スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷惑話が自分にリンクした

車を持っていない隣人に「ついでに乗せてって」と言われたけど断った。これって非常識?
by pedrosimoes7 シングルでマンションに一人暮らしという身ならともかく、家庭や子供を..........≪続きを読む≫
[アメーバニュース]


↑の記事をたまたまマイページから読みました。


隣人が車を持っている事をいいことに、何とか車に乗せてもらおうと頑張っている人の話です。

記事はお隣の方の視点から書かれています。


私はこれを見て今までの私の対人関係やその対処の仕方、そして自分の言動と行動に共通する事がいっぱいあるなと思いました。


この記事は迷惑な隣人への対処というテーマなんでしょうが、とても考えさせられました。


宜しければご覧ください。

※携帯の方は閲覧できないかもしれませんのでコピペしたものでご紹介します。


━─━─━─━─━─


シングルでマンションに一人暮らしという身ならともかく、家庭や子供を持つと都市部でも意外とおろそかにできないのがご近所づきあい。波風立てず、程よい距離感で付き合っていきたいものですが、隣人がものすごく厚かましい人だったら…。今回はそんな事例と、理不尽な要求への対処法を紹介します。

車を持っていない隣人Aから、「車に乗せてよ」攻撃をされて悩んでいるというトピックスが発言小町で話題になりました。

本題に入る前に、まず、トピ主と、登場人物である隣人Aのざっくりとしたプロフィールを紹介します。二人は車がないと不便な地域に暮らしており、ご近所づきあいが始まったのは去年から。携帯番号とメールアドレスは交換済みという間柄のようです。

●トピ主…30代専業主婦、夫と二人暮らし。

去年から賃貸用の新築一軒家に在住。近場の買い物には自転車を使い、雨の日やまとめ買いをするときは車を利用。隣人Aとは去年の暮れからの付き合いだが、鍵がなく家に入れないAの子を預かったことがあったりと、何度かAから頼み事をされている。

●隣人A…40代専業主婦、家族は夫と小学生の子供1人。

トピ主が住む家と同じ大家が管理する賃貸の一軒家に在住。車が故障して廃車となり、来年まで購入予定はない。毎日買い物に行くのが趣味(?)らしく、廃車後、1ヶ月ほどタクシーを利用して買い物していたが、夫から注意され、それ以降、トピ主の携帯メールに「車に乗せて欲しい」と暗にほのめかす内容のメールをほぼ毎日送信。自転車は持っているが利用しない。


隣人から毎日メールが来るという状況が、既に尋常じゃない気がしますよね…。

それはさておき、トピ主は隣人Aから「今日は暑いから買い物に行くのが大変。

どうしたらいいと思う?」などという含みたっぷりのメールが届いても、「ほんと暑いですね」と無難に返信してやり過ごしていたのですが、ある雨の日、車で出かけたスーパーで、ついに隣人Aにつかまってしまいます。

レジで待ち伏せていた隣人Aは、「帰りに車に乗せていって欲しい、どうせ帰る場所は同じなんだから」。

しかし、何かトラブルがあったときに責任が取れないということ、また、ここで1度でも乗せてしまうとこれから何度も利用されるかも…という危惧から、トピ主は「運転に自信がなく、何かあったときに責任が取れないので乗せられない」と断ります。

すると隣人Aは、その場では引き下がったものの、翌日トピ主宅に訪れ、「あんな断り方をするのは非常識だ!」とトピ主を非難したというのです。

そこでトピ主は、自分の対応はAの言う通り非常識だったのかどうかを問うトピックスを小町に立てるわけですが、「そりゃもちろん、Aさんのほうが非常識でしょ」というレスが続々。

ただ、断り方としては、「このあと寄るところがあるから乗せられない」「以前、人を乗せたら事故を起こしたことがあるので、それ以来、家族以外は乗せないようにしている」「夫から人を乗せるのは禁止と言われている」などウソも方便的な断り方のほうが良かったのでは…といったアドバイスも数多く寄せられました。

このままトピックスは終息するかと思われたのですが、この後、事態は予想外の方向に進展します。

以下、トピ主の報告を中心にドキュメントにしてまとめてみました。

■7月12日
トピ主がトピックスを立てる。レス続々。

■7月14日
「非常識」とトピ主に文句を言ったのを忘れたかのように、隣人Aから再びメールが届く。

今回は「暑くて歩くのがイヤだから車に一緒に乗せて欲しい」とはっきり要求が書かれた文面。

トピ主は「今日は買い物に行く予定がありません」と返信。

この日はその後、連絡はなし。

■7月15日
トピ主、近所のBさんに相談。

すると、実は隣人AはBさんともトラブルがあったことが判明する。

隣人Aがトラブルメーカーと知り、トピ主は夫と相談。

今後お願いされてもきっぱり断り、それでダメならAの夫に相談するという方針を決める。

■7月16日
隣人Aから再び「買い物に行きたいから乗せて欲しい」とメールが来る。

トピ主はそれに対して「前回お話したように運転に自信がないので車に乗せることはできません。

何かあった時に責任が取れないからです。

今後も頼まれては車に乗せることはできません、ごめんなさい」と返信。

この日はその後、連絡はなし。

■7月17日
再び隣人Aから「買い物に行くから一緒に行こう」というメールが届く。

トピ主が放置していたところ、隣人Aがトピ主の家に直接来訪。

「メールの返事がないから来てみた。買い物に一緒に行こう」。

…トピ主、観念して「私は自転車だけどAさんはどうします?」と聞く。

すると、「じゃあ自転車で行きなよ。

私は車で行くから」という意味不能な答え。

「え?」と聞き直すと、トピ主の車が空いているのだから貸して欲しい、と。

あまりの要求に愕然としつつ、トピ主は「うちの車は家族限定の保険しかないので貸せません」と言って断った。


まるで日本語が通じないかのような行動を取る隣人A。

怖いですね…。

トピ主もさすがに恐怖を感じたらしく、結局、自分の夫と二人で、Aの夫に直談判することにしたそうです。

するとAの夫は「本当に申し訳ない」と平謝り。妻が人との距離を測れない人であること、また今後何かトラブルがあればすぐに自分に教えてくれ、ということで、トピ主夫婦も納得し、それ以降、隣人Aからの接触はなくなったようです。

言及はされていませんが、もしかしたら隣人Aは、ただの厚かましい人ではなく、何らかの病を持っている人なのかもしれません。

ともかく、一連の出来事を通して、こういった面倒なタイプのご近所さんから困った要求をされたときの断り方や問題解決法が学べそうです。

ポイントは以下の通り。

☆イヤなときははっきりと断る。
気を遣った表現や婉曲表現、また言い訳をする必要はナシ。

「○○なので乗せられないんです」と述べたところでこのタイプの人はあきらめません。

その言い訳をつついて「○○でも大丈夫よ」などと自分都合で解釈してくる可能性があるので、「できないものはできない」とひたすら主張を通すのが良いようです。

☆その場限りのウソはつかない。
今回のようなケースでは、ウソも方便、はあまり効き目がなさそうです。

また、近所付き合いでいったんウソをついてしまうと、後でつじつまが合わなくなることもあり、結局は自分の首を絞める事に。

☆パートナーに相談する。
今回のように相手が難敵のときは、自分ひとりで抱えず、夫などに相談して情報の共有をしておくのがよさそう。

一家の方針を決めておけば、気持ちのブレも少なくなります。

☆相手の家族(夫など)に直談判する。
はっきり断っても解決しなかった場合の手段として。

今回のトピ主はこうやって解決しましたね。相手の家族が常識人ならば、たいていはこの方法が一番効くようです。


相手にきっちりノーと伝えないと、ストレスに押しつぶされてしまうのは自分です。しっかりと断る勇気や決断力を持ちたいものですね。


written by トレンドGyaO 編集部



今日一日 賭けない日を仲間とすごそう


分かち合おう その思いを



日本ブログ村、人気ブログランキングの2つのランキングに参加しています。

今日の記事が役に立ったと思っていただけましたら、協力ポチをそれぞれお願いいたします。


※もしポチをしていただけましたなら画面が完全に表示されるまでお待ちください。

完全に表示される前に戻ってしまいますと投票がカウントされません。

大変お手数ですが宜しくお願い申し上げます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました。

スポンサーサイト

次回告知

次回ブログGAの告知です。

次回は8/2(日)午前0時UPでお願い致します。


今回は仲間から議題を2つ頂く事ができました。

本当にありがとうございます!


その2つの議題は今週と来週それぞれに使わせていただきたいと思います。

両方とも非常に意義のある議題です。


今回の議題は、

「あなたが体験したギャンブルの恐さを教えてください」です。


あなたが体験した背筋の凍りついたギャンブルの体験を教えてください。


参加頂ける方は事前にこの記事にコメントで意思表示をお願いいたします。




いつも記事をあげてくださる皆様、本当に感謝しています。

ありがとうございます。


それからもし、他の方々の記事を見て同じ議題で書いてみたいと思われた方がいらっしゃいましたら是非書いてみてください。


ご自分で書いてみて初めてこのブログGAの趣旨がご理解いただけると思います。


もしご1報いただければリンクを貼らせていただきますので宜しくお願い致します。


━─━─━─━─━─


ちなみに過去のバックナンバーはこちらです。


第一回 ギャンブルを始めたきっかけと禁ギャンブルを決意したきっかけ


第二回 スリップを回避する方法


第三回 迷惑をかけた家族や周りの方に伝えたい事


第四回 ギャンブルに対して無力を認めることができますか


第五回 あなたが今もっとも悩んでいることはなんですか


第六回 ギャンブルに求めていたものはなんですか


第七回 ギャンブルのためにどんな嘘をつきましたか


第八回 小さな楽しみ


━─━─━─━─━─

今日一日 賭けない日を仲間とすごそう


分かち合おう その思いを



日本ブログ村、人気ブログランキングの2つのランキングに参加しています。

今日の記事が役に立ったと思っていただけましたら、協力ポチをそれぞれお願いいたします。


※もしポチをしていただけましたなら画面が完全に表示されるまでお待ちください。

完全に表示される前に戻ってしまいますと投票がカウントされません。

大変お手数ですが宜しくお願い申し上げます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました。


底つきってなんでしょうか

依存症の最初の関門、否認を解くためには「底つき」が必要とよくいいますが「底つき」とはなんでしょう。


今までも「ギャンブルに白旗を掲げた」とか「無力を認めた」と書いてきましたが、

私自身は

「自分の日常が砂上の楼閣のように、砂のように崩れ去った時」に

「私はなんてことをしてきたんだろう」と感じました。


数え切れない多くのものを失った事に気づいた時、私の日常が消えた時、その時が多分私の底つきなのでしょう。


暫くは私は何もできませんでした。


何をしていいのかも分からず、とにかく自分を知りたいと思い家族の援助を受けて私は入院する事にしました。


入院が決定してから私は離職の為の事務手続きをしている最中に、自分が病気である事を心から認めたのですが、それ以降社会から隔絶されたそして依存症患者しかいない状態でやっと自分を少しづつ知っていきました。


自分がギャンブルにはまって人間関係を失い、お金を失い、家を失い、家族を失った事。


入院費用を家族が出してくれていましたが、もしそれを打ち切られたら私は戻るところがなく、病院にもいる事ができず、人間関係を失っているので誰も頼る事をできず、自分の行き場がなくなり生きていく事ができない事。


多額の借金があり今の自分には返す力はない事。


実際に逮捕はされなかったけれど、刑務所にいっていておかしくない犯罪を犯していた事。


自分がギャンブル依存症という精神疾患にかかっていて、自分は普通の人ではない事。


これらの事を知りました。


知ったら知ったで納得しました。


「ああ、自分はそうだったんだな」と。


そうしたら自分がいとおしくなりました。


何度も死にたい、狂いたいと思っていた私が心から生きたいと思うようになりました。


そして現状がんじがらめの状態をなんとかしようと思い色々調べました。


調べたら現状の私の状態で自己破産も選択できる、うまくいけば民事再生も選択できる、生活保護を受けて生きていく事ができる、それらの事を自分の意思で選択できる事がわかりました。


ここまで弱い私でも生きていく事が許される!

とにかく生きていける!


それから私の心境は変化してきたと思います。


私の場合は、底つきを感じ→病気とわかり→自分を知り→なんとかなると思った→今日一日ギャンブルを止めて生き方を変えよう


というプロセスになるのでしょうか?


今は一人で賃貸に暮らしていますが毎日生きていけている事に本当に感謝しています。




でですね、おとといの私が書いた記事についてなんですが・・・


正直に書きますね。


あんまり仲間達のスリップが多いので、なぜか心からムカつきました。


やる気あんのかって、止める気本当は何もないんだろうって、何にも怖さがわかってないんだろう、奈落まで落ちなきゃわからないのかって、思いました。


ごめんなさい。すいません。これが正直な思いです。


自分の体験で骨の髄まで分かってるくせに・・・



私は本当に傲慢なんです。自分の思う通りにいかないと子供のように・・・いやまったく子供なんです。

感情の赴くままになってしまって、他人を省みず、我を通してしまいます。

ご不快な思いをされた方もたくさんいらっしゃったと思います。

心からお詫び申し上げます。

すみませんでした。



言葉をしっかり選び理性をもって記事を書いていきますので何卒お願い申し上げます。


ですので、ここから言葉を正して記事の補足をさせて下さい。


ここ1ヶ月相当数のスリップ報告がありました。

これは由々しき事態だと思ってください。


というのはスリップというのは禁を破った時にいう言葉ですが、そもそも前段階での動機付けをしっかりしなければいけないという事をお伝えしたかったのです。


その動機とはこの記事の一番最初に書いた「底つき」です。


「底つき」を感じて禁を決意して禁に励み尚ギャンブルをしてしまった・・

それがスリップだと思います。


「底つき」とは最初に書いたように、恐らくは「全てがギャンブルによって消えてしまう、失ってしまう」という感情を自分で自覚する事だと思っています。


依存症から回復している仲間達は、私が知っている限り・・・ですが、例外なく「底つき」を経験しています。


それがあるから禁の意味を自分で心から納得して毎日を過ごす事ができるのだと思います。


底をつき、禁に励む仲間は自分の弱さを知っていますから正直ですし謙虚です。


弱い事は恥ずかしい事でもなんでもなく、寛容・思いやり・正直・謙虚という素晴らしい精神を引き出して、知らずのうちに自らの成長を促してくれます。


私はそうなりたいと願い日々過ごしてはいますけれどもなかなか至りません。


これが私の元来の性格であり生き方だったものですから、これを修正したいと思っています。

しかしこの作業は非常に時間がかかります。

今回の事で再度実感いたしました。

やはり一生の作業であると納得しました。


脱線してすみません。


その「底つき」ですが、これは個人で「そう感じた時」なので個人差があります。


私の知っている仲間でも「え!?、そんなに早く気付いたの??」って方が結構います。

そして意図的に「底つき」のレベルを引き上げる事は可能です。


意図的に「底つき」レベルを引き上げる方法は、仲間の話に心から共感することです。

仲間の話を利用してください。


同じ体験をしているもの同士、非常に深い絆である問題縁という絆で私達は繋がっています。


私達は分かち合いを毎日ブログを通じて行っているわけです。

仲間の話は自分にとって擬似体験です。


これで自分が本来「底つき」に至るまで経験すべき事を仲間の話から経験するのです。

その分当たり前に「底つき」は早くなります。


仲間のギャンブルをしてしまった体験などはそっくりそのまま自分の経験として吸収しましょう。

禁が長く続いてる仲間の過ごし方や考え方も自分の経験になります。


このブログで仲間の記事を真摯に読む。それに共感して自分の経験として吸収する。

このブログで繋がっている仲間達の記事は、私達にとってまさしく宝の山なんです。


ここに、この場所に、あなたが求めているものがそこかしこに転がっています。

それを利用してください。


自身の回復を最優先に、それが全体の福利に、と以前に書きましたがここにも繋がります。


ぜひ仲間達のブログをじっくりと見てください。

あなたの助けになるブログが、記事が、必ずあるはずです。



最後に、私達がギャンブル依存症である限りいつスリップするかはわからないのです。


それはこの病気にかかっている以上しょうがないものと思ってください。


それがこの病気の怖いところなのです。


でも決して諦めないでください。


この病気からは必ず回復できます。

私達は必ず回復できます。


数多くの先行く仲間がそれを証明しています。

お互いに頑張っていきましょう。




今日一日 賭けない日を仲間とすごそう


分かち合おう その思いを



ランキングに参加しています。

今日の記事が役に立ったと思っていただけましたら、協力ポチをそれぞれお願いいたします

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました。


今日は蒸し暑いですね…

仙台はめっさムシムシしています(-。-;)


皆さんはお変わりなくお過ごしですか。


私は今日は今からキムさん に激安肉市場に連れて行ってもらいます♪

有り得んほど安いらしいので楽しみです:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


今日は夜はGAですので、今日はこれで終了します。


あと明日はブログGAです。

参加表明してくださった皆様、宜しくお願いいたします。





今日一日 賭けない日を仲間とすごそう


分かち合おう その思いを



ランキングに参加しています。

今日の記事が役に立ったと思っていただけましたら、協力ポチをそれぞれお願いいたします

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました



子供時代を振り返れば

子供達、夏休みに入ってますよね。

なんか外でワキャワキャやってる子供達を見て、自分のちっちゃい頃を思い出しました。
私は、基本ヒッキーですがw、子供の頃は良く外に出て遊んでいました。

今から30年前の仙台って、のっぱらや空き地が本当にいっぱいあって中には鬱蒼とした原生林みたいのところも市内に結構ありました。
昭和50年代の前半です。
電柱も木だったでしょw
そこに蜜塗っといて、夜親と一緒にカブト虫やらクワガタ捕りにいったり、昼はのっぱらにいってバッタやカマキリなんかよく捕りにいってました。

また缶けりとかドッジボールとか、学校のプールとか、遠方に住む親族のとこいったりとか本当に毎日遊んで楽しかったのを思い出しました。

子供の頃は、なにもしなくても朝早く目が覚めて、夜は早く寝ていたな・・・と思い出しました。
まあ、あんだけ遊べば疲れて寝ちゃうでしょうがw
でも寝る時もすんなりと、そしてしっかり寝てましたね。

そして朝の目覚めの抜群にいいこと♪
起きた瞬間から「今日は何して遊ぶべ?」ってことしか考えてなかったような気がするw

っと思い出したので、皆さんもたまには結構な昔を思い出して、ほんわかするべし(・∀・)



こんなメイちゃんみたいな顔してた時なかったすか?




雫みたいなドラマッティクな恋はないとおもふww
でも、こんなはにかみ顔はなかったすか? 




あの時と、そして今と、もし昔に戻れたら…、今の自分が子供の時の自分に会えたら何をしてあげたいですか?


私はですね~


















あっちむいてホイして、あっち向かせてからハグしてあげたいwww





今日一日 賭けない日を仲間とすごそう

分かち合おう その思いを


ランキングに参加しています。
今日の記事が役に立ったと思っていただけましたら、協力ポチをそれぞれお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

人気ブログランキング
ご協力ありがとうございました



陳倉の戦い



今日は三国志の話を書きます。


三国志は、レッドクリフ等でも皆さんご存知かと思いますが、ごく簡単に説明します。


時は西暦でいうと200年前後の中国の話です。

その時の中国は、3つの国に分かれて覇権を争っていました。

その3つの国は、魏(ぎ)、呉(ご)、蜀(しょく)です。


レッドクリフの舞台となった赤壁は呉にあります。

この三国の中で最も強大な国は魏です。中国の北半分を領土としています。

ちなみに、このときは日本は倭の国と呼ばれた弥生時代で、邪馬台国があった時。

邪馬台国の女王、卑弥呼は魏に使いを出して「親魏倭王」の金印をもらっています。


今回はその三国の中でも国力的に劣る蜀と魏の戦いの話を簡単に書きます。

蜀は四川料理で有名なところです。マーボー豆腐とかですね♪


主役は希代の天才軍師、諸葛孔明です。


実際はどうか不明ですが、三国志演義というフィクションの物語では、孔明はほとんど神様みたいな特別な存在です。

今までの戦績は、100戦100勝みたいなありえない軍師なのですが、その孔明が魏に戦いを仕掛けた時の話です。



場所は陳倉というところです。

孔明は大軍を率いて、魏に攻め込みました。


進軍途中に、いつの間にか魏が城を築いていてそれ以上軍が進めなくなりました。

守ってる兵はごくわずか、とにかくこの城を落として先に進むために孔明は攻めることにしました。


孔明は近代的な武装を揃えていました。

そして孔明の側は数で敵に勝る状態でしたので、まずは敵の城を守る将軍を寝返させるために使者を送りました。

敵の将軍は郝昭(かくしょう)という忠誠心厚い功臣で、寝返ること等ありませんでした。


孔明はしょうがなく城を攻め始めました。

軍備に勝ること、数で圧倒していること、士気も高い事、そしてなにより孔明は勝つのが当たり前なぐらい勝ってきた軍師です。

※この時の軍勢は、魏が数千、蜀は何十万というくらい差がありました。

この城もすぐに落とせると思っていたのでしょう。


でも郝昭は敵の軍備をよく調べていました。

それぞれの兵器の弱点を知り、効率的に守り最初に攻めてきた孔明の軍を見事撃退しました。


孔明はその場で新兵器を作り、大きいはしごみたいなものを馬に引かせて、そのはしごの上に櫓を築き、たくさんの兵士を乗せたまま、敵の高い城壁を登ることなく攻め込める武器を投入しました。


でも郝昭はその兵器が木でできていることから、城直前まで十分ひきつけて油をぶつけ、その後に火矢を打ちすべてを灰にしてまたも撃退に成功しました。



孔明は頭を悩ませました。

この城をなんとかして落とさなければ軍は先に進めない。

もちろんほかの道もあるのですがかなりの遠回りになりますので、その間に敵の援軍が来てしまえば兵力的には互角かそれ以下になってしまいます。


時間的な問題もありその城を落とすことに固執しました。



孔明は城の地下から攻め込もうと考えました。

兵士総出で地面に間道を掘って敵の城の中に直接攻め込もうとしたのです。


郝昭はその情報をスパイから知り、一計を案じました。

下からくるならあらかじめ城の中に堀を作っておこう、もし敵が穴をほっても上が水なら敵の掘った間道の中に水が入り敵は全滅させることができると。


両軍一生懸命土を穿り返しました。

結果城の中の堀が早くでき、孔明の軍は水攻めにあい、多くの兵士を失いました。


ここに来て、孔明の耳に敵の援軍が迫ってきているとの通報がはいりました。

孔明は、敵の援軍の進軍を止めるために自軍から何名かの武将を敵の援軍にぶつけさせました。

しかし、敵の援軍の将軍は強く、孔明の送り出した将軍はすべて打ち破られました。



いよいよもって時間が無くなり、早くこの城を落とそうと孔明は考えました。

遠征にでているため、食料補給等の関係から撤退も視野に入れなければならない時でしたが、孔明はこの城を落とすことだけを日夜考えました。


あの天才軍師孔明がいくら考えても考えても、城を落とすアイディアがでてきません

孔明の顔には焦燥感が、ありありと浮かび始めました。


その時に、孔明と一緒に従軍していた将軍の一人が孔明に進言しました。


「この城にこだわりすぎているのではありませんか?


私はこういうときは離れる事が大事ではないかと考えます」


「あっ!」


孔明の顔は見る見る晴れ、


「そうだった、このような時は離れることが大事だった。


わたしはひとつの城を落とすことにここまで手間取ったことはなかった。


意地になっていたようだ。礼を言う。」


といってすぐさまその地での勝ちを求めず、負けたまま見事なまでに軍を引き去りました。


その引き去り際に、もとからの希代の能力を発揮して敵援軍の将軍を討ち取り、敵を散々に打ち破り再度魏に軍を進めることができました。




こんな感じです。


これは陳倉の戦いといいます。


三国志演義という長い物語の中にこの話が出てきます。



ところでこのフィクションから学べること、気づけることはひとそれぞれいろいろあると思います。


今回書こうと思ったのも、最近スリップの話が多かったからです。


何かしら「ん?」みたい事、あれば嬉しいはないちもんめです(笑)



サトシあにぃと打ち合わせしたわけではないのですが、たまたま二人の思いが合致したようでw


彼の熱い魂が私達に語りかけています。


その想いを心に留めて、今日一日、賭けない日を、正直に、謙虚にすごしていきましょう。









今日一日 賭けない日を仲間とすごそう


分かち合おう その思いを



ランキングに参加しています。

今日の記事が役に立ったと思っていただけましたら、協力ポチをそれぞれお願いいたします

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました






(ノ△T)アァァァァァァ ~~~~

今日は仙台は最高気温20℃と少し肌寒いくらい。

暑くて作る気にならなかったカレーとポテトサラダ♪
ギャンブル依存症のお陰で、親愛なる仲間達の力に身を委ねる幸せを実感した男の超感謝ブログ-SN3I0071.jpg



食べようと思ったら……














家にはスプーンなかったよ…(泣)












だれか~~~~~(泣)






スプーン下さい(T^T)!!




家族向けセミナーご案内&ギャンブル依存症認知UPの為の協力願い


日本で唯一のギャンブル依存症の中間施設が、利用者増加に伴い対応に迫れています。

今までは受付から入寮や通所まで、時間はかからなかったそうですが、今後待機日数が出る可能性があるそうです。


中間施設とは、本人の依存症の回復から社会に復帰するまでのトータルサポートを行います。


アルコール依存症ではマックが、薬物依存症ではダルクになります。

※マック、ダルクについてお知りになりたい方はこちら へ。


マックもダルクも全国各地にありますが、ギャンブルの中間施設は関東にひとつしかありません。


ギャンブル依存症は、ギャンブルをすれば誰にでもなる可能性のある病気です。

そこかしこに公営ギャンブルやパチンコ屋がある日本の社会を鑑みれば、到底数が足りていません。


またGAも全国的に広がっていますが、例えば私の居住している宮城県のお隣、山形県や近畿地方では奈良県等にはまだGAがありません。


ギャンブル依存症は、他の慢性疾患と同じく早く対処すればするほど、失うものは少なくてすみます。


先般のホール放火事件や、ニュースでよく聞く横領や詐欺・窃盗事件では、その金銭を「遊行費に充てた、借金の支払いに充てた」等、ギャンブルに問題があって犯行に及んだであろうことが推測できます。


マスコミの報道も、「依存症」かもしれない・・・といった見方や取り組みがされておらず、まだまだギャンブル依存症の社会的認知は低いと言わざるを得ません。





ところで先日の放火事件は、私達は加害者にも被害者にも十分なりえたはずです。


難を逃れることができたのは、「たまたまその日、賭けていなかった」


ただそれだけのことです。



私はニュースを聞いたときは、以前も書きましたが怖かったです。


本当に不謹慎ながら、被害者の方々のご冥福云々よりも、自分がもしあの場所にいたら・・・そっちの事にしか頭が働きませんでした。


今もパチンコのハンドル、スロットのレバーを叩いていたら間違いなく私は逃げることなど無く、無表情で打っているはずです。


今日現在は、賭けない一日を過ごしていますが、自分でギャンブル依存症である事を忘れた時には、また賭ける日々を送ってしまうでしょう。



私達は誰一人として、今自分がギャンブル依存症であることを忘れてはいけません。


嘘を重ね、

目もうつろ、

朝が来る度に重い気持ちになり、

借金を重ね、

何をしても満たされない、

ギャンブルに逃げ、

ギャンブルに支配され、

そして毎日死ぬ事を願った。


あの日々にもう戻りたくない、その思いで禁ギャンブルをしているのに、少しでも賭けない日を過ごし続けていると私達はその事を忘れていってしまいます。


ちょっとした事に幸せや喜びを見出し、平穏な時を過ごし始めると、あれだけの事も忘れていってしまいます。


依存症は、心の病であると同時に生き方の病です。

生き方を変えていくのは一生をかけての仕事です。


今禁ギャンブルブログを書かれて共に回復の道を歩んでいる大切な仲間達は、今一度自分がこのブログを書こうとした気持ちを思い出してください。





そしてこのブログでの皆さんの活動が、社会的なギャンブル依存症の認知拡大への助けに必ずなるはずです。


たかがブログ、されどブログです。

今日の日本で、ブログの影響力はバカにできません。


ギャンブル依存症のブログが増えていく事は、悲しい社会の現実を知らせてくれる、ギャンブル依存症の社会的認知の拡大、そして私達依存症本人の回復に非常に効果があります。


自らのための回復行為は、全体の一体性に必ず結びつき、そして自らに還元されます。


社会的認知をあげる事も私達の回復の為にはやっていかなければならない事です。


皆様には引き続き、禁ギャンブルブログの継続運営を心からお願い申し上げます。





さて、最初にご紹介したギャンブル依存症の中間施設ですが、8月30日(日)に名古屋でセミナーを開催する予定との事です。※詳しくはこちら をご覧ください。


セミナーのテーマは「ギャンブルで借金、離職、失踪・・・そのとき家族はどうする」です。


このセミナーはギャンブル依存症本人は参加できません。

ご家族や、法曹関係者、一般の方々のみを対象にしています。

中間施設からのメッセージは下記のとおりです。


━─━─━─━─━─

近年「ギャンブル依存症」とい言葉が知られてきており、「病気である」ことや「GAに行くこと」が有効であることも周知されています。

しかし、実際に回復に導くためには、ご家族や周囲の方が単に「手放す」だけではなく、本人へ介入することが必要です。

私たちはこの活動を9年間継続してまいりましたが、その中で個別性を重視した支援が大切であることがわかってきました。

当初は「GAに行っていればよい」という考え方でしたが、今は「GAが合う人」には12ステップの基礎を伝え、「GAが合わない人」にはその人がギャンブルをやらないで生きるスキルを学んでもらうプログラムを提供しています。

先駆的にギャンブルの問題を支援している施設として、最先端のプログラムと考え方をお伝えすることが、このセミナーの目的です。

━─━─━─━─━─


もし中部地方にお住まいの方で、家族・周囲の人のギャンブルの問題で悩まれているという方がいらっしゃいましたら、ご参加されてみてはいかがでしょうか。


ご興味がおありでしたら、入場は100名までとの事なので、こちら でお申し込み・お問い合わせをされてください。


このセミナーに関しての情報は、中間施設には許可を得ていませんが・・・・、まあ堪忍してください(笑)






今日一日 賭けない日を仲間とすごそう


分かち合おう その思いを



ランキングに参加しています。

今日の記事が役に立ったと思っていただけましたら、協力ポチをそれぞれお願いいたします

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました


ブログGAの再告知です


昨日は沢山の方とピグでお会いできて、嬉しかったです。


ありがとうございました♪


これからも宜しくお願い致します。



ところで私のブログの左側に、ブログGAのバックナンバーを設置しました。

今までの議題順に並べてありますので、以前より見やすくなったと思います。(PCのみ)




さて明後日のブログGAの議題は
「ギャンブルのためについた嘘はなんですか」です。


時間は7月19日(日)午前0時UPでお願い致します。

ご参加頂ける方はコメントで意思表示して下さい。


尚、すみませんが私がブログを見させて頂いた時に、ブログGAの記事を書かれていらっしゃった時は、私の記事にリンクを貼らせて下さい。


「最初は書く気がなかったけど他の方の記事を見て書きたくなってみた」


是非書いてみてください^ ^


自分の事、書いてみてください。

そして仲間達の考え方、生き方を参考に、自分を少しづつゆっくりゆっくり変えていきましょう。


沢山の方のご参加、お待ちしております。




今日一日 賭けない日を仲間とすごそう

分かち合おう その思いを

ランキングに参加しています!

人気ブログランキング
にほんブログ村 借金・借金苦


あっついの~~~~~


何もせんでも汗がにじむぅ(-o-;)


さて、今日は机その他求めて三千里。


動ける時に動かねば…、いつの間にやら寝てしまいヨダレも垂れちゃうw



その前に…
*しほぉんさん*へ

今日、ニラ醤油でパスタ作ってみました。

じゃこをカリカリに炒って、ブロッコリーとオリーブオイルで炒めたソイソースパスタ♪

とりあえずブロッコリーしかなかったからそうしたけど、エリンギとかニンニクの茎、春菊とかほうれん草にしたら多分激ヤバかと思われる(・∀・)♪

その内作ったらUPしてみます☆



姐さんへ(昨日のコメ欄さっき見たので)
ラクダのももひきは知ってますよんw

○子さんと○a○oさんにしたのは……………





…………






まっいいでしょ(・∀・)

叱られても困るw



S氏へ
泉中央と長町南と一番町に行ってますので、多分今からワシは出っぱなしッスw

時間近くになったらメールください^ ^


でわ、暑っつい昼下がりですが皆様ご自愛下さい(・∀・)


次回告知

次回は「ギャンブルのためにどんな嘘をつきましたか」です。




日時は7月19日(日)午前0:00アップでお願いいたします。




参加ご希望の方はこの記事にコメントで意思表示をしてください。




当日の私の記事にリンクを貼らせていただきます。




宜しくお願い致します。




今日一日 賭けない日を仲間とすごそう




分かち合おう その思いを










ランキングに参加しています!


人気ブログランキング




にほんブログ村 借金・借金苦

タイアップ記事のご提案です

アメブロの仲間達へ提案です。

ブログネタなんですが、そのネタをギャンブル依存症にしてお互いに記事を書いてみませんか?

この提案の趣旨は、「お互いの考えや経験を共感し分かち合う事で、自ら、そして仲間達の回復に役立てる」です


実際のGAでも決まったお題に対してその場で自分の経験や考えを話します。
また言いっぱなし聞きっぱなしですから他の人はその意見に対して何も言いません。
GAの趣旨も共感する、分かち合う事です。


ブログの場合ですとコメントは遠慮したいという時はその記事のコメ欄を閉鎖すればよいです。


またテーマは具体的に一つに絞ります。
例えば、「ギャンブルの為に失ったもの」など、ギャンブル依存症からの回復の為の議題にします。


またとにかく正直に自分の言葉で書く事とし、長文にする必要もありません。

重ねて、この提案の趣旨は共感する事、分かち合う事です。


共感する事が出来れば、文章の巧拙は問題にはなりません。


あと、これはちょっとお遊びですが記事を上げる日時も全て同時、というのはいかがでしょう?


なんかちょっとドキドキしませんか?


未来記事設定にすればオッケーです。


ご賛同頂けたら今週末の日曜に時間を併せてやってみませんか?

オッケーでしたら議題の提案と共にコメ頂いても宜しいですか?

誰も来なければしません(笑)

宜しくお願いします。

今日一日 賭けない日を仲間とすごそう

分かち合おう その思いを

ランキングに参加しています!


この記事が少しでも役にたったと思って頂けましたらポチッとお願いします!


励みになりますγ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ




人気ブログランキング
にほんブログ村 依存症
にほんブログ村 借金・借金苦


今後ブログGAという名前にします

namoさんも 参加してくれました(^∇^)※勝手にリンク貼りました(笑)namoさん許してね。


ありがとうございます!!


ケンタさんにゃこさんyuukoさんともさんサルさんサトシさんマサキ↑さんアカさん雄一郎さん ヨハン が参加しています。

是非、他の方々の経験を分かち合ってください。


ご参加いただいた仲間達へ心から感謝します!!!



私は仲間達の経験から非常に貴重な分かち合いをさせて頂きました。


本当にありがとうございます!!!



今回の経験から、ブログGAの意義を感じています。


決まった題目でそれにそって自らの考えや経験を語る。


この事は自由に書いている通常のブログとは違い、その議題にそって自分と向き合わないと書くことができません。


この行動はまず自分の考えや経験を正直に話す事でもたらされる自己受容の意味があります。


そして仲間達の経験からそれを共有し、分かち合うことで賭けない一日を過ごすことの本当の目的である「考え方を変え、生き方を変えていくこと」に繋がります。


実際のGAでも全く一緒の事をしているのです。


自分の考え方や生き方は、仲間達の話を自分で吸収して、そこから自分で新たに創っていくものです。


まぢでブログってすげーわ(笑)




是非次回も開催したいと思います。


次回は来週6/14(日) また午前7:00にアップで開催します。


お題は募集いたしますので、6/16(火)いっぱいまでに、この記事にコメントとして投稿してください。


なにもなければ私が決めます。


皆さん宜しければ、自らの回復と仲間の回復のために、経験の分かち合いをお願いいたします。



今日一日 賭けない日を仲間とすごそう


分かち合おう その思いを


ランキングに参加しています!

この記事が少しでも役にたったと思って頂けましたらポチッとお願いします!

励みになりますγ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ


人気ブログランキング
にほんブログ村 依存症
にほんブログ村 借金・借金苦














ありがとうございます!

昨日の私のブログのアクセスは、ぴったり2150アクセスでした。

今はモバイルからなので詳細は不明ですが、PCの方で単一ユーザーが大体200人ぐらい見ていた数字になります。

モバイルの数字はわかりません。
今度アクセス解析がもっと詳細に分かるものに入って見ます。


様々な方が見てくださり本当に嬉しく思っております。


自らの、そして仲間達の回復の一助になる事を祈念してやみません。


これからもよろしくお願いいたします!

ありがとうございます!

今日一日 賭けない日を仲間とすごそう

分かち合おう その思いを


ランキングに参加しています!


この記事が少しでも役にたったと思って頂けましたらポチッとお願いします!


励みになりますγ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ




人気ブログランキング
にほんブログ村 依存症
にほんブログ村 借金・借金苦

第2回ブログGAは明後日の朝7時です。

ブログGAの再告知です。
6月14日(日)朝7時に記事UPをお願いします。
議題は「スリップを回避するための方法」です。

現在の参加予定者は、サトシさん、もふもふさん、ともさん、yuukoさん、ケンタさん、マサキ↑さん、namoさん、こっころーるさん、そして私です。

当日は私の記事に参加者の方の記事へリンクを貼らせて頂きますので、宜しくお願いいたします。
またご参加いただけそうな方は随時受け付けしますので、コメントでお知らせ下さい。


今回の議題は、ギャンブル依存症である以上避けては通れないスリップの事です。
皆さんもたくさんのスリップを経験されていると思います。
今回のブログGAから皆様に多くの気付きが得られます事を祈念しつつ、私も皆様の経験から多くの事を学ばせて頂きたいと思っております。

また私のブログですが日本ブログ村と人気ブログランキングに投稿していますが、日本ブログ村には2つのカテゴリーに登録しています。
依存症と借金苦です。

本日アクセス解析を見たのですが、ブログ村からの私のブログへのアクセスは借金苦カテゴリーからの方が多くなっていました。
平均順位は依存症カテゴリーの方が上にも関わらず…です。

まだ見ぬ仲間達へ一刻も早い気付きが訪れます事を願ってやみません。


では皆様宜しくお願い申し上げます。




今日一日 賭けない日を仲間とすごそう



分かち合おう その思いを





ランキングに参加しています
あなたのポチが頼みです

人気ブログランキング
にほんブログ村 依存症
にほんブログ村 借金・借金苦

第3回ブログGAの告知です

昨日のブログGAにご参加くださった皆さん、ありがとうございました。

昨日のアクセスは1600程でしたが、単一PCユーザーの閲覧数で250件でしたので、それだけでも前回のブログGAより50件強増えています。

全体のアクセスは以前より少なかったのですが、見てくれた方の数は以前より増えています。

これからも宜しくお願いします。


また今後是非沢山の方にブログGAにご参加頂きたいと思っています。

というのは、自分の思いを正直に人の前で話す行為は巡り巡って自分を許す、認める事に繋がります。
この事は病気の認知に最も有効ですので、ご参加お待ちしています。


さて、早速ですが次回の告知です。

次回は6/21(日)の午前0時開催。
議題は「迷惑をかけた家族や周りの方達へ伝えたい事」です。

参加して頂ける方はコメントで意思表示をして下さい。

宜しくお願いします。


今日一日 賭けない日を仲間とすごそう

分かち合おう その思いを

ランキングに参加しています
あなたのポチが頼みです

人気ブログランキング
にほんブログ村 依存症
にほんブログ村 借金・借金苦

ケンタさんからの寄稿です。

ランキングに参加しています!

あなたの1クリックが頼みです!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

にほんブログ村 借金苦


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



今日はこの記事で終了します。

ギャンブル依存症に限らず、全ての依存症は自分とその家族、周りの方々に対して甚大なダメージをもたらします。

あれだけの思いをしたのに、させたのに、私達依存症者本人は回復が進むとどうしても過去を忘れていってしまいます。

人間である以上過去は少しづつ忘れていってしまうものですが、振り返りをする事でその記憶を呼び戻すことはいつでもできます。


今回の議題は私達本人にとっては過去の罪を書くことになる為に非常に辛い事ですが、だからこそ、たくさんの方々に参加して頂きたいと思っています。

過去の事実は消えません。

過去があって現在があります。現在があって未来があります。全ては繋がっているのです。

自分に正直になる事は今現在だけでなく、過去についても一緒なのです。

ギャンブル依存症の回復に最も重要な事。

私はとにかく底抜けに正直であることだと思っています。





恒例になりつつあるヨハン兄さん主催のブログGAの三回目です。

今回のテーマは…

「迷惑をかけた家族や周りの方達へ伝えたい事」

たくさんの仲間が同じ議題で記事を書いています。
そんな仲間達のブログを読まれた方に何らかの変化生まれてくるのを強く望んでおります。




その前に…
実は今回のお題は、わたくしケンタ のリクエストなのです。

僕ら依存症と自覚している者にとっては、大いなる感謝の前に、気付いた時のその苦悩そして懺悔は決して外しては通れない道なのです。

そして…

…あにぃスマンm(_ _)m意見の違いはわかってるけどあにぃの企画に便乗させてもらうね。…


そして、同じテーマで、依存症者のご家族の方にも書いていただきたいのです。


『依存症者の身内にどんな迷惑をかけられているか、どれだけ心配させられているか』



双方の視点からお話しを見聞きする事により、(個々に合った)新たな解決策が見出だせるかも知れません。

そして過去(現在も)に私自身、ご家族のブログを見て『このままじゃいけない』と強く感じました。


失礼な話ですが、『人の振りみて我が振りなおせ』ですm(_ _)m


あぁ…そっか、このブロガーさんのご家族の方と同じ事やってるんだな…


とか、


これは今の俺だ!!…とか。




自分が依存症者だと気がつく為には、たくさんの記憶の引き出しを持つ事も大事なのです。


今気がつかなくとも、その記憶の引き出しが、自分の行動とリンクする日がやってきます。


手前味噌ですが、私自身、ご家族のブログを読まさせて頂く事により、より早い回復の道に導いてくれていると感じています。


ただ、依存症者をご家族に持つブロガーさんにとっては、非常に辛い作業ではないかと思っています。

しかし、ブロガーさん本人にとっても、今ある苦しみや悲しみと対峙することで、新しい考えや新しい道が生まれてくるのではないかとも感じている次第なのです。


いかがでしょうか?

できましたら、ご協力下さいませm(_ _)m


なによりも、ご家族の方の一日も早い回復とあなた様の心の平穏を願っておりますm(_ _)m


充実した毎日を過ごそう。

今日もパチンコは絶対にしない。

第4回ブログGAの議題募集

ランキングに参加しています!

あなたの1クリックが頼みです!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 借金苦 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




今回のブログGAには下記の方々が参加して下さっています。

サルさんとともさんが新たに投稿してくださいました。ぜひご覧ください。

依存症本人

ケンタさんサトシさんyuukoさん進志郎さんこっころーるさんkakoさんマサキ↑さん*桜*さんもふもふさんnamoさんミライさんサルさんともさんあいさん (2/28) 、けいちゃん (2/28)、ヨハン


依存症ご家族の方

千紗さんうちさんその1うちさんその2

皆さんありがとうございます!



今回のブログGAはケンタ兄のお陰で、ご家族の方にもご参加頂けて非常に有意義なものとなりました。

千紗さん、うちさん、本当にありがとうございました。



私が今回の記事を作成した後の後日談がありますのでここに記載します。


私は今回のブログGAの記事を実は泣きながら書いていました。

自分の犯した罪ではもう涙すまいと思っていたのですが、その時の家族や周りの方々の心情が今になって私の胸に飛び込んできました。

本当にどうしようもなく、ただただ、涙が溢れました。


その記事を書き終えた後、GAミーティングの日でしたので会場に向かいました。

会場は街中にありますので、車通りも多くパチンコ屋も沢山あります。

その時は、道路にパチンコ屋の宣伝カーが信号待ちをしていました。

大音量でイベントや新台の告知をしていました。

それを聞いた時、私は「打ちたい!」とただ思っていました。

なにも理由がなく、本当にただ「打ちたい」とそう思いました。


さっきまで家族達の思いに涙して記事を書いていて、これからGAに向かう最中に、止めたいと心から思い続けている私の頭の中に、宣伝カーから流れている音声だけで「打ちたい」という欲求が現れました。


これは明らかに正常では無い、普通の人ならありえない思考です。


異常以外のなにものでもありません。



私はその軽い欲求を認めた時、心の底から恐怖を感じました。

背筋が本当にゾクゾクと震えました。

改めてこの病気に恐怖を感じました。


今の私は賭けない一日を過ごすことが当たり前の日常になりつつあります。

賭けない状態で過ごせる毎日の快適さ、ありがたさを実感している状態です。


ただ今回の出来事で、その簡単のような賭けない状態は、逆にとてももろい事であることも改めて身に染みました。

そして本当に明日の約束は自分にはできないこと、今日一日賭けない日を過ごすことがいかに大変で大事なことなのかを今まで以上に認識しました。


ギャンブルが今でも私は大好きです。嫌いになれない事は判っています。

そしてギャンブルへの欲求は、もはや常人に域を遥かに超えて完全に病的です。

自分の意思うんぬんの理屈ではない、根源的な欲求が脳から沸き起こります。


これがギャンブル依存症なんだなと・・・


そして嘘で塗り固めた、逃げていた、無表情でいつもなにかに怯えていたあの日々を思い出しました。


私はもうあの日々には、絶対に戻りたくありません。

ギャンブル依存症である自分を認め、正直にそして心から止めたいと思っている自分を信じ、仲間の力を借りて今日一日を過ごしていきたいと思います。




ここからブログGAの告知です。

第4回のブログGAを今週末の6/28(日)0:00に開催致します。

本日中に議題のご提案があればコメントで投稿してください。


本日までに、進志郎さんから

スリップした時、禁ギャンブルで我慢している時はどんな気分(感情)なのか?

というご提案を頂いています。


自分が今苦しんでいること、聞きたいことがあれば是非コメントでお寄せ下さい。

よろしくお願いいたします。


今日一日 賭けない日を仲間とすごそう


分かち合おう その思いを



第4回ブログGAの議題は「ギャンブルに対して無力を認める事ができますか」

今回のブログGAは、以前から私がどうしてもやりたかった議題でやらせて下さい。

議題は「ギャンブルに対して無力を認める事ができますか」です。


開催日時は、6/28(日)0:00です。


参加いただける方はこの記事にコメントで意思表示をしてください。

なにより正直に自分の気持ちをそのまま記事にして下さい。

それがあなたと仲間の何よりの回復に繋がります。


宜しくお願いいたします。



▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


GAミーティングでは何種類かのテーマがあります。

今週はテーマ、今週はビジネスという具合に最初からその週のミーティングの議題を決めているわけです。


そのミーティングの種類の中に、ステップミーティングというものがあります。

これはAAを源にしている12ステップを議題としています。

GAの12ステップについてはこちら をご覧ください。


これはGAでは回復の為のプログラムとなっていて、すべてのGAメンバーはこのプログラムに従って毎日を過ごしています。

私もGAに繋がって5ヶ月目に突入しました。

今までステップミーティングの教材は買っていなかったのですが、今回購入してステップについて、更なる理解を深めていきたいと思っています。


教材は、以前ブログでも書きましたがビッグブッグを抜粋したものです。

ビッグブッグとは、AAの本です。


実際のGAでステップミーティングをする際は、ビッグブックの該当ステップを事前に読んだ上で自らの考えや思いをミーティングで話す、という流れになります。


今回はステップ1(私たちはギャンブルに対して無力であり、思い通りに生きていけなくなっていたことを認めた)の部分をそのまま転載いたしました。

AAの教本ですので、アルコールと書いてあるところはギャンブルに、AAはGAに、アルコホーリクはギャンブル依存症者に、アルコホリズムはギャンブル依存症に、神・ハイヤーパワーと書いてあるところは任意に置き換えてお読みください(私は神を仲間に置き換えて読んでいます。)


尚、非常に長文です。

これから定期的にステップを踏んでいきます。

私はGAの教えをよくブログに書いていますが、それはこの教えがギャンブル依存症の回復にあたり、最も合理的なものでかつ実際に回復できる事を知っているからです。

回復している先行く仲間をこの目で見ているからです。





ステップ1

「わたしたちはアルコールに対し無力であり、思い通りに生きていけなくなっていたことを認めた」


完全な敗北を認めたがる人がいるだろうか。

もちろんそんな人がいるわけはない。

自分がまったく無力だという考えには、全ての自然本能がこぞって反対の叫びをあげる。

破滅にいたる飲み方にとらわれ、そのためにゆがんだ心を抱え、このとらわれを取り除くことができるのは神の力だけだということを、グラス片手に認めるのは、ひどく不愉快なことである。


これほどの倒産劇はどこにもない。

いまや強欲な債権者になったアルコールが、私たちの自信も、アルコールの欲求に逆らおうとする気力も残らず搾り取る。

ひとたびこのような紛れもない事実を受け入れたなら、いま私たちが営む人間商会の破産は決定的となる。


しかしAAに入るとすぐに私たちは、この完全な屈辱についてまったく違う見方をするようになる。

この徹底的な敗北を経験したからこそ、解放と強さへ向かう第一歩が踏み出せたことが分かってくる。

自分が無力だと認めることが結局、幸福で生きがいのある人生を築き上げる強固な土台になるのだ。


AAにくるどんなアルコホーリクでも、まず自分のどうしようもない弱さとその結果を全部受け入れなければ、何もできない。

そこまで謙虚にならなければ、その人の飲まない生き方は――たとえできたとしても――あやふやなものでしかない。

本当のしあわせと言えるようなものは見つかりっこない。

これは、ぼう大な経験によって証明されつくしたAAの生きかたである。

完全な敗北を認めないかぎり、永続的な力を見いだすことができないという原理こそ、私たちの共同体が芽を出し、花を咲かせた根源なのだ。


はじめて敗北を認めようとした時、私たちのほとんどみんながそれを嫌った。

私たちは自信を持たせてもらえると思ってAAにきた。

ところが、アルコールに関する限り自信などは何の役にも立たないと言われた。

事実それはない方がよかった。

スポンサーになってくれた人たちは、私たちが人間の意志の力ではどうしても打ち破ることができない、言いようのないほど強力な精神的とらわれの犠牲者になっていたのだと断言した。

自分の意志の力だけで、この強迫観念と戦って勝つ方法はなかったとも言った。

私たちのとまどいにもかかわらず、その人たちは、アルコールに対する私たちの感覚がますます過敏になっていることを指摘し、それは一種のアレルギーだとも言った。


アルコールという暴君が私たちの上に双刃の剣を振るった。

それによってまず私たちは、狂ったような衝動、飲み続けるようにと宣告されたような衝動にかられた。

次いで、自分自身を破壊することになる身体のアレルギーに打ちのめされた。

この戦いで孤軍奮闘して勝利を得たものはほとんどいない。

これが統計上の事実である。

そしてこのことは人間がはじめてブドウをつぶして酒を造った時からの真理だったと思われる。


AAができたばかりのころは、もっともひどい状態の人たちしか、この苦い心理を飲み込み、消化することができなかった。

しかも、これらの「死にかけた」人たちでさえ、自分が実際にどれだけひどい状態であるかは、なかなか理解できなかった。

しかし、それを認めた人たちがいた。

この人たちはおぼれる者が救命具にすがりつこうとする真剣さでAAの原理のてがかりをつかみとった。

そしてその人たちはほぼ例外なく良くなった。

私たちの仲間がまだ少なかったときに発刊された「アルコホーリクス・アノニマス」の初版本が、どん底のケースばかりを取り扱っていたわけはここにある。

それほどひどくないと思っていたアルコホーリクもAAに来たが、自分がどうしようもない状態だと認めることができなかったために、うまくいかなかった。


ところが驚くべきことに、それから数年で、事情がすっかり変わった。

まだ元気で、家族もいて、仕事も失わず、その上ガレージには車が2台もある、といったアルコホーリクたちも、自分のアルコホリズムを認め始めた。

この傾向が広がって、まだほとんど潜在的アルコホーリクといってもよいような若い人たちも加わった。

この人たちは、私たちが通った、文字通り地獄の十年ないし十五年を経験しないですむようになった。

ステップ1は思い通りに生きていけなくなっていたと認めることを要求しているのに、この人たちはどうやってそれを実行できたのだろうか。


当然、私たちが経験した底つきを、その人たちのために引き上げる必要があった。

私たちの飲酒暦をふり返ってみれば、

自分で気づいたよりはるか以前から、すでに飲酒のコントロールがきかなくなっていたこと、

自分の飲酒がただの習慣ではなくなっていたこと、

それはまぎれもない死の行進の始まりだったことを説明することができた。


それでも信じない人たちには、次のように言えばよかった。

「たぶんあなたはアルコホーリクではないのでしょう。私たちがアルコホリズムについて話したことを忘れないで、しばらく節酒をやってみてはどうですか」

このような受け止め方はすぐに具体的な効果を示した。

一人のアルコホーリクの心に、もう一人のアルコホーリクがその病気の本質を植えつけたなら、その人はもう以前と同じではありえない。

それがわかったのだ。

それ以後、飲むたびにその人はこう考えるだろう。

「ひょっとすると、あのAAの連中の言う通りかも」。

そしてこういう経験を何回か繰り返し、最悪の状態になる何年も前に、納得して私たちのところに戻って来る。

その人も私たちとおなじように本当に底をついたのだ。

ジョン・バーリコーン(ウイスキーの別称)が私たちの最高の代弁者になってくれた。


AAの誰もが、まず底をつかなければならないというのはなぜだろうか。

底つきを経験してからでないと、真剣にAAプログラムをやってみようと思う人はほとんどいない、というのが答えだ。

なぜなら、AAの残りの11ステップを実践することは、まだ飲んでいるアルコホーリクには夢想すらできない態度と行動を取り入れることだからだ。

どこまでも正直で、寛容であろうと努めること。

自分の過ちを他の人に告白し、与えた損害をつぐなうこと。

祈りや黙想だけでなく、ハイヤー・パワーのことまで考えること。

いま苦しんでいる次の人に時間と労力を惜しまず、AAのメッセージを運ぶこと。


このようなことは、極端に自己中心的な、平均的なアルコホーリクにとって、およそ考えれないことである。

それをしないと、自分が生き残れないという場合を除いては。


私たちはアルコホリズムという審判を受けてAAにたどりついた。

そこで事態の重大な本質に気づいた。

その時、やっとその時になってはじめて、死に臨んだ人のような広い心の持ち主になり、説得に耳を傾ける気持ちになった。

私たちは自分から容赦のないとらわれを取り除くためなら何でもする用意ができたのだった。




以上です。

アルコールをギャンブルや薬物、買い物や債務、食べ物等に置き換えてみてみればいかがでしょうか?

この文章はそのままビッグブックより転載していますので、読みにくいところもあると思います。

またAA発祥の地、アメリカ合衆国はキリスト教圏ですので神という言葉がたくさん出てきます。

これは、様々な宗教が存在する日本に住む我々にはちょっと馴染みませんから、ご自身の馴染みのある言葉に置き換えてください。


こんな文章をご紹介したのも、これが依存症を克服していく上での最大の難所であるからです。


回復の第一歩は自らの無力を認める事。

病気である事を心の底から認める事です。



今日一日 賭けない日を仲間とすごそう


分かち合おう その思いを


ランキングに参加しています!

あなたの1クリックが頼みです!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 借金苦 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ






ブログGAの告知です

「ギャンブルに対して無力を認める事ができますか。」
議題はこちらです。

記事UPは6月28日(日)午前0時です。

ご参加頂ける方はこの記事にコメントで意思表示をお願い致します。

宜しくお願いします♪

次回ブログGAの告知です

次回議題は
「あなたがギャンブルに求めていたものはなんですか」です。

日時は7月12日0時UPでお願いいたします。


※前もって告知はさせて頂いておりますが、間に合わない時はご自身のペースで記事を書かれて下さい。



今回はギャンブル依存症本人のみに限ります。

参加して頂ける方はこの記事にコメントで意思表示をされて下さい。




補足してブログGAの趣旨をご説明します。

その意味は、ギャンブル依存症本人同士の経験の分かち合いによって、自らの回復に資する事です。

自分の想いを述べる事は他人に自分の胸の内を吐露する事なのですが、この行為は巡り巡って自分を受け入れる事になります。


そして仲間達の想いを見る事は、そこから自分の新しい生き方を学ぶ事に繋がります。


GAが何故依存症の回復に役立つのかは、この行為をミーティングとして行なっているからです。


数えきれない程の先行く仲間達がそれを裏付けています。


ブログGAは実際のGAミーティングと比べれば喋るが書くに、聞くが読むに変わっているだけです。


仲間達やご家族のご協力のお陰で、このブログGAは私個人の回復に非常に有効に働いています。


是非沢山の方々にご参加頂ければと思います。


宜しくお願い致します。


( ̄□ ̄&#59;)!!


首捻挫って…………






シリモチ着いたんですけど…………







首ぶつけてないんですけど~~~~~(泣)







しかもいろいろされて6050円+薬代530円…(泣)








あぁ~~~~(T_T)








健康第一だわ…………






本当に…………






…………







でも…………









(・◇・)?








予想外の出費があって、最も苦しい初月なのに…………











なんと!!










本当にわずかだけど、人生初プラス収支達成!!( ̄□ ̄;)!!(爆)








前家賃その他費用と生活用品代+生活費を15万で見込んでいたのに、医療費用払って14万5000円で乗りきれた~~~~(笑)





ヽ(*^∇^*)ノヤッタネ







+分は借金分に貯蓄(爆)








今日もモヤシ食べよ♪

ブログGAの再告知&namoさん♪へ

次回議題は
「あなたがギャンブルに求めていたものはなんですか」です。

日時は7月12日0時UPでお願いいたします。










それとnamoさん♪ヘ
ギャンブル依存症のお陰で、親愛なる仲間達の力に身を委ねる幸せを実感した男の超感謝ブログ-SN3I0047.jpg


ちょっと味見したけど、これヤバい( ̄□ ̄;)!!

マジでヤバいッス!!!


今からがっつきますww
ヽ(*^∇^*)ノヤッタネ


自らが求めて

私が繋がっているGAは大々20人以上でミーティングしています。


キムさんとアカさんとも週一で顔を会わせてます。


やはり顔を見ると嬉しい。


どこのGAでもそうなのでしょうが、2~3回して来なくなる人が多い。


いや、多いというよりほとんどの人がすぐに来なくなる。


いろいろな理由はあっても、根っこにある考えは「GAを必要としていない」から来なくなる。


極端な話、是が非でも必要だと自分で思えば、どんなに体調が悪くても忙しくても、這ってでも来るだろうから。


実際私はどんなに具合が悪くても時間が無くても、パチンコ屋に行っていた。


自分で行きたければ自然にそうなる。







また先日あった火事…


痛ましい事だったけれど、私は加害者にも被害者にもどちらにもなる事が出来た。





何故なら私はギャンブル依存症だから。





難を逃れる事ができたのは、今日一日だけ賭けていなかった、ただそれだけ。



私はあのニュースを知った時寒気がした。





あそこにいたのは私だったかも…




人を殺していたかもしれない…




私は火の手が迫ってきているのに無表情で台と向き合っていたかもしれない…
※実際に私は震度5の地震があった時もパチンコをしていて台から離れなかった経験があります





自分で常に意識していなければ、何時でもギャンブルの虜になる。





虜にされるのではなく、虜に自分からなる。





コーラを飲めばゲップがでるのと同じで、それは必然。







本当に怖い病気です…





私は自分がギャンブル依存症である事を常に忘れたくないからGAとブログに繋がっています。





私がこのブログを書いてからまだ5ヶ月目。



沢山のギャンブル依存症の方々と出会い、そして別れてきた…




私は人が消えていく度に病気の壊さを思い知らされます




ギャンブル依存症を克服したい、回復したいと思ってやっているGAやブログを辞める理由はただひとつ。





「自分が回復する事を必要としなくなったから」



ギャンブル依存症は完治しないのに…





そしてGAに来たりブログを書いているほとんどの人が、今この時間を苦しんでいる。




謙虚に、正直に、その現実を受け止めて、今日一日を過ごしていきたい心から思います。

整形外科って

じさまとばさま、そして中学生が多かったのね…


かなり混みあっている待合室にいるギャンブル依存症のおっちゃん…


お金いくらかかるんだろ~(T_T)


さっき軽く見てもらって「レントゲンこれから撮りましょうね~」



…って


呼ばれた!

首が…(T_T)

つい一時間程前に歩道橋みたいなところで滑ってコケました(;_;)


シリモチ着いた格好になったんだけど、首にきてしまって…


首と背筋が張ってしまって痛い~(泣)


今日はいろいろ作ろうと思ってたのに、下向くのがしんどくてこれだけです…(泣)

ギャンブル依存症のお陰で、親愛なる仲間達の力に身を委ねる幸せを実感した男の超感謝ブログ-SN3I0046.jpg



皆様濡れた路面にご注意ください(T_T)

かくれんぼ


誰にも見つかりたくない









恥ずかしがり屋で見栄っ張りw








自分が大事でしょうがないのに、言葉も行動もそうなのにw








殻を破れ!なんて言うけど、私は自分で足元に落ちてた殻をわざわざ拾ってた










小さい殻を両手に持って一生懸命隠れてた












誰かに見つけられるのが嫌だった












殻を捨てるのが、怖かった











ただの殻なのに捨てたくなかった











周りから頭も尻尾も見えているのに頑なに一人でかくれんぼ…












誰も最初からいないのに一人でかくれんぼ…











ギャンブル依存症だと心から認めた時、殻を自分から落とした…












周りを見渡したら、誰もいなかった。
かくれんぼする必要自体なかった











ずっと隠れて暗かったから目がほとんど見えなかった











殻を捨てたら徐々に目が見えてきた










目が見え始めたら自分の身体がとっても汚れていた










とりあえず顔だけ洗った(・_・;)








(・_・)エッ..?









私ってこんなんなんだって思ったww








自分の顔を見て安心したらお腹が空いてきたw








しばらく食べてなかったから、最初は流動食ww







とっても美味しかった♪







顔以外も洗い始めた








少しづつ洗い始めた








それに併せてご飯もどんどん食べた








自分の顔が(*^o^*)になってきた








人に会いたくなってきた…








気付いたら似たり寄ったりの人達が周りにいっぱい( ̄□ ̄;)!!ww








勇気を出して話してみた







何故か涙が溢れて止まらない…








とてつもなく嬉しかった♪








自分を隠していた殻は今も周りにいっぱい落ちてる








でもかくれんぼする必要が今は無いから…








かくれんぼしても、自分は何も変わらないから…







今を大事に











自分を大事に











今日一日だけ、



賭けない日、









頑張っていきましょう♪


謙虚であるって何だろう?



他人を尊重する事が謙虚であり、自分を尊重する事もまた謙虚である事…





自分を大事にして、他人を大事にしたいのであれば、つまるところ弱い自分をとことんまでハグしてあげる事






それって結果、他人を尊重する事になるんだよね…






何があっても己を大事にしないで何を大事にするのか?






それがギャンブル依存症になった自分が、これから生き続ける為に絶対に必要だと実感した事






人は人






自分は自分






自分を尊重出来ないと全てにどうでもよくなる






だから自分の弱さを実感した…






人に何かをしたいと思ったら、それをまず自分にしてあげる






こうすれば人が喜ぶかなと思えば、自分にそうする






人に何かをしてあげられる程、私は強くないし力もない…






それが身の丈






だから今出来る事を、自分が出来る事をやるだけです






これが私のメッセージです


腹減ったので、

コメント返しの前に頂きます。

ギャンブル依存症のお陰で、親愛なる仲間達の力に身を委ねる幸せを実感した男の超感謝ブログ-SN3I0045.jpg

Y家に伝わる特製麻婆豆腐なんですが、見た目は豆腐と豚とニラ炒めww

美味いのですよ~w


今日はめっさ腹減ったので、しばらくむさぼり食いますw( ̄□ ̄;)!!


サイドメニューは、今日は無しw


あにぃと会っていた日以外は作ってます(・∀・)♪

でわ

夢判定


今ハローワークです。




どんだけ待たせれば気が済むんだ~~~~( ̄□ ̄;)!!



相変わらずの凄いヒトの数ですw




本当に世の中無常ですね…








ところで、時間を持て余しているので、昨日思いだした事書きます。



昨日まみさんの記事見て夢の事を思い出しました。


夢占いって面白くて、私が中学生くらいの時に鏡リュウジさんって人の本読んでたんですw




私の中学生の時の愛読書は…、「ムー」っていう学研の月刊誌でしたww




この雑誌は…、あっちの事しか書いてません(笑)








エロじゃなくて、オカルトww





現実逃避には最適です(・∀・)(爆)





んで夢占いに書いてあった事は、何かを奪われる夢は変化を暗示していて吉夢である事。





何かを奪う夢は執着を暗示していて、日常生活に注意が必要らしいです。





例えば私も実際見ましたが、人を殺めてしまった夢より殺られてしまった夢が良い夢らしいですww






私は夢では、何人殺って何人に殺られたか……、数えきれませぬ(爆)







ところで、私意味は忘れてしまったんですが、こんな夢をギャンブルしていた時は良く見ていました。



・歯がボロボロ抜け落ちる



・髪が毛根ごとごっそり抜け落ちて、あり得ないまだらハゲかスキンヘッドになる



・なぜか知らない間に全裸になって街を歩いていたり、会社にいたりする


・エレベーターに乗っている状態で、ワイヤーが切れてまっ逆さまに落ちて行く



以上の夢をほぼ毎日のようにそいえば見ていました……




すっかり忘れてましたが、最近まったく上の夢を見なくなりましたね…




いい夢ではなかったです。


どれもこれも…


ガバッと起きて髪や歯を確認したり…なんて事をホントにしてました。



今は夢は見てますけど、他愛ない内容なんでしょうね、ほとんど覚えてないです(・∀・)



あっ、呼ばれた!

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。