしていたところと比べてみれば…という感じですが、概算参加費用からみても順当なところでしょう。
しかし実際に会場を確認したことで秋がとても楽しみになりました。
沢山の仲間に集まってもらうためにも広報活動を頑張らなくてはいけませんね。
青葉生い茂る山の中にあり、綺麗な小川があちこちに流れていて空気はとても澄んでいます。
缶詰にされてプログラムを手渡してもらうには最適なところです(笑)
本当に今から楽しみになりました。


ところでテレビでのだめちゃんを見てからというもの、何だかまた虫が騒ぎ出して入院中以来でしょうか。
また様々なクラシックを聞き出していました。
私は昔からクラシックが好きなので随分色々な曲を聞いていたたつもりでいたのですが、それは大変な傲慢な考えでした。
今まで聞いた事がない曲が本当に沢山あります。
ようつべのお陰で曲を聴くのにお金はかからないし、曲を検索するのがまた楽しいしで、まったり時間を無駄遣い中であります。
さて、これからミーティングに行ってきます。


楽しさを伝えよう

毎晩就寝前に祈りながら一日の振り返りをしています。
一度として同じ日は無いにもかかわらず、何度も繰り返して気づかされる事があります。

「あの時自分は何故あんな辛辣な態度をとってしまったのか」とか「もう少し他に良い言い方があった」とか「何であんなにムカついたのか」といった事を思い出していくのですが、何で私はそうしたのかと原因を突き詰めれば単に自分の気分や都合で動いているから、という事に毎度毎度なるのです。


「気に入らなければ相手しません。勝手にどーぞ。」と背中にも顔にも書いた状態で私は生活してます。
その自己中心ぶりは私の棚卸表にその通りに書かれているので今更な話(おい!)なのですが、何回も出てくると「俺ってなんなの?」という感じで流石に嫌になってきます。
そうやって自分で「もうやだー、こんなんじゃやだやだー」(プログラム的に言えばはもう手放したい)となってはじめて6・7を歩む事になる・・・、なんてスポンシーに偉そうにいっておいて、今も自分でそれを毎日味わってます・・・。
あははー^^;


そうやって一日の振り返りをしていつも思う事は、奥ゆかしくありたい、という事です。
でしゃばらず生きていきたい、そう思って毎夜の祈りを終えています。
欠点だらけでしかもそれがほとんど改善されていないのでかなりイタい人間なのですが、それでもプログラムに従った生活には色々と楽しい事があります。
その生活が楽しいものだから自分からプログラムに従いたくなるのです。(とか言いながら自分で勝手に従ったつもり・・・だけかもしれませんが)


そのプログラムを広めたい、手渡したい、と思うのであれば、自分自身がもっと楽しくならなければいけません。
「新しい仲間が、私たちの生き方に何の喜びも楽しみも見つけられなければ、彼らは私たちのように生きることを望むはずがない。人生を大いに楽しむことを、私たちは全面的に強調したい。」


口ではなくて足を動かさなきゃ~、ですね。


東北の集いの宿泊施設とれたどーーーー

津波で予定していた宿泊施設が被害を受けていたのでもう完全に諦めていましたが、別の場所にある同じ系列の施設に変更しておさえる事ができました。



だから費用は以前の施設で考えていた概算金額と同じです。

ちなみに今回の場所は奥羽山脈のどこかですから海はありませんのでどうぞご安心を^^



近々で各グループの委員の方にはこちらから人数確認その他の連絡を差し上げます。

避難所としても機能している会場につき人数変更の融通は利きそうにありませんのでその旨ご承知おきください。

またグループ単位での受付になります。

よろしくです!



こーゆー時にこそあのセリフを使う時だ(笑)


「まだだ、まだ終わらんよ!」

視点を変えて

たまにはブログらしい事を書かないと読んで下さっている方々に見限られてしまいますね。



ところで今NHKで放映されている番組に「コズミックフロント」というものがあります。

宇宙に関するあらゆる事を番組の題材にしているのですが見ていて飽きません。

(私はオンデマンドでPCで見ています)

先月の終わり頃の番組ではダークマターが題材になっていました。



「目には見えないけれど、確かにそこにある謎の存在、ダークマター。

光も電波も発することがないため、現在の私たちの観測手法では直接検出することができませんが、ダークマターが持つ質量によって引き起こされるいくつかの現象を通じてその存在が推測されています。

例えば、渦巻銀河では明るさから計算される質量より、星々が銀河中を運動する速度から求めた質量のほうがはるかに大きいことが知られています。

また、銀河団の質量は、構成する各銀河の明るさから推定される質量よりも、各銀河の運動から求めた質量のほうがずっと大きいことも分かっています。

宇宙において、ダークマターは私たちがふだん目にする物質よりもはるかに重要な役割を担っているのです。」

宇宙航空研究開発機構のHPより抜粋しました・・・が要するに、

銀河中に存在している星々は猛スピードで動いていてそのスピードを計算してみると銀河の引力よりも星のスピードの方がはるかに勝る、

よって星々のスピードからいけば銀河の引力を振り切ってどこかにいってしまうので銀河という星の集団が存在することは有り得ない、

それを実際に存在させている力がどうもダークマターらしい、と書いてあります。

(かなりザッパな説明ですが気にしな~い)



で、ダークマター自体の話はここでぷっつんと切っておいて。

番組の中で面白かったのは、異なる二つの視点から研究を進めていったらダークマターがないとおかしな事になる、という仮説にお互いに行き着いた、と進行していた事です。

二つの視点、その一つは巨大なものを相手にする天文物理学で、もう一つは極小のものを相手にする素粒子物理学。

大きいものから見ていって突き詰めていったら、逆に小さいものから見ていって突き詰めていったら、お互いにダークマターに行き着いた、という事らしいです。



異なる視点から同じものを見出すという事は中々に面白いです。

「真実は常に一つ。」とコナンもそう言っています。←特に意味はありません。書きたいから書いてみた。



でも、もしダークマターの謎が解ければびっくりする事になるのでしょうねぇ。

私たちの身体をはじめあらゆるものを毎秒膨大な数のダークマターがすり抜けていっているそうです。

私は何となく・・・なのですが、

ダークマターというものは、それはもしかしたら彼岸なのかなぁ…とか、

もしくはこの業界でいうハイヤーパワーじゃないかしらん…とか、そんなオカルてぃっくな事を妄想して楽しんでおりました。



ところで話がおかしな方向にいってしまいましたが、同じように見えるものからその本質を探していこう、というのが今の自助(相互援助)グループが抱えている課題だと私は思っています。

その課題とは、その人のギャンブルの問題は依存なのか、発達の特質なのかを探すという事です。

症状は同じように見えていてもその根っこは異なっているので、その方の回復に向けたアプローチも当然異なってくるわけです。



自助(相互援助)グループの活動を通して私自身が経験した範囲の中でも、そのように感じた事は多々あります。

繰り返しますがギャンブル依存を疑う場合、それは依存症なのか、それとも発達の特質に起因するものなのか、という事を今はまず考えます。

ですがその症状自体は自閉症スペクトラム(連続体)といっているくらいですので、どこからどこまでが健常な範囲でここからは症状が重篤・・・というような明確な線引きがあるわけでもありません。

それを考えていくには自閉症に関する知識を身に付けていかなくてはいけないので、わずかづつではありますが今学んでいるところです。



依存症などの心の病は生育環境などの後天的なものに原因を見つけますが発達障害は先天のものです。

それに相応しいアプローチをしていくために、発達障害について少しでも学んでいくことが私たちに求められていると思います。



今のGAにはギャンブルに問題をもっている人たちが医療機関、県や市の精神保健センター、弁護士・司法書士、等々様々なところから紹介されてやってきます。

ギャンブルに嵌っていればGAへ、といっしょくたに私たちのところに送られてきたのかもしれないし、自らそう思って扉をあけてきたのかもしれません。



GAのメンバーのなかでもプログラムを手渡している仲間の方々は発達の特性について肌で感じられた事はないでしょうか。

ステップ5の時に、第3者の目というものは物事の本質を正確に見る事ができる、という事をスポンシーとしてもスポンサーとしても私たちは経験しました。

私たちのごくごく身近に発達の特性を持った人たちが少なからずいると思います。

そのような方々に対しGAメンバーとして活動している私たちにできる事とはどのようなことになるのでしょうか。



先日先行く方から冊子を頂いたのですが、その中にギャンブル依存症の中間施設のワンデーポートの施設長をされている中村努さんの考えが書かれていたのですが、その文章がとても胸に響きました。

「私は、依存症概念も、発達障害の概念もその人の困難を理解するための「道具」だと考えています。

疾病概念にその人をはめ込むのではなく、その人が生活を安定させ、その人らしく生きるために、依存症や発達障害の概念をその人に合わせて使うことが、大切だと考えています。

わが国の依存症支援は、人に焦点を当てるのではなく、やめるためのプログラムに重点が置かれているように思うのです。

こうした支援のあり方は、人間の尊厳が守られているとは思えないのです。」



中村さんが書かれている事はまさしくスピリチュアルな事だと思いました。

改善の余地があれば私たちは成長する事ができる、と確か赤か緑に書いてあったと思います。

自分に出来る事をやっていきたい、そう思います。

明日のGA

明日のGAは「東北会病院の4階」→「東北会病院の1階」に会場変更になります。

ギャマノンは事前案内のとおり4階で開催します。


GA・ギャマノンとも18:00~20:00で開催。

なお、会場の都合上19:00には出入り口がすべて施錠されますので気をつけて下さい。

宜しくお願いいたします。

ヽ(&#59;´Д`)ノ



あー。心の琴線に触れてしまった・・・

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。