スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へたれ

私は今毎朝5時半頃に起床しています。

そして毎朝目覚ましが鳴る度にこう思います。

「あ~、仕事に行きたくねぇ~。」



そう思ってから家を出て電車に揺られる事約1時間40分。

8時半始業で12時にはお昼休憩になります。

その時には持参のおにぎりをもしゃもしゃ食べながら、「あ~、早く帰りて~。」と思います。



そして足も棒のようになった業務終了後、電車に乗り込むのですが、

「明日もここに来なきゃいけないのかぁ・・・。」とやっぱり思います。



勤務二日目の朝から本日まで、そう思わない日はありませんでした。

完全に「仕事行きたくない&したくない病」が発症中です。



このかりそめの職を得るまで苦労したにも関らず、

そして今の業務上の人間関係も業務内容も何ら問題無いにも関らず、

「行きたくない」のです。



まったく持って、私はへたれであります。



今の職場は土日祝がお休みというありがたい環境なので、今この時間、金曜の深夜というのは最高の開放感があります。

早く寝ればよいのについつい夜更かしをしたくなります。

という訳で夜遅くにこの記事を書いている訳です。



今の職場で一緒に働いている人達は老若男女、本当に様々です。

数ヵ月後にはみんなてんでんばらばらになる運命なのですが、なんだかんだでみんな生命力逞しい。

それぞれの方が色々な経験を抱えてこのかりそめの職場に集っているのですが、そんな彼らを近くで見ていると「働いて稼ぐ」という事の意味を、何とは無く感じるものです。



私が今この場に居させてもらえる事も、これもご縁だなぁ、とそう思います。



今の私は金も無いし何だかしらないけど時間も余り無く、割と貧乏暇無しの状態を地で行ってる感じがします。

「その日暮らし」にかなり近い状態なのですが、何となくそういうのも悪くないなぁ…とそう感じています。



でもぉ、そんな殊勝な事は言いつつもやっぱりお金も時間も女性も欲しい、と私は心底から思っております。

スポンサーサイト

仲間

昨日は面接があったので自分が会場係をしているミーティングを初めてサボりました。

代わりに開けてくれた仲間、ありがとう。



面接の前、私は何とはなく不安で、何とはなく話を聞いてもらいたくて、

ある仲間に今からそちらに行ってもいいですか?と連絡をいれました。

今日面接がある事を事前に仲間には相談して改めて話をすることもなかったのですが、「いつでも来ていいよ」と言ってくれたので遠慮なく伺わせてもらいました。



30分程度その仲間とは話しました。

GAの事や面接を受けにいく会社の事も話したのですが、その話自体は30分のうち5分も話してなかったと思います。その他の時間はどうでもいい話を延々としていました。

仲間の顔を見て、そのような感じでどうでもいい話をしていたら何だか心が落ち着いてきて、そして安心しました。

仲間にお礼を言いました。



そして面接を受けてきました。

こちらも30分程度でした。

私の採用・不採用の連絡を、週末先方から頂く事になりました。



面接の内容・その結果について家族に連絡をいれ、その後もう一回その仲間のところへ。

面接の内容をまた少しだけ喋って、あとはまたダラダラと色々な話をしてきました。



ずいぶんとその仲間の時間を私は拘束してしまいました。

我ながら本当に寂しがりやで怖がりや、ほんでもってやっぱり自己ちゅーなのね・・・と思いました。



私は色々な仲間に対して、信頼していますし、ありがたいと思っていますし、心から感謝しています。

その一方、私は仲間に対して冷酷でもあるし非情でもあるし、こころよくも思わないし、ムカついてもいます。



GAの仲間達は本当に様々な事を話します。

思った事をそのまま言ってる人、

毎度毎度、根っこが同じ話を手を変え品を変えて話している人、

回復とはこうあるべき、みたいな話をする人、

何回聞いても救われない話をする人。



どのような話の内容だろうがそれを聞くたびに安心したり、共感したり、ムカついたり、馬鹿言ってるんじゃないよとクスっと笑ったりしています。




・・・




仲間って一体どういう存在なのでしょうねぇ?(笑)





そんな仲間の事がお前は好きなのか嫌いなのか?と言われれば・・・

私は多分仲間の事が好きなのでしょう。(ほんとか?)




仲間のお陰で・・・というこの業界での常套句がありますが、私の今の感情はちょうどそのような感じです。

GAというものは、本当によくできているものであります。



格式高い神がお望み?

おや?奇遇だねぇ、とか、

あらまぁ、こんなところでお会いするなんてぇ~ 何だかご縁ですねぇ、とか、

おお、いいところにきた、とか、グッドタイミング!、とか。



そういった言葉は普通に自然に話すことができる。

それは日本人の生活に自然になじんでるからなのでしょうね。



それがハイヤーパワーとか神とかって言葉に置き換えて口から発すると、

何でまぁあんなにぎこちなくなるのかねぇ。



「自分なりに理解した」神様っていうけれど、ほんとのところはどうなんだろうねぇ。

もしかしたらみんなで同じ神様を崇めているのではないのかしらん?

神様たるものかくあるべし、みたいな。



そんなんもっと俗っぽくってぜんぜんいんじゃね?


プログラム不全のGA

「今頃何してんだかなぁ・・・」とたまぁ~に思うのはミーティングに顔を出さなくなった仲間の事。

(私は冷血人間。ほんとにたまにしか思い出さない。)



うちのGAとギャマノンは、同じ日、同じ時間、同じ建物の中でミーティングをしています。

なのでミーティングが始まる前や終わった後など、よく顔を合わせるのです。



そしてGAには来ていない仲間の家族の方はしっかりギャマノンに来てたりしています。

今一番困っている方がやっぱり動くのですね。

で、その家族の方の顔を見ると私の熱狂的共依存の血が騒ぐのでありんす。

「○○君、元気にしてますか?」とか何とか聞きたくなるのです。



先方から何かご相談があれば受けてはいますけど、

こちらから余計な事を話しかけたりしないように^^;、いっつもその衝動を我慢しています。

でも家族がギャマノンに来てればとりあえず本人はまだ生きてんだべ、とそう思えますから(笑)。



それ以外の単身の仲間や、家族がギャマノンに繋がっていない仲間についてはもう消息不明だなぁ。

生きてるかもしんないけど、もう死んでっかもしんない。

彼らの事を考えるたびに私の主治医が言った一言を思い出すのです。

「一番人が亡くなる依存症は恐らくギャンブルだよ。」って言われた事を。



「死ぬくらいならスリップしたほうがいい。」と先行く仲間がミーティングで話しているのをよく聞きます。

私も実際そう思う。

生きててナンボ、だから。



そうは思うけれど、今与えられているアブスティナンスを粗末にしてはいけない。

次にまたアブスティナンスが自分に与えられる保障なんて、そんなものはどこにもないのだから。

ミーティングに来なくなった仲間達が実際にそれを物語ってくれているのですから。



あちこちのグループから

「そのまま通りすぎていく仲間が多い」

「新しい仲間が定着してくれない」

という話を聞きます。



うちのグループも例外ではないです。

新しい人が中々繋がってくれません。

本当に「通り過ぎていく」という言葉がぴったり。



ミーティングに来ないのは彼らの問題・・・でもあるけれど、

ミーティングをしているグループの問題でもあるでしょう。



一致のためのプログラムに沿ってグループの側に問題点があればそれを正していけばいい。



私たちの側の問題。

それは単純に「惹きつける魅力」が私達にないんでしょうね。



新しい仲間がミーティングに実際に来て、私達の話を聞いてみて、私達の姿を見て、

その上で、彼らは私たちの今の姿に何の魅力も感じないのでしょう。



賭けない生き方って何だか良くわからないけどよさそうだ、

このミーティングにまた来てみようと、そのように彼らは思わないから来ないのでしょう。



私達の唯一の目的は「今苦しんでいる強迫的ギャンブラーにメッセージを運ぶ。」という事。

でも現状をみればそのメッセージが運べていない。



メッセージを運べていない最大の原因。

それは回復のためのプログラムと一致のためのプログラムが機能していないからだ、と個人的には思うのです。



12ステップは2ステップになってないのか、

優先しているのは個人の福利になってはいないか。



海の向こうで50年以上前に出来たものが、太平洋を渡って私達の住む街にやってきた力って一体どんなものなのでしょうか。



原点回帰が今こそ必要なんじゃないかと、

そんな事を未熟なアブスティナンスを持つ回復途上の人間が、自分の事はとりあえず棚に上げておいて偉そうに語ってみました。




自分の生きかたの方をあるがままの状況に合わせてみてはどうか

今日はステップワーク&ミーティング。

ステップワークは今日から手渡しを開始する初めてのスポンシーと。

今回のスポンシーの抱える生きづらさの問題は私にとっても初めてのケース&最近この業界を賑わせてる?ものだったので、マイスポンサーとギャマノンの方に事前に相談して色々な助言と提案を頂きました。

今日は読みあわせよりも分かち合いに重点を置き、開始。



今後はこのようなケースが多分増えてくるのだろうなぁ・・・。

ステップで対応できるものとそうでないもの。

医療機関との連携とでもいえばいいのか、

「靴屋よ、汝の本分をはみだすな」って事なんだろうなぁ。

私にとってもとても貴重な経験になると思う。





さて、まったく話は変わって。

そのステップワークの最中、私の携帯に見慣れない番号からのTELあり。

相手方の番号も携帯。

だれか仲間からの電話かなぁと思い電話に出てみたら、

以前に履歴書を送ったところからでした。



「履歴書を見て、あなたと面接してみたいと思いました。」と言われました。

非常にありがたいお話なのですけれど、何でこんなタイミングで・・・(汗)



その電話で自分の今の状況をまずは話しました。

「私は今緊急雇用創出の職に就いています。

来年の2月末日までの期間限定雇用です。

御社の求人はすぐの戦力を求めていらっしゃるのですか?」と。



そうしたら先方も色々なぶっちゃけ話をしてくれました。

先方の事情も、どのような人間を求めているのかも簡単にはですが把握できました。



その求人は長く働くことができる求人であった事を思い出し、

また私の今までのスキルを多少なりでも生かすことのできる接客業。

少し思案の上、面接を受けることにしました。



私がそこで思案した理由は、GAの時間でした。

そこでの業務はサービス業になりますので土日祝は間違いなく休めません。

ミーティングの時間内に業務が終了できるとも限りません。

特定の曜日に希望通りのシフトが通る可能性も多分ないでしょう。

その事は先方の話からも推察できました。



でも今の厳しい求人状況は身をもって体験しています。

長く働くことが出来る職場は私にとってはとてもありがたいのです。





私がここまで就活をして得られた事。



私が希望する月収15万前後で土日が休みになる職。

そのような職では、

現在38歳の男性で、

10年の不動産の営業スキルと宅建主任者の資格、

百貨店とコンビニの販売スキルを持つ人間は「必要とされていない」という事でした。



その条件にこだわれば、

私はいつになったら働くことができるのか・・・。まるで見当もつかないでしょう。



今の私にとにかく必要なものは、

私の生活を支えてくれる収入が得られる職業です。

それが無くては私は何もする事できません。




それを考えながら、GAのミーティングの事を考えました。

自分のここ一年のグループ活動について振り返ってみました。



毎週2回のホームのミーティングを私は一度も休んでいません。

不定期のオープンミーティングには大体月1回の割合ででてます。

AA・NAには今年は一回づつ参加。

GAのセミナーや集いには6回。

AAのOSMには2回。

ダルク・AKKのセミナーに1回づつ。

医療関係のものに3回。

そしてステップワークには何日使ったか、ちょいとわかりません。



上に書いたことを足していくと最低でも年間100日以上、私は依存症に関る何かに出ています。

そして私が自分で会場を開けているミーティング以外、

そのほとんどが土日祝日の開催です。

そして私が自分で開けている曜日についても、これから就く職の内容によっては正直どうなるかもわかりません。



仲間に助けられ、仲間とともに歩ませてもらってきたこの1年9ヶ月。

ある程度の回復の基盤が築ける年月では到底無く・・・・。

もしかしたらそのまま自助グループから自分が離れていくのではないかという不安。



正直言って色々な思いが去来します。



何でそこまでGAに固執するのか?

と言われれば、それは怖いから。

またあの日々に戻ってしまうのではないか、という恐怖があるから。



すっかり私はGA依存症になってるから(笑)



今日はその電話を受けた後にGAとギャマノンが会ったので、

仲間と家族に直に相談する事ができて助かりました。



私の中での転機、とでも言えばいいのか。

どうもそんなような事を考えなければいけない時期にさしかかっているのかもしれません。



いずれにせよ、3月にはまた直面しなければいけない問題。

面接を受ける前によく考え、面接を受けた後に決断しないといけないなぁ。




自分で自分の思い通りに人生をひねくりまわしませんように・・・。

あるがままの状況に合わせることができますように・・・。




海と山

前記事にコメント下さった方、お返事遅れて失礼しました。

昨日PCいじってたら何やら調子が悪く、色々いじっててプログラムの削除していましたら・・・



あれもこれもとやっていたら、

とて~も大事なプログラムをいつの間にやら削除してしまい・・・



そしたらネットに繋がらなくなり・・・



ううう。。。



どーしていいやら途方に暮れ・・・



今日半べそ状態でヨドバシに行って、

「実はこんな事をやらかしてネットに繋がんなくなってしまったんですが・・・」とダメもとで聞いてみたら、

懇切丁寧に色々教えてくださって。



「その状況であれば、恐らくフォーマットすればダイジョブですよ^^」と。



その方とお話してたのですが、マジでその定員さん、後光が差しておりました^^

ありがたや~、ありがたや~。

もう私、ヨドバシカメラさんに足を向けては寝られませぬ。



と言う訳でフォーマットも終了し、めでたく今ブログも書けております。

いやー、フォーマットしたら快適になった^^

ずいぶん動作が速くなった。

知らぬ間にこのPCにも色々な重荷を背負わせていたんだねぇ(笑)



さてさて、私は今仙台じゃないところで働かせてもらっています。

電車で一時間以上かけてあるところまで行ってます。

首都圏じゃかなり短い通勤時間だけど、

交通網が発達していない地方では電車で一時間って結構な遠距離です。



でもその町にはこんな風景がそこかしこにあり、なかなかいいものです。



こんな感じの町並みで、

ただ、感じるままに 無限に飛べ!



上の写真の場所で動かずに後ろを振り返ると、

ただ、感じるままに 無限に飛べ!



んで突き当りまで歩けば、
ただ、感じるままに 無限に飛べ!



こんなん感じ^^



仙台市にも海はありますが、内陸の方に市街地が広がっています。

ですので住宅地の中に忽然と海があるっていう写真のような風景にはなりません。



この写真の街は海の向こうには山もあり。

今はちょうど紅葉の季節でもあり、ただぼんやり歩いているだけで癒されます。



まぁ、毎日死ぬほどあちこちさまよい歩くので、あまり風景を見る余裕も無いのですが・・・^^;



さて、PCも直ったし明日明後日は休みだし。

寝よ寝よ、もう寝よ。


今日一日

お陰様で来月の家賃は何とか払える状態になりました。

(でも延滞の連絡はしなくてはいけないが。)



2月末までは職の心配をしなくて済みます。

私を支えてくれた家族と仲間にとにかく感謝、感謝としかいえません。

とはいいつつも、3月からはまた地獄の就活をしなくては・・・汗



私、今の借金の民事再生手続きを今年の1月に弁護士にお願いしていました。

お願いしたはいいものの色々その下準備やら私の怠慢やら何やらがあって、

私の民事再生を弁護士を通じて裁判所に提出出来たのが4月頃です。



つい先日、弁護士から連絡がありました。

裁判所から私の再生計画が認可された、と。

その書類の写しが私の手元に来ました。



その書類に添付してある私の返済計画表に記載してある数字。

確定している私の債権額:約330万円(元金のみ)

再生計画による返済総額:約190万円



私は所有不動産に担保をつけて借り入れも行いました。

その債務額は約220万。

それは不動産引渡しの時に売買代金から一括で返済しました。

これは私本人の収入からは一切支払いをすることなく、

家族との共有物であった物件代金から返済しています。



また2年前に訴訟を起こされた分、約30万。

これはその時に全部支払いました。

私が家中から家捜しして金を盗み、

家に売れそうなものがあれば全て売っていた時に、

当時の奥さんが必死で守ってくれていた残り僅かな貯金で返済しました。

やはり私は何もしていません。



これから私は3年をかけて約190万円を支払い終われば、

借金自体は全てなくなるようになります。



ただし約190万円とはいいながら、

不動産売却代金のお陰でそのほとんどを支払う事ができます。



私はここまで生きてきて、

お金の苦労も、そして職を得るまでの苦労も、両方共に感じた事が無い人間です。



裁判所の書類を見て一番最初に思ったことは、

330+200+30で約580万円のお金があれば何年暮らす事ができる?、

とそう思いました。



ハロワ通いをしてる最中に思ったことは、

何でこんなに面接も受けさせてもらえないの?、

って。



今日一日という生き方、去年のちょうど今頃ステップを踏み始めてそして今。

今はお日様の下、何かから逃げ隠れするような事もない毎日を送らせてもらっている。



過去は過去。

蓋をする事はもうしないし、もう戻れない。

今出来る事は自分の過ちをひとつずつ正していく事。

お金も職も、全部自分の今までの生き方の表れ。



現在は現在。

ただ感じるままに・・・ってな訳には残念だけどいかない。

毎日あちこち迷走しながら過ごしている。

今の生き方がやはりありのままの自分。

変えられるのは現在だけ。



未来は神様の領域。

どうしようもないさね。



いやいや、

生きるってのは本当に難儀なことだ。

しかも普通に生きるってのは私には一番難儀な事だ。

何せ今まで普通に生きてはこれなかった。



ほんと、それで今まで自分の力で生きてきたって思って疑わなかったんだから身の程知らずも甚だしい。



今日自分に出来た事は何だったかな。

今日自分に出来なかった事は何だったかな。



いつになったら・・・・・・とは言わない様にしよ。


いつのまにやら手いっぱい

何が手一杯かって、ステップの手渡し。

暫くは今のスポンシー達に手渡すので私いっぱいいっぱい。



あー。

今週土曜の回復研の集会 には行きたいなぁ・・・。

暇は沢山あるのになぁ・・・

金がねーんだよなぁ・・・涙

ううう。。。



去年横浜の回復研に行って、

ステップ踏んでる人たちの話を聞いて、

今のスポンサーにお会いできて・・・。

ほんで今無職か?って事になるんだけど・・・滝汗



でもなぁ、

最近スポンシー達を見てても思うけど、

実際私のスポンサーになって欲しい、ってその方にお願いするのって勇気いるんだよねぇ。



今日もたまたまそんな話になって。

やっぱり人にお願いして頭下げるのって私ら苦手なんだよねぇ。

何で中々言えないかっていえば、

自分の力で何とかしたいって、やっぱりそう思うんだよねぇ。



ステップもハンドブックやガイドブック、BBや12&12を読んで、

自分なりに実践してみればそんでいいじゃんって。

自分でとりあえずできるじゃん、って。



棚卸なんて別に書かなくてもミーティングで喋ってるからいいじゃん、

埋め合わせなんて言うけど、賭けてない姿をその人に見せ続ける事がそれになるじゃん、

みたいな。



恐れずに、徹底して、モラルと財務の棚卸しを行ない、それを表に作った。

その人たちやほかの人を傷つけない限り、機会あるたびに、その人たちに直接埋め合わせをした。

ってハンドブックに書いてあるのに・・・ね。



単純に本に書いてある通りにさえ、自分は従うことができない。

自分ひとりではもうダメぽ。。。

ってならんとどーしよーもないんだけど、

それはステップ1の話。

自分の力でなんとかしよって思ってる事自体、ステップ1が踏めてない。



1が踏めてないんだから4にくる棚卸しも、9にくる埋め合わせなんかも出来るわきゃない。

もしかしたらスポンサーに頭を下げて、私にステップを手渡して下さいって言ってみて、

初めてステップ1が踏めるのかもしれないなぁ。



去年随分私ももじもじしてたもの。

今のスポンサーに声をかけようと思っても、

「あ、今誰かと話してる。後にしよ。」とか、

「今は誰も周りにいない。今は行けるかもしれないけど、声をかけるのはいつでもできるからもう少し経ってからにしよ。」とか、

狂った自我が一生懸命言い訳作ってその場から逃げようとさせる。



結局私も声がけが出来たのは、集会も終了して、ハンドリングしてお祈りした後、さぁもう帰るだけ、って時。

それでも足が前に動いてくれなくて(笑)



私の足を動かしてくれたのは、その時一緒にいてくれたGAの仲間のお陰。

山狸ヒロ吉さん&中野の虎さんだったなぁ。←微妙に伏せたつもり。



「あいさつだけでもいいから行って来い。」

「わざわざここまで来たんだから・・・」って言って、私の背中を押してくれたのを今でもしっかり覚えております。

お二人ともあの時はありがとうございました。

あれがなければ、もしかしたら今頃私死んでたかもしれません。



スポンサーもスポンサーで、

よくもまぁ見知らぬ奴のスポンサーを引き受けてくれたものだと、

ほんとそう思います。

スポンサーの問題はアルコールだけど、私の問題はギャンブルだし。



今日実際、私はスポンシーの事が良く分からなかったので色々聞いてみました。

ミーティングでは顔を何回もあわせていたのですけど、

彼の事を私は全然理解できていなかったので。



今日の話でやっと彼の事が理解できたので、

んじゃがんばりましょー、って事になったのですが、

その時にマイスポンサーの事を思い出しました。



あー、そいえば私全然自分の事話さないで、一方的にお願いしたなぁ、と。

よくそれでも引き受けてくれたなぁ、って事に今日初めて気付きました(汗)

スポンサー、すみませんでしたm(_ _ )m


嬉しい事

ミーティングでも家族と話してるときでも、

いっつも「職が決まんないようぅ~ ううう。。。」と話してるものだから、

どんだけあいつはヒモジイ思いをしてるのか・・・と何やらもぞこく思われているらしく・・・汗



ありがたい事に家族や仲間からの食料援助が半端無い事になってる・・・涙

我が家の冷蔵庫の中身をみれば、お前ホントに無職なのか?ってくらい入っております。

おコメに至っては春まで新たに買う必要がないぐらい皆さんから頂きました。



ううう。。。

ごめんよごめんよー・・・涙

ほんと、ありがたいです。



今も20数枚目の履歴書をカキコ中。

いや~、しっかしここまで決まんないとはマジで思ってなかったけれどぉ^^;

今月家賃払えるのかしらん・・・汗



送る事は送るのだけれど、面接まで行ってくれないのがとにかくシンドイ。



書類の書き方がエラクマズイんだろうと最初は思い、

見易さ、構成、あぴーるポイント、色々変えてやってみた。

仲間や家族にも何回か実際見てもらって送ってみたのだけれど、

どーにもダメなんだよねぇ。



私も今必死なんだけどねぇ、

採用しようとしている向こうは多分もっと必死。

このご時世に会社のお金払って雇う訳だからそらそうだ。



そんなこんなで8月は私暑くて暑くてどーしようもなく←言い訳

9月から色々動き出したんだけど、もう11月も半ばになりますがな。

このまま行くともう間もなく終わるよ・・・

おれ終わっちゃうねぇ~。オワタ\(^о^)/



そんな感じで←どんな感じなんだ?

今はパートと3・4ヶ月くらいの期間契約のところに応募しておりました。

それが決まってくれれば、収入足りない分はバイトで埋めてっと考えておりまする。



自分がどーしても譲れないっていう条件は、うちのGAに出るってことだけ。

それが満たされて働かせてもらえるところがあればどこでもおkですので、

在仙の企業様、何卒何卒働かせてくださいませ。



強迫的ギャンブラーって生き物は、基本的には何気に優秀でございます。←自分で言ってるし。

GAメンバーはすべからく優秀でございますので、どうぞ宜しくお願いします。



つー訳で履歴書書いておりましたら、スポンシーから連絡がありました。

ご縁があって地元のAAに繋がる事が出来たらしく、

繋がったばかりだけれど、あるサービスの役についてみないかとセクレタリーから言われたと。



私、大賛成。

是非やれ。

サービスって本当に身になる事だから。

ましてそのサービスは、普通繋がりたてのメンバーでは絶対にできないサービス。



対人関係の問題がいつも彼を煩わせている。

10月に彼に会った時もそうだった。

実際に彼が自分が傷つけた人に埋め合わせをしてみてもモヤモヤが消えてないようだった。



お祈りしてないでしょ?

頭ただ下げただけじゃないのって。

相手のことを許すつもりなんかさらさら無くて、それで埋め合わせした気分になっちゃたんじゃないの?



許して欲しければ、相手をまず許そうって。

そう思えるようになるまでお祈りするんだって、そうBBに書いてなかったけ?

ってかなりキツク彼に言った事を覚えてる。←自分の事わぁ棚に上げてるような・・・滝汗



彼もかなり沈んだ感じでその日は別れた。

夜にメールはくれたけれど、何気に心配してたんだよね。



私と会った次の日に、彼が繋がる事が出来たAAでステップミーティングがあったらしく。

ちょうどステップ8で12&12の輪読をして分かち合ったらしい。

あのステップで書いてあることは確か「ゆるし」についてだったと思うから、

そこで恐らく彼なりに感じる事があったのだろうと思う。



今日の電話から聞こえてくる彼の声でそれは良く分かった。

そして実際に行動にできた事もあった事を聞いた。

そんな彼の今をみて、セクレタリーの方がサービスの話をふってくれたのだろうなとそう思った。



サービス付いてみて、多くのアルコホーリクと交わってみて、

きっと沢山の気付きがあると思うよ。



そう言って下さって本当にありがたいね^^

私はとても嬉しく思ったよう。



さ、私は野垂れ死にしないように職を探さねば・・・大汗

今月末、福島に仲間の顔を見に行く時までには職が決まってほしいぃ~



甲府や昭島の仲間も言ってたけれど、

立派な回復とか輝かしい再出発とかまともになりたい(笑)とか何も要らんから、

地道に朴訥として生きたい、

ホントふつーに生きたいって改めて思ふ本日なり。


ありがたいなぁ、とシミジミに思うここ最近

祝日の今日。

天気もまあそれなりだったのでとりあえず洗濯して、掃除して、

仙台も急に寒くなってきたのでコタツ布団を引っ張りだしてコタツ設置。



まだコタツの電気を入れなくてもしばらくすれば体温で暖かくなってくる。

うおぉぉぉ、コタツさいこーじゃ~^^



ほいでもってまったりしてたらいつの間にやら気を失っていたらしく・・・

気が付いたら間もなくGAの時間だったじょ。

危なかったじょ、遅刻するところだったじょ。



今日はいつもに比べれば随分沢山の人がミーティングに来てくれたなぁ。

賑やかだけど落ち着いていて和やかな、何とも言えず良いミーティングだったなぁ。

集まってくれた仲間達、一人一人に感謝^^



最近ほんと思う。

恵まれているなぁと。

ありがたいなぁと。



ご飯食べられて、

暖かいコタツがあって、

住む事のできる家があって、

家族がいて、

仲間がいて、

友人がいて、

お祈りする事が出来て、

職を探す事ができて、

健康でいられて、

本当に恵まれていると思う。



今、人から指をさされて何か言われるような事を、私は何もしていない。

人に話せないような事を、後ろめたくなるような事を、

何もしていない。



それが何よりもありがたい。



生活はかなりシンドイ状態で、10円20円ケチるような生活をしているけれど・・・汗

それにも関わらず毎日のんびりのほほ~んとしてるけれど^^;



でも楽^^



昨日ハロワでもう何通もらったか、数えるのもめんどくさくなった紹介状をもらってきて、

すぐに履歴書と職歴書を入れて郵送した。

見知らぬ番号の着信が来るのをドキドキしながら待っているのにも、もうすっかり慣れた^^;



私が精神病院を退院してから、

恐らく今が最も自分的には苦しい状況なのだろうけれど。

そんでも今の自分の状況が、やはりとても恵まれているのだと、そう思う。



そして、どなたかのお役にたてる人間になりたいな、と思う。

刹那の瞬間でもいいから、どなたかのお役にたてればいいな。

キチガイパチンカスが一体何を言っているのか、と思うけれど(笑)

書くこともこっぱずかしい事だけれど、そう思う。



感謝して、そしてガンバろ^^



徒然。

先週のある日、私はひとりのGAメンバーとして大手の貸金業者の方とお会いしました。

うちのグループにね、その貸金業者の方から連絡があったのです。

その折に「ミーティングに出てみたい」とか色々な申し出があったらしく。



それはちょいと何なので、という事で東京から戻ってきた次の日。

うちのグループのセクレタリーと一緒にその業者と面談?しました。

あー、ちなみに私はその業者からもがっつり借りました~^^;



強迫的ギャンブラーとは切ってもきれないお金の問題。

私らが勝手に借りまくって、勝手に恐怖の対象にしてしまった貸金業者。

その人達がわざわざうちのグループに連絡とって、一体何の話やら、と思ったのが正直なところ。



でもま、相手の話をとにかく聞いてみました。



内容としては、「当社としては今後債務者のお金にまつわる悩み、今の生活不安の相談にとにかくのりたい。」

という事でした。

総量規制、貸金業法の改正、○富士などの大手の現状、

自社を取り巻く今現在の様々な環境の変化に対して、

貸す、という事は一時置いておき、債務者に対するカウンセリングをまず第一義とする。

その会社は全社的にそのような方針を立てたらしいです。



そんな彼らはまず行政に相談にいったらしい。

そこで方針を説明したら、行政からこの街にはGAっていうのがあるよ、と教えてもらったらしく。

うんうん。

そーゆーことですか。



強迫的ギャンブラーの実態とでもいえばいいのか。

彼らは一人一人の取引履歴をみれば、私らが明らかにオカシイ金の使い方してるのは当然わかる。

でもなんでそこまであんたやるの?、という我々の心理の事は当たり前ですけど分かるはずもないんですよね。



そんでま、とにかく体験を聞いていただくのが一番、という事で私らの自分の話を延々とさせていただきました。

その担当の方、私らの話を聞いてかなりドン引きされてしまいましたが・・・汗

そんなこんなでいろいろ話しをしました。

そして話の最後、まずは相談に見えた方々の話をじっくり聞いていくことしかないようですね、と向こうから言ってきました。



あー、そうしていただけると大変助かります^^

でもねぇ、私ら基本的に何を聞かれてもね、うつむいたまま何も喋れないんですよねぇ・・・

と私が言ったら、その方激しく同意してました^^;



どんな事でも構いませんからお話になってみてください^^

みたいなことを言ってもな~んにも話してくれないのです。

とその担当の方は言われておりました。



いや。

実際そうでしょう。

私、本当にそうでしたもん。



話の途中、先方から色々な提案も頂きました。

が・・・

伝統6に抵触することばかりだったので(笑)、

全てお断りしました。

私らが申し出を断るという事を向こうはあまり想定していなかったようでしたので、

新しくなったばかりのハンドブックをその方に一冊お渡ししました。



いやいや、中々に面白い経験になりましたねぇ。



あー。

そういえばこれからは無担保の貸金業者は自前で生命保険かけられなくなったので、

債務は死んでもそのまま相続財産として残るそうです。

相続放棄はできるようですが、その場合、その債権自体が消滅するのかどうなのか、

その辺がちょいと今わかりません。

今度弁護士に聞いてみよう。



今死んだら借金はとりあえず消えるなぁ、なんて私も当時思っていたのですが、

それは今はなくなった。



一回あれだな、プレッシャーリリーフミーティングってものをやってみないといけないなぁ。

繋がりたての仲間は大体その問題抱えてるだろうし・・・。

その辺は色々私達も勉強しないとダメだな。



しっかしあれだ。

本当に世の中って常ならず。

無常って感じ。



ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。

だっけか?方丈記の冒頭に書いてあったのは。



あ、折角ここまで書いたからあれだ。

ま、その人このブログ見てるかどーかわからないけれど。



仏教の真言宗の教えの中に十善戒っていうのがあるのよ。

10の教え、なんだけどね。

その中のうちのこの二つ。

よく考えてみないかね^^



不綺語(ふきご)

よく考えて話をしよう。

人をからかったり、相手に恐怖を抱かせるような事をやめよう。

誠意も持つこともなく、ありもしない事を言ったり美辞麗句を言ってへつらったりしない事。



不瞋恚(ふしんに)

にこやかに暮らそう。

感情を出す事を耐え忍んで、相手の全てを包容し理解して怒らない事。

自分が正しくて、他人が間違っているという感情を持たない事。

人生は思い通りにならないと感じ、それを楽しむ事。



不瞋恚(ふしんに)に書いてあることは、多分どの人間にも相当厳しい事だろうけど^^;

霊的な完成を、ではなく成長を目指す、というのが肝。

今の自分を取り巻いている環境、

それは何かのせいだから・・・、

それは誰かのせいだから・・・、ではずっと同じ問題を抱えたままで棺桶に入ることになるよ。



お互いもちっと楽に生きていきたいね。

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。