スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログGA「もしスリップしたらあなたはどうしますか」

長らく休止していたブログ上での分かち合いですが、ご要望を頂いたのでまた始めてみました。
テーマに沿った内容で自分の経験を書いてくれる人であればどなたでも是非ご参加ください。


また、ブログGAの名前を使ってはおりますが、それは私個人が勝手にこの場での分かち合いにブログGAの名前を使っているだけであり、GAから許諾や支持を貰っているわけではありません。
ここに書いている事は私個人の考えであり、GA全体を代表した意見でも、一部を代表した意見でもありません。


そんな怪しげな催しに参加してもいいよ、という方はこのテーマで記事を書いて自分のブログで公開して下さい。
※この記事にコメントなりで連絡頂ければ、書いてくださった記事へのリンクをこの記事の中に貼りますし、私がどこかを徘徊している最中に発見した時にも勝手に貼らせてもらいます。

参加者の方(ありがとうございます^^):カズさんイノセンスさんこっころーるさん


さて、ではここから主題。
実は同じような内容で3年前に記事を書いています。


私のアブスティナンスは100日前後、といった時の記事です。
「スリップを回避する最善の方法は、自分がギャンブル依存症である事を心から認める事。」とその時の私は断言しております。


でも自分がギャンブル依存症である事を心から認めた後にスリップしたらどうなるのか、には触れておりません。
というかその当時、触れたくても触れられなかったというのが正解です。


だって頭の中ではこう思ってたんだから。
「その時どうなるかなんてわかるわけないじゃん。」
だから分からない事は書かなかったのです。


で、今はその事が分かったの?あれから3年経って、今はそれ分かったの??という事になりますが、今はね、わかっている事がもちろんありますよ。
100日前後の時とはもう全然違うんだから(笑)


で、今確かにわかっている事は、
「スリップするかどうかも、そしてその後自分がどうするかについても、そんなのわかるわけないじゃん。」という事です。


GAのハンドブックには心理的空白、という言葉が出てきます。
「正直であれば、ほとんどの人が、自分の力では解決できないこともあるのだという事を認めるだろう。ことギャンブルとなると、長いことやめていられたのに、つい気がゆるみ、うまい具合におぜん立てが整ったときに、あとさき考えずにギャンブルを始めてしまったという問題あるギャンブラーはたくさんいる。
意志の力だけの防御は賭けをしようというささいな理由の前に、くずれてしまったのだ。
意志の力や自覚はこのような心理的空白には役に立たないということに私たちは気がついた。」


半年とか1年、2年、3年、とか賭けない年数も経っていっているのに、それでまた賭けてしまう仲間はそれなりにいます。
一度やったら止まらないという私達のギャンブルですが、一度でも内的・外的な要因でギャンブルが止まってくれれば、そのまま止まり続けるはず。
でも実際はそうではなく、スリップは消えてなくなる事はありません。


それがハンドブックに書いてある「意志の力や自覚はこのような心理的空白には役に立たない」という事です。
心理的空白とは「つい気がゆるみ、うまい具合におぜん立てが整ったときに、あとさき考えずにギャンブルを始めてしまう」こと。


意志の力と自覚は、「正直であれば、ほとんどの人が、自分の力では解決できないこともあるのだという事を認めるだろう。」という前文に照らし合わせてみれば、自分の力、と置き換えることができます。


で、ここまでの文をくっつけて変換してみると、
自分の力では、あとさき考えずにギャンブルを始めてしまうことを防げない、となります。
もっと簡単に言えば、スリップは防げない、です。


30日・60日・90日・半年・9ヶ月・1年・2年・3年・・・とアブスティナンス(賭けない生き方)を得ている仲間は沢山います。
ではどうして彼らはスリップをしないでいけているのか、と言われれば、やはり答えはひとつしかなくて、「たまたま賭けていないから、スリップしないで済んでるだけ」です。
私も運だけで3年半のアブスティナンスを得ています。


運だけでここまで賭けないできているだけなので、次に転んだ時にはどうなるかなんて分からないのです。
今までの自分の経験を見れば、そのまま沈んでいってしまう可能性のほうが格段に高いでしょう。


この思いに到ったときは怖くて怖くてしょうがなかったのですが、これがギャンブルに対して無力っていう事です。
文字通り、思い通りに生きていけなくなったのです。



さて、弁士多弁で要領を得ず、ですね。言葉が多いのは自身の薄さの現れです。
もしスリップしたらあなたはどうしますか、の私の答えは、そんなのしらんがな、です。




スポンサーサイト

ブログGA 「自分に出来る事」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


GA仙台グループ、臨時ミーティングの案内です。

3/21(月)AM10:00
タワービルの前のバス停に集合
その後、広瀬通りと東二番丁通りの角にある喫茶店のベローチェに行き、ミーティングは出来ないかもしれませんが近況報告でもやります。

都合がついたらぜひ参加してください。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



さて、今回の震災のために2週間以上もミーティングから離れています。

今、私はミーティングに非常に飢えていますので唐突ですがブログGAを開催いたします。

今回のテーマは、居住地を問わず震災を通して考えさせられた事、「自分に出来る事」です。

私はこの記事で始めさせてもらいますので、自分も書いたよ~、という方はこの記事にコメントでその旨お知らせ下さい。

その時点でリンクを貼らせていただきます。

何度も書きますが、ミーティングにとても飢えています。

一人でのミーティングはとても寂しいものですから、どなたかでもご参加頂けるとよはんはとても嬉しいです。

それでは宜しくお願いいたします^^

※テーマ一覧はこちら



こんばんは 強迫的ギャンブラーのよはんです。



私は今回の震災で大きなダメージを受けた宮城県に居住しています。

2週間前に新しい職場に見習いで勤めはじめ、

1週間前に震災にあい、

私をとりまく環境は3月に入ってから大きく変化し続けました。



家族が無事で喜び、前の職場の同僚達が津波にもっていかれたことで涙し、震災という非日常の中だから余計に露になる人の隠れた本性というものに怒りを覚えたり辟易したり悲しくなったり、それとは逆に人の優しさや温かさ、思いやりを感じたり・・・。

震災後のこの1週間、私は様々な感情を味わい、そして様々な事を考えました。



前の記事でも書きましたが、自分ができる事は自分の日常の勤めをはたす事しかないと思っています。

私は今回たまたま被災地にいて被災者になったわけですが、被災者と一言にいっても、

近親者を亡くされた方、家を流された方、避難所にいる方、親戚・親族の家にいる方、自宅にいる方、水道が使えない方、ガスが使えない方、家族や親族や友人と一緒の方、一人の方、等々置かれている状況は一人一人違います。

そして今の私に出来る事といえば、朝寝坊せずに出社して与えられた仕事に取り組むこと、家族と一緒の時間を大事にする事、体調を崩して迷惑をかけないよう体調管理をする事、後は手をあわせてお祈りをする事ぐらいで、自分の日常をこなしていく事しかできません。



いまだ仙台には震災のダメージは街のあちこちに深く残されていて、都市機能の回復には相当の時間がかかると思います。

わたしにとっておらが街であるその仙台の現状が自分の日常であり現実です。

でもそのような現実であっても、人も物も沢山の援助が東北に向けられている事実とそれを支えてくれている日本全国の他地域の存在がとてもありがたいしとても安心します。

それぞれの地域で自分に出来る事をしていてくれるから、私たちは安心して援助を求める事が出来るし、ダメージを負った街でも自分達の目の前にある事を行う事ができます。



余りにもダメージは深いですが、自分の目の前にある事を行って、その今日一日を重ねて生きましょう。

頑張りましょう 東北!



今回のテーマで書いてくれた方

チューぴさんこっころーるさんケンタさんyuukoさん

ありがとうございます^^

ブログGAのテーマ一覧

ブログGAは常に開催中です。

下記記載のいずれかのテーマ(過去テーマは除く)に沿ってあなたが記事を書かれた時、私のどの記事でも構いませんので「このテーマについて書いたのでリンク貼っても良いよ」とでもコメントでお知らせください。

私の方で確認しましたら勝手にリンクを貼ります。

よろしくお願いします^^



※ブログGAにおいては公序良俗に従ってネチケットを守ってください。

※書く記事の内容については常に自分の事に限ります。



ブログGAテーマ一覧

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


「自己紹介」 (参加者:コロさんyuukoさんカズさん



「2010年を振り返って」 (参加者:ヒロさんコロさんこっころーるさんチューぴさんかなめさんカズさん



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

※過去テーマは閲覧のみ。



「私の金欲」

今回のブログGAにご参加くださっているのは次の方々です。


こっころーるさんコロさんmimiさん珊瑚さん


皆さん ありがとうございます。



強迫的ギャンブラーのヨハンです。



ところでどうでもよい話なのですが、

PCに「きんよく」って入れて変換すると「禁欲」にしかなりません。

金欲って普通言わない言葉、というか私が勝手に作った造語らしい・・・



まぁ今回のテーマは自分の金銭欲、という意味です。



私は自分自身の価値は「お金が決めるもの」とずっと思っていましたので、

高収入であればあるほど自分は価値のある人間、とそう思っていました。



お金自体、日本全国どこにいっても1円は1円として扱われます。

100円も1000円も1万円も、どこにいっても全国共通で、共通の価値をもって扱われています。

もともとのお金の性質というか成り立ち自体、そうですものね。



ですので自分自身の価値をあらわすものとして、

お金というものは私にとってはとてもわかりやすいものでした。



私はギャンブル依存症ですが、

この病気、恐らく他の様々な依存症と比べてみてもお金との結びつきが異常なまでに強いと思います。



お酒とか薬とかと違って、ギャンブルは勝った時に得られるお金というものがあります。



スロットしていても、パチンコをしていても、

ドル箱を積み重ねながら打っていた時は最高にいい気持ち。

あの時の万能感といえばいいか、優越感といえばいいのか。



とにかくこの店では、このシマでは、自分が一番出している、

それはこの出玉で認められているのだから、

と何だか人生の成功者になった気分になっておりました^^;



その気持ちの源になっていたものは、

出玉が換金できるものであり、

お金が自分の価値をあらわす、という物差にぴったり嵌ったからかも…と思っています。



実際他のGAの仲間達の話を聞いていても、

まぁ大体が人並み外れた金欲を持っていますし、

私達がギャンブルにどっぷり嵌って病気にまでなってしまったのも、

お金への強烈な執着、欲望、というものが要因の一つとしてあるのかもしれません。



まぁそんなこんなで私もギャンブルに嵌り続け、

沢山の借金をこさえてしまいました。



あの時の自分自身の価値観でいえば、

この世にいる価値も無いような、大幅なマイナス超過の人間ですが^^;



今も金銭欲というのは尽きることがないです。

でもその欲自体は生きていく上で必要な事なので、

正常な範囲内でおさまるよう、毎日少しずつ気を配っていくしかないです。



やっぱりここでも謙虚にいかなくてはいけませんねぇ。



人に対しても、物に対しても、

謙虚に、謙虚に…。

スリップを回避する方法 その②

今回のブログGAには次の方々がご参加くださっています。


無国籍rootsさんこっころーるさんmimiさん珊瑚さん野うさぎさんケンタさんかなめさん


皆さん、ありがとうございます。




強迫的ギャンブラーのヨハンです。



今回のテーマ、一年ちょっと前のブログGA でも一回やっています。

色々な人が参加して下さっていますので、宜しければそちらもご覧下さい。



このブログでは幾度となく書いていますけど、

今から見て一番新しいスリップの時は、

自分のギャンブルで作った借金が家族にも会社にもばれ、

もう二度としない、と更生を誓って過ごし始めて暫くたってから。



その時は8ヶ月程度ギャンブルは止まっていましたけれど、

ある時のゲームセンターのスロットが契機となり、そこから滑りました。



そこから4ヶ月、

既に任意整理をして本業のほかにアルバイトをして借金を返しながら、

会社・家計から横領を繰り返してギャンブルのお金を作り、毎日パチンコ屋へ行っていました。



あの時の記憶は一年前の自分の事なのにあんまり覚えていなくて、かなり真っ白な感じです。



その後、会社・家族に私がギャンブルしている事がばれて、

そのお陰で4ヶ月間ずっと続いていた私のギャンブルが止まりました。



そして去年の2月後半にGAに繋がりました。

それ以降本日まで、一年半のアブスティナンスを頂いています。

幸いな事に、GAに繋がってから再賭博はしていません。



さて、今回のテーマ「スリップを回避する方法」については、

ぶっちゃけそんなものはない、と私は理解しています。



私はGAメンバーです。

GAで提案されている回復のプログラムに従ってこれからを生きていこう、とそう思っています。



それは別にグループや他のメンバーから「そうしなさい」と強制をされている訳でも何でもなく、

自分でそうしたいからそうしているだけです。



今回のテーマに絞って言えば、

そのプログラムに従って生きて行くことが私の再賭博を回避してくれる。

そう思っているからです。



回避する方法はぶっちゃけない、と言いましたけれど、

それは自分自身には無い、という事です。

自分以外の何かの力にはそれがある、という事です。



GAの回復のためのプログラムの一番目にくるものは、

「私たちはギャンブルに対して無力であり、思い通りに生きていけなくなっていたことを認めた。」です。



ギャンブルに対して力は無いのだ、と書いてあります。



一回やったら止まらない、止められない。

これももちろん力が無いから、無力だから止められない、という事なのですが、

その止まらないギャンブルが何かの外的・内的なショックがあって止まったとします。



で、その止まっている状態から何でまたやってしまうのか、

という事です。



酷いギャンブルになる事は自分の経験が証明しているのに、

もうあんな思いはしたくないと思っていて、

何でまたやってしまうのか。



私がこの記事の一番最初に書いた自分の事は、

まさしくそれです。



以前記事で書いた、田辺先生が書かれた「ギャンブル依存症」という本には、

こう書いてあります。



「自分で自分のギャンブルを制御できないことは、

やり出したらお金がなくなるか、店が閉まるまでとまらない(コントロール喪失 loss of control)、

無性にやりたくて、やりたくなるとどうにもこうにもならず、

抑えきれない気持ち(渇望 craving)ということに表れています。」



コントロール喪失と渇望は、様々な依存症の中核症状であると書かれています。



この渇望というものがやはりまたどうしようもないものになります。

これはギャンブルを止めようとしている最初期によく表れるものですけど、

これはどんなに時間が経っても決して消える事は無い、とそう私は思っています。



ずっと前の記事に私書いた事がありますが、

私は今でもギャンブルが大好きです。

嫌いになる事がどうもできないようです。



根っから好きなものですから、やりたいという気持ちが一切消える、という事もまたないのでしょう。

今でも静かな欲求として、私の心から消えてはいません。



このやりたい、賭けたい、という気持ち。



これが今から見て私の一番新しいスリップの原因であり、

今までの全てのスリップの原因でもあります。



今から3時間程前までホームグループのミーティングに出ていました。

5年と6年のバースデーをそれぞれ迎えた仲間を祝福するバースデーミーティングでした。



5年を迎えた仲間は去年のあるミーティングの中で、スリップしそうになったという話をしてくれました。



のんびりベンチに座って一服していた時、

唐突に、何だか賭けたいなぁ、という欲求が起きたそうです。



その事を考え出していったらその気持ちがどんどん大きくなって、

やばい、やばい、と思いながらも賭けたい気持ちの方に心は覆いつくされて、

もうどうしようもなくなってパチンコ屋の中に入ったそうです。

その時は仲間に助けを求めよう、なんていう気も起きなかったそうです。



入店して台を見ていたら、たまたまそこに別の依存症の仲間が居て打っていたそうです。

その顔を見た瞬間、我に返り、急いでパチンコ屋を去ったと言っていました。



私から見れば、もうまるでギャンブルには縁がなさそうなとてもとても穏やかな仲間。

とても素晴らしいアブスティナンスを頂いている仲間の方です。



その仲間の人、こういっていました。

あそこにたまたまいた別な仲間。

あれ本当にハイヤーパワーのお陰だったと思う、と。



話は変りますが、

ギャマノン(ギャンブルに問題を持っている本人の家族や友人の方のグループです)に繋がっている人から、

こう言われた事があります。



私達は強迫的ギャンブラーの事が気にかかってしょうがないのだけど、

その気にかかる事自体、いくら抑制しようとしても消えてくれることは無い。

それを一生懸命消そうとすればするほど、

私達の頭の中はそれで埋め尽くされてしまう。



だから気にかけてしまうこと自体、それに対して自分はどうしようもない。

その気持ちが消える事は無いのだから、それもしゃーないと思えばいい、

とそんな事を話してもらった事があります。



それもまたクレービングといえば、そうなのかもしれません。



ああ・・・何か記事がすげー長くなってしまったわw



簡単にまとめます。←もっと早くしろ!っていうのは言わないで^^



腹減った、眠い、のど渇いた、お金欲しい、いい人見つけたい、旅行したい…等々、

そういった他の気持ちと同じように、賭けたいという気持ちを自分が持っている事を忘れない事。

その渇望を自分が持っている以上、どんな状態であってもいつ何が起こるかどうかわからないという事。



そして自分が強迫的ギャンブラーである事を心の底から認める事。



そう理解すれば、

一人では止める事ができないのだから、他の何かに頼ろうとします。



それは同じ問題を持つ仲間でもいいでしょうし、

自助グループそのものでも、

またこのようなブログでもいいでしょう。



その力を借りた上で今日一日だけは賭けない日を送ろうと願い、行動する事。



これって謙虚さという気持ちを持つという事に他ならない、と私は思います。



今のところその謙遜という精神自体が、私の理解する神様の一部になっています。

だから私が今のアブスティナンスを頂けているのも、

自分で言うのもなんですが、わずかでも謙虚でありたいなぁ、と思っているそのお陰なのかも…です。



それを私にいつも思い起こさせてくれるのが、

同じ問題を持つ仲間の集まりであるGAです。



そう思っているとホームグループも、

ミーティングに出ている仲間達も、

神様からの授かりものなんだと、私は思うのです。



そのお陰で私のギャンブルが始まるのを毎日執行猶予されているのだと、

そう思います。



だから私はGAが今の自分の中では第一優先。

とにかく平凡でいいから真っ当に生きていく為に絶対に必要なもの。



という訳で今職探しをしております^^



本当に脳内垂れ流しになっちゃった…

まとまり無くてすみません。



それとここで書いてある事は私個人の考え方ですので、

別にGAやグループの考え方とかではありません。



以上です。

長々ありがとうございました^^

presented by 地球の名言

プロフィール

よはん

Author:よはん
強迫的ギャンブラー よはんの備忘録
GAの事、自分の事、今考えてる事など徒然書いています。

管理人への問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。